芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■第4の革命■自主上映会・藤野から

<<   作成日時 : 2012/01/31 00:05   >>

トラックバック 1 / コメント 6



藤野で自然エネルギー実現を模索し、実践している
藤野電力が今話題の映画■第4の革命■の
自主上映会を開催することになりました。

農業、産業、IT革命に続く第4の革命と位置づけ
これからは再生可能な自然エネルギーで賄うべき
という考えで作られたドキュメンタリ―映画です。

私もこの上映会を楽しみにしています。


第4の革命


■第4の革命■自主上映会・藤野

2012年3月10日(土)

名倉グラウンド管理事務所2F 多目的室


ドイツを「脱原発」決定へと導いたのが、ドキュメンタリー映画
「第4の革命 − エネルギー・デモクラシー」。
2010年にはドイツ全土で上映され、異例の13万人を動員。
3.11後にはテレビ放映され、200万人が視聴し、
一気にドイツの再生可能へのエネルギーシフトを決断させることとなる。
100%再生可能エネルギーシフトは可能だ!日本にいよいよ上陸。
この映画の自主上映を藤野電力主催で開催します。
上映を賄う電気は、藤野電力による自然エネルギー100%で開催します!
藤野の方も藤野電力にご興味あるかたも、ぜひご覧下さい!
これからの日本に必見の映画です!

6265925921_7d3daac786

プログラム

<午前の部>
09:45 開場
10:15 トランジション藤野ショートフィルム「より良き未来へ」
10:30〜12:00 本編上映

<午後の部>
12:45 開場
13:15 トランジション藤野ショートフィルム「より良き未来へ」
13:30〜15:00 本編上映
15:00〜15:40 ディスカッション

会場:名倉グラウンド管理事務所2F 多目的室
〒252-0187 神奈川県相模原市緑区名倉1000 

料金:大人1200円(事前予約1000円)
高校生以下900円(事前予約700円)
参加資格:中学生以上

交通:

★電車:JR中央本線藤野駅(高尾より甲府方面に約15分)下車
★バス:藤野駅前より富士急山梨バス「名倉循環」に乗車、20分。
「園芸ランド事務所前」下車、徒歩5分。
料金:大人270円(小人140円)
藤野駅9:45発(10:04到着)12:10発(12:29到着)のバスをご利用ください。
帰り藤野駅行き:「園芸ランド事務所前」12:29発、15:57発(最終バス)

★徒歩:藤野駅より徒歩35分
★タクシー :藤野交通 TEL 042-687-3121 
★車 :駐車場は台数が限られています。なるべく公共交通機関をお使いください。


2011-10-07Fechner13_39-220x300
★カール -A・フェヒナー (Carl-A. Fechner)
1953年ドイツ生まれ。ジャーナリスト、監督、プロデューサー。
1989年よりフェヒナーメディア社CEO。16歳の頃から映像制作を学ぶ。
22歳の頃にはサハラ砂漠を車で縦断する旅に出る。大学ではメディア学を学ぶ。
1983年、長女が誕生したことを機にフリーランサー及び平和活動家として数々のデモに参加。
フリーランス時代はARD(ドイツ公共放送)の海外特派員として戦争報道。
湾岸戦争の取材等を行う。
中距離核弾頭ミサイル配備や核廃棄物輸送反対デモに参加し、拘束された経験もある。
1991年より方針転換。戦争報道等、悲惨な状況を伝えるより、解決方法を提示したいと、
持続可能性(サステナビリティ)をテーマにTV番組やドキュメンタリー映画を制作。


★第4の革命・公式ウェブサイト
http://www.4revo.org/

★第4の革命・自主上映の詳細は↓
http://fujinodenryoku.jimdo.com/


★第4の革命・藤野・自主上映のチラシpdfは
      こちらから↓

http://unplug.jp/fujiden/4revo_fujiden.pdf









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
■第4の革命■藤野上映会から・・・
3月10日土曜日、藤野で行われた ■第4の革命■藤野自主上映会、午前の部へ。 ...続きを見る
芸術の小径
2012/03/12 00:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
エネルギー問題考えさせられますね。
私は今日本の森林危機を逆手に取り
森林の間伐を進め廃材を利用して火力発電をすれば
良いのにと思ってるのです。
森林の健全化と雇用の確保が出来るのでは?
日本ではまだまだ風力発電を全国的には無理ですし。
環境破壊に繋がる水力発電も限界ですから。
でも、廃材を燃料チップにした発電原価は?
無理ですかね〜。
あいべん
2012/02/02 18:49
ネネルギーのことは今真剣に考えないといけませんね。森の荒れていますから、手入れをしながら出た間伐材を利用するなど…と思いますが、コストの面ではむずかしいのかもしれません。
藤野でも荒れた森を再生して、出た材料で家を建てるときの材として使用する取り組みが始まっています。
地震列島で原子力発電はやっぱり危険が多すぎると思いますから、なんとか知恵を絞ってより良い方法を見つけたいです。。
komichi
2012/02/03 00:36
藤野電力で映画の上映会!
本当に、実行する町なのですね。
普通はお役所任せの市民でしかありませんけど、皆が高い志を持てば何かが変わって行くのかもしれませんね。
このままで良いのか?さえも考え無い人も多いことでしょうから。
自分が得をしない事はやらないもんです。。。
やる気のある人が集まる町からですよね。。。
見せたい映画も見たい人しか見ないし。。。
と、後ろ向きな発言ばかりで、どうもです。
でも、原発は廃止!です。
ついでに東電もどうにかならないものかと(笑)
木の葉
2012/02/03 18:28
木の葉さん。
いま藤野電力では自分たちで作る太陽光自家発電キットを売り出しています。いざという時に自分で発電できるとパソコンなどを使用することもできていいなぁ〜と思って、私も考慮中です。
そんな活動の中、今話題の「第4の革命」の上映会も開催されることになりました。
もうエネルギーの問題は他人事ではない状態まで来ているように感じています。
ここ、藤野ではいいなと思ったことはすぐに実行するエネルギーの強い人たちがたくさん住んでいるということでしょうか。。
そちらで上映会があった時はぜひご覧になってください。。
komichi
2012/02/03 22:11
先日の脱原発世界大会で、この映画の監督に会いました。すてきな方でした。映画もいい構成になっています。藤野ってほんとにすてきな所ですね。こうしてすぐに上映される方がいる。成功しますように。
ののはな
2012/02/07 23:26
ののはなさん。
この映画、脱原発世界大会でもうご覧になっていらっしゃるのですね。私も東京で上映されていた時に行きたかったのですが妹のことで忙しくしていて、とうとう観られませんでした。
今回、藤野で開催されることになりましたので、しっかり考える機会にしたいと思っています。
私も藤野電力のメンバーとなっています。と言っても活動はあまりできなくて、こうして広報活動の一部になればと掲載させてもらっています。
コメント残してくださって、ほんとうに嬉しいです。
komichi
2012/02/08 00:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
■第4の革命■自主上映会・藤野から 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる