芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■虎屋のお雛様■展

<<   作成日時 : 2012/03/02 16:36   >>

トラックバック 0 / コメント 12



明日は桃の節句。
大雪の翌日、3歳になる孫娘を連れて、
銀座のかぶきや
昨年いただいた市松人形の小物選び。

帰りに青山の根津美術館に立ち寄って
■虎屋のお雛様■展を・・・

たおやかな顔の京雛が迎えてくれました。
江戸職人の心意気が伝わるような、
それはそれは精巧に作られた小道具には
ため息がでました。


虎屋のお雛様

■虎屋のお雛様■

2012年2月25日(土)〜4月8日(日)

月曜日休館

午前10時‐午後5時(入場は午後4時半まで)

和菓子の老舗「虎屋」の14代店主・黒川光景(くろかわみつかげ)が、明治30年(1897)に生まれた娘の初節句のために蒐集あるいは特注して調えた雛人形と雛道具の優品約300点を、6年ぶりに一堂に公開いたします。
雛人形は、京都の名店、丸平大木人形店(まるへいおおきにんぎょうてん)で誂えた典型的な明治時代中期の京雛。冠をつけた女雛に代表される、写実性を基調とした端正な面差しと、古典的でありながら華やかな装束が魅力です。
一方、雛道具は、江戸時代末頃に職人技を尽くして作られた、極めて小さな雛道具が多く蒐集されています。なかでも、すみずみまで牡丹唐草の蒔絵を施したものは、江戸・池之端の高級雛道具商・七澤屋(ななさわや)製として知られています。道具の種類、意匠のバリエーションともに最も充実したコレクションです。
春の訪れを祝い、女の子の健やかな成長を願う「お雛様」が華やかに繰りひろげられます。

虎屋のお雛様2
内裏雛 ©TORAYA Co.,Ltd


虎屋のお雛様3
五人楽人 ©2006,TORAYA Co.,Ltd


虎屋のお雛様4
雛道具 牡丹唐草文蝶足膳 ©2006,TORAYA Co.,Ltd


★根津美術館から・・・

根津美術館2


根津美術館1


根津美術館3

☆根津美術館
http://www.nezu-muse.or.jp/index.html
〒107‐0062
東京都港区青山6−5−1
TEL:03-3400-2536
FAX:03-3400-2436
map









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は〜
美術館にお雛様が展示されてるのですね。
お孫さん可愛いでしょう〜。
我が家も京都の孫は今三歳の女の子です。
可愛いけれど外に一緒に出かけたら疲れだ
翌日一度に押し寄せてきます(笑)
うちの孫お雛様飾っても少しも喜びません。
リカちやんの方が好みの様です〜。
あいべん
2012/03/02 19:21
komichiさん、先ほどはどうも。。
お孫さんをお連れになっての小物選び、Rちゃんも喜ばれたことでしょう♪
可愛いもの、見つかりましたか?
私も市松人形、大好きです〜。
そちらの大雪、大変でしたでしょうね。
300点も展示されてるとは!さすが老舗の虎屋さんですね。

ここの羊羹、亡き義兄がいつも手土産に持って来てくれましたよ。
ハーモニー
2012/03/02 21:42
あいべんさん。
時々目黒に住む3歳の孫と二人でお出かけをしています。
昨日は市松人形の小物をそろえに出かけました。
昨年は私一人でお人形選びをしましたが今年は本人に選ばせました。普段はやはりシンデレラ好きですけど、市松人形を出してくると喜んで抱いています〜♪
komichi
2012/03/02 22:11
虎屋さんのおひなさん、ホントに佳い顔してはる。
むかし人形の先生に聞いたんですけど、顔を描く時 朝から気持ちを落ち着けて…怒るようなことをせず・笑いすぎるようなこともせず…体調を整えてされたらしいです。
お道具もステキです。
実は去年の3/9に ボクのおばあちゃんのおひなさんの道具に関して書きました。
参考に観てもらえたらと思ったのでした。
おーちゃん
2012/03/02 22:19
ハーモニーさん、こんばんは♪
彼女の選んだ小物は、美しい飾りのついたお手玉と鈴のついた飾り物、そして和生地で出来た桜の花びらの上に乗った小さなお人形と、ごく小さな桜の布花びらでした。
毎年少しずつ増やして楽しめたらいいなぁ〜と思っています。
虎屋のお雛様はさすがでした♪
小物が凄くて・・・その精巧な作りにうなりました(笑)。
虎屋の羊羹、美味しいですね〜♪
時々私も手土産にしています。。
komichi
2012/03/02 22:20
おーちゃんさん。
いま、ブログ拝見してきました〜〜♪
お母様やおーちゃんさんのお姉さん達の嬉しそうな顔が見えてくるようですね〜♪
素晴らしい「おくどさん」の雛道具。
おーちゃんさんの豊かな環境が偲ばれます〜☆
私も一度見て、遊んでみたいなぁ〜と思いました。
もう今ではとても貴重なものですね。
komichi
2012/03/02 22:38
お孫さんとお出かけなのですね。
小物選びですか?
市松人形だとどのようなものを?
そのようなお店を覗く事も無く今に到りまして…。
さぞ楽しい事かと想像は出来ます。
私ならば孫より、好きなものをみつける事は間違いないのではと(笑)

根津美術館、素敵ですね!
凛とした通路、此処だけでも感激しそうです。
木の葉
2012/03/04 09:06
木の葉さん。
3歳になったので子供自身に選ばせたくて・・・銀座のお店まで連れて行きました。日本人形の良さも感じてもらいたくて、小物選びをしました。
着物の布で出来た小さなお手玉や動物、手毬などがたくさんそろっています。孫も喜んで選んでいました。こうして毎年小物をそろえて行くのも楽しみです♪
根津美術館は以前からよく行く美術館で日本庭園もあり、お庭を眺めながら東屋でお茶をしています。
komichi
2012/03/04 13:11
虎屋のお雛様展ですか。粋ですね〜。
小さくて、可愛くて、鮮やかで。しかも日本の伝統をしっかりと感じさせる。その深さが素敵です。
実際に見ると、本当に心が和みそうですね。
ミクミティ
2012/03/05 23:28
こんにちは!
お孫さんと、小物選びのお出かけ、心癒されるひと時ですね♪
根津美術館へは改装以来まだ出掛けていませんが、
まさに都会のオアシスといった風情で、暖かくなったら出掛けて見たいと思いました!
sasapanda
2012/03/06 11:36
ミクミティさん。
さすがにあの虎屋のお雛様だけあって、細部にわたって細やかな神経の行き届いたお道具に驚嘆しました。
私もいまさらですが、自分だけのお雛様が欲しくなりました(笑)。
komichi
2012/03/06 21:33
sasapandaさん。
小さな子供に日本のいい習慣を感じてもらいたくて・・・一緒に選んでみました。。
根津美術館は4月から光琳展も開催されますから、楽しみです〜♪以前とお庭の感じは変わらず、ゆっくり散策すると気持ちがいいです。。
komichi
2012/03/06 21:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
■虎屋のお雛様■展 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる