芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想■

<<   作成日時 : 2012/04/14 23:56   >>

トラックバック 0 / コメント 12



歩くと汗ばむ陽気の午後
■レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想■展を
開催中の渋谷・Bunkamuraへ。

巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチの《ほつれ髪の女》
500年も前に描かれたとは思われない
瑞々しさにあふれ、その優雅な美しさに驚嘆。

今回初公開されたレオナルド・ダ・ヴィンチの
若き日の習作《衣紋の習作》は描写力の比類なき才能が
感じられる素晴らしい作品。

レオナルド・ダ・ヴィンチとその周辺の画家たちの作品からも
その繊細な表現力に驚きをかくせませんでした。



レオナルド・ダ・ヴィンチ展1
レオナルド・ダ・ヴィンチ 《ほつれ髪の女》1506-08年頃 
褐色土、緑色アンバー、鉛白、板 パルマ国立美術館所蔵


■レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想■


2012年3月31(土)−6月10(日)
☆4/23(月)のみ休館

10:00−19:00(入館は18:30まで)
毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)

★Bunkamuraザ・ミュージアム
http://www.bunkamura.co.jp/museum/


ダ・ヴィンチ展3
レオナルド・ダ・ヴィンチ《衣紋の習作》1470‐75年頃
バーバラ・ピエセッカ・ジョンソン・コレクション財団蔵



ダ・ヴィンチ展2
レオナルド・ダ・ヴィンチと弟子《少女の頭部(「紡錘の聖母」のバリエーション)》
1501年頃または1510年頃 トリノ王立図書館




ダ・ヴィンチ展4
レオナルド周辺の画家《レダと白鳥》16世紀 ローマ、ボルゲーゼ美術館蔵



ダ・ヴィンチ展5
レオナルド・ダ・ヴィンチと弟子《岩窟の聖母》1495‐97年頃 個人蔵

★公式サイト
http://davinci2012.jp/








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
今朝の新聞でこの「ほつれ髪の女」の記事を読みました。
「一瞬の生の動き」を描いたそうで。
未完成のような画がき方なのに、艶めかしい女性ですよね。
もしかして、ダヴィンチさんの理想?自分を重ね合わせていたとか?
モナリザは自画像を重ね合わせたという話もあるようですし。
でも、昔には凄い画家が居たのだなと思います。
木の葉
2012/04/16 08:39
komichiさん
おはようございます。
東京に住んでるみなさんは、行こうと思えばいつでも行けてしまうんですねェ〜。羨ましいです。
見たいです。
詩音連音
2012/04/16 10:19
これは、是非行きたいと思っています。
ホウネン
2012/04/16 10:26
木の葉さん。
ダ・ヴィンチはまさに天才で絵を描くだけではなく、さまざまなこと(彫刻、建築、土木、人体、また科学技術)を残していますね〜♪
今回初めて観た「ほつれ髪の女」は小さな作品ですけど、まさに今描かれたのかと思うほどの臨場感が漂っていました。
ダ・ヴィンチの文字も独特で好きです〜♪
komichi
2012/04/16 21:25
詩音連音さん。
この展覧会は思っているより、ずっと見ごたえがあって感動しました!私の住む藤野からはけっこう遠いですけど、でも一日かけて絵画鑑賞もいいものです〜♪
上野のさくらに間に合ってよかったですね〜☆
komichi
2012/04/16 21:28
ホウネンさん。
この展覧会はじっくり眺めると、16世紀の精緻な絵画の良さが見られ、人の肌の美しさなど・・・もうため息が出ました〜♪
ぜひ!!
komichi
2012/04/16 21:30
こんばんは。いよいよ春爛漫になってきましたね。この展覧会行ってみたいですね。ダ・ヴィンチはすきですね。
ののはな
2012/04/18 21:48
ののはなさん。
庭の雪柳もレンギョウも満開になって、足元には様々な水仙たち…やっと華やかな春の様子になりました。
出来ないことはなかったような天才ダ・ヴィンチの「ほつれ髪の女」は小さな作品ながら品のある美しさにうっとりしました。
komichi
2012/04/20 00:00
おはようございます(^^)
紹介していただき、ありがとうございました<m(__)m>
17日に行ってきましたよォ〜。
美術本やTVでしか見たことが無かった作品の数々。
感激感激でウルウルしてしまいました。
特に『岩窟の聖母』の絵では何度も見に戻ったりして、監視員??の方に変な顔をされたりして(笑)
前から、斜めから、後ろからとじっくり2時間かけて見てきました。
ダ・ヴィンチの言葉で『悩ましき女性を描く時は瞳?を下げて』なるほどと思いました。確かにそういう絵が多いですね(^^)
詩音連音
2012/05/19 08:04
詩音連音さん。
とうとうお出かけになりましたか〜〜♪
ダ・ヴィンチの絵は今描かれたような瑞々しさがあって、ほんとうに素晴らしいですね〜♪
私もいつも展覧会は一度最初から最後まで見てから、またもう一度好きな絵画をじっくり眺めて、時にはソファに座って楽しみます☆!
ダ・ヴィンチの言葉がいくつか書いてありますけど、とても興味深くて・・・私も楽しみました〜♪
komichi
2012/05/19 22:10
はじめまして 先日高崎で見たレオナルド・ダ・ヴィンチ展
日記に書くといいましたら詩音連音 さんから
あなたの日記を紹介されましたので遊びに来ました。
komichiさん 芸大出身と聞きましたので
折を見て他の美術テーマの日記も拝見しお勉強
させてもらおうと思います
私絵画見るのは好きですが素人ですので 別角度から書いてみました
偶然あなたのHP見つけた 本日夕方頃UPする予定ですので
おバカなお話ばかり書いてますが よろしければ
遊びに来てください
にどねっち
2012/07/23 14:25
にどねっちさん。始めまして〜!
詩音連音さんからでしたか〜♪
ところで私は芸大ではなくて多摩美術大学のデザイン科卒です(笑)。そんなに美術に詳しいという訳でもありませんけど、ただ好きでよく足を運びます。
現代まで残ってきたアート作品にはそれだけの力が宿っていると展覧会で観るたびに感じます〜♪
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
komichi
2012/07/23 15:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想■ 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる