芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画■フラメンコ・フラメンコ■

<<   作成日時 : 2012/02/28 17:56   >>

トラックバック 0 / コメント 6



日本でも人気のあるフラメンコ。
そのフラメンコの神髄を伝える映画
■フラメンコ・フラメンコ■を現在上映中の
渋谷・Bunkamura ル・シネマへ。

歌「カンテ」、踊り「バイレ」に
フラメンコギターの伴奏で表現されるフラメンコ。
そのダイナミックで扇情的とも云える世界は人々を魅了しています。

フラメンコの世界で神といわれるマエストロたちと
新しい世代の斬新なフラメンコアーティストが
舞台構成の中に登場します。
生から死、再生へと21幕の舞台を観ている感覚。
映画的なストーリーや解説は一切省かれ、
フラメンコの世界を音楽と踊りで
純粋に表現した画期的な作品です。

スペインのアンダルシア地方から生まれたフラメンコ。
その音楽には東洋的なこぶしや東洋の民族音楽とも共通する魂を感じます。

フラメンコ・フラメンコ


映画■フラメンコ・フラメンコ■

監督 カルロス・サウラ
出演
サラ・バラス
パコ・デ・ルシア
マノロ・サンルーカル
ホセ・メルセー
ミゲル・ポヴェダ
製作年 2010年
製作国 スペイン
原題:Flamenco, Flamenco


フラメンコ・フラメンコ1



フラメンコ・フラメンコ2



フラメンコ・フラメンコ3

★フラメンコ・フラメンコ公式サイト
http://www.flamenco-flamenco.com/






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます〜。
情熱的な音と色彩の映画であることが想像出来ます。
私も若い頃フラメンコ教室の写真を頼まれて撮影
した事が有ります。
半年間もフラメンコと向き合った頃を今思い出しています。
ギターのリズム・・タップの響き・・飛び散る汗・・
心から生まれる恍惚の表情・・良い経験をさせて
頂いた頃が蘇ります。
フラメンコ写真は難しい〜動きに恍惚の表情が追いつかない・・。
あいべん
2012/02/29 05:49
情熱のフラメンコですね!若い子には、無理(笑)ああいう大人にいなりたい、と願うスペインの若い子たち、大人になりたくない、と思う日本の若い子たち、という対比を感じたものですが、ゲージツには共通の魂があって然りかも・・・と思う・・・でした(笑)
こりす
2012/02/29 08:13
あいべんさん。
フラメンコの写真を撮影されたことがおありだったのですね〜!独特のリズムとギターの音色にダンサーのパッション・・・その一瞬をとらえるのは並大抵なことではなかったでしょうね。。
今回この映画で男性の唄った歌声に哀愁も感じられ、フラメンコの世界、奥が深いなぁ〜と感じ入りました。
komichi
2012/02/29 10:04
こりすさん。
フラメンコの力強いセクシーさは子供には無理ですね〜(笑)。日本はピーターパンとシンデレラ願望の国ですから・・・(笑)。
この映画で踊るちょっとお年を召した方のフラメンコ、滋味(?)があって好きでした〜♪
アートって、強いイマジネーションの具現化でしょうか。。
komichi
2012/02/29 10:12
わぉ!な映画ですね。
この映画もいつかは必ず観たいと思います!
フラメンコに何故こうも惹かれるのかが自分でも良く分からないけど、好きですね。あのなかで踊る自分を想像したりして(笑)
秘めた情熱も無いので、表現力は劣ることでしょう。
フラメンコギターにも歌声にも、遠い昔の懐かしさを感じたり、スペイン人でも無いのにねぇ。前世はジプシーだったりして!
日本の旅芸人にも同じような気持ちが。
凄く変な人でどうもです。。。
木の葉
2012/03/01 09:43
木の葉さん。
木の葉さんはフラメンコ、お好きだったのですね〜♪
やるせない様な…それでいて激しい踊りやギターの音色が郷愁をかき立てるのかもしれませんね。。
フラメンコはあまり西洋の音楽という感じもなく、私たちアジア人にとっても感情移入しやすいのかもしれません。。
木の葉さんもフラメンコなさってみては・・・☆
komichi
2012/03/01 22:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画■フラメンコ・フラメンコ■ 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる