芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■沖仁 BLUE NOTE TOKYO■ SPECIAL GUEST 雅-MIYABI

<<   作成日時 : 2012/04/27 22:21   >>

トラックバック 0 / コメント 8



以前からJ-WAVEで聴いていたフラメンコギターの沖仁(JIN OKI) 。
26日、東京・青山のブルーノートのライブへ。

この日は沖仁の2012年スプリングツアーの最終日。
ゲストにロック・ギタリストの雅を迎え、ロックテイストも満載。
互いの音楽の火花散る、激しく熱い至福の夜になりました。

最後は沖仁のソロで
昨年震災直後4月のブルーノートで即興演奏された
「 Super Moon 2011」

沖仁


■沖仁 BLUE NOTE TOKYO■ SPECIAL GUEST 雅-MIYABI

2012 4月26日thu.

[1st]Open5:30p.m. Start7:00p.m.
[2nd]Open8:45p.m. Start9:30p.m.

沖仁(フラメンコギター)
-MIYAVI-(ギター)
ホセ・コロン(パーカッション)


ブルーノート
食事やお酒をいただきながら・・・


★沖 仁(JIN OKI)
http://jinoki.net/
フラメンコギタリスト。
1974年生まれ。
14歳でギターを始め、’96年からスペインに滞在。
2000年に帰国し、06年にメジャー・デビューを飾った。
2008年にはスペインで初の単独公演を開催、
2009年には世界的フラメンコ・ギタリストであるセラニートとの
   師弟共演コンサートが話題を呼んだ。
2010年7月には「ムルシア "ニーニョ・リカルド" フラメンコ・ギター国際コンクール」
   国際部門で優勝、日本人として初の快挙に輝いている。
2011年11月に発売されたニュー・アルバム『Concierto[コンシエルト] 〜魂祭〜』も大好評。


★雅 -MIYAVI-
http://myv382tokyo.com/
1981年大阪府出身。
ソロアーティスト/ギタリスト。
エレクトリックギターをピックを使わずに全て指で弾くという、
独自のスラップ奏法でギタリストとして世界中から注目を集めており、
これまでに北米・南米・ヨーロッパ・アジア・オーストラリアなど
約20カ国100公演以上のライブを行い、3度のワールドツアーを成功させている。
2010年10月リリースの最新アルバム『WHAT'S MY NAME?』では、
ギターとドラムだけの編成でロック・ファンク・ヒップホップ・ダンスなど
様々なジャンルを超越したオリジナルなサウンドを確立。
常に世界に向けて挑戦を続ける「サムライ・ギタリスト」。


ブルーノートaoyama
★BLUE NOTE TOKYO
http://www.bluenote.co.jp/jp/index.html
〒107-0062東京都港区南青山6-3-16 ライカビル 
TEL:03-5485-0088
map ブルーノート












Concierto[コンシエルト]~魂祭~
ビクターエンタテインメント
沖仁

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Concierto[コンシエルト]~魂祭~ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
雅ッて方の方が先に気になり聴いてみましたが、今や懐かしいチョッパー奏法というかスラップ奏法…斬新でした。
果たしてこの奏法にフラメンコがどォ組み合わされるのかと思い、沖仁さんのも聴いてみました。
勝手な思い込みはあきませんネ、やっぱり音楽は自由で両者のサウンドにはちゃんとクロスオーバー出来る要素がたくさんありました。
両者のバトルがちゃんとした音源で世の中に出てきたら(CDとかで)じっくり聞いてみたいと思ってます。
おーちゃん
2012/04/28 08:12
おーちゃんさん。
以前から一度冲仁さんのライブに行きたいと思っていましたが、大きなホールは苦手なので…好きなブルーノートでの公演ならと楽しみに出かけました。
雅のことは以前FMでインタビューを聞いたことがありましたが、あまり音楽は知らずにいましたけど、今回このライブでハスキーな声とギターテクニックに感激しました!
二人とも命がけのようにギターを弾いて…爪が壊れるかと思うような奏法で激しく、素晴らしい共演でした〜♪
爪のケアーに弾く前に冲仁さんは釣用のアロンアルファで指の爪を保護していると冗談を交えて話していました。。
この二人の演奏をもう一度聴いてみたいです!
とてもかっこいいです☆!
komichi
2012/04/28 10:28
フラメンコギター聴きに行かれたのですね。
情熱的でそれでいて物悲しささえ伝わるギター・・
私が昔フラメンコ教室の発表会の写真を頼まれた時
教室に何度も出向いた時半分はアドリブが必要だと
聞いた記憶が有るのですが本当かな?
あいべん
2012/04/28 17:48
あいべんさん。
冲仁のフラメンコギターは繊細なところと大胆で激しいところが内在している感じがしました。
それにしてもすごいテクニックで…圧倒されました!
即興性もフラメンコギターには必要だと思います。。
フラメンコダンサーの写真を撮るのも難しいでしょうね。。
komichi
2012/04/28 21:40
おおお〜!
行かれたんですねぇ〜!
良かったでしょ?
違う世界に浸れたのでは?
私は浸りまくってましたから(笑)
フラメンコもカンテも大好きで、スペイン人でもないのに郷愁のようなものを感じたりして、おかしいですよね。
今回は若い男性ダンサーさんは居なかったのですね。
女性も素敵ですけど、男性の踊りもいいんです!
…ちょっと熱入れ過ぎのコメントでどうも。。。
木の葉
2012/05/01 08:45
木の葉さん。
以前木の葉さんも冲仁のライブのことを書いてらして…私も機会をうかがっておりました(笑)。それで、大好きな青山ブルーノートでのツアー最終ライブがあるということで、出かかけました。
ワインを頂きながら聴くフラメンコギターはまた格別、共演の雅のロックギターも冴えわたり、最高の一夜となりました〜♪
komichi
2012/05/01 23:38
フラメンコというと、真っ赤なバラに真っ赤なドレスをイメージします♪
komichiさんが聴かれたのはギターなんですね。
ライブでの迫力ある演奏と美酒! 何て贅沢な時間なんでしょう。
ハーモニー
2012/05/02 11:18
ハーモニーさん。
歌「カンテ」、踊り「バイレ」にフラメンコギターの伴奏で表現されるフラメンコですけど、日本人ながら本場で認められた冲仁さんのスプリングツアーファイナルでした。
哀愁漂う曲や激しく心を揺さぶる曲など…そしてその日のゲスト雅のロックギターとの共演で興奮した一夜でした♪
程よくお酒も入って、幸せな時間を過ごしました。。
komichi
2012/05/02 13:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
■沖仁 BLUE NOTE TOKYO■ SPECIAL GUEST 雅-MIYABI 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる