芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■横山幸雄“入魂のショパン”■

<<   作成日時 : 2012/05/04 14:08   >>

トラックバック 0 / コメント 4



外は大雨、
まだ暗いうちから支度をして…
東京オペラシティコンサートホールで
今年も朝8時から始まる
■横山幸雄“入魂のショパン”■コンサートへ。

今年はショパン自ら作品番号を付けて
世に送り出した全作品149曲を演奏。

友人が用意してくれた2階バルコニー席は
ピアニストの指先がすべて見渡せる素晴らしい場所。

作曲家としての芽吹きを感じる
ショパン15歳の[ロンド ハ短調Op.11]からはじまり
最晩年の[ワルツ第8番イ長調Op.64-3]まで…149曲
途中何回かの休憩をはさんで続きました。

ショパンの誕生からその終盤までを
自分の一日に照らし合わせる贅沢。

ジョルジュ・サンドと彼女の別荘で暮らした30代前半の作品
バラード第4番op.52やノクターン第14番嬰ヘ短調Op.48-2が
私には特に印象的。

横山幸雄氏の卓越したテクニックと
ショパンをこよなく愛するピアニストとしての愛情が
この超人的な演奏会を成立させていることに感動。

横山幸雄


■横山幸雄“入魂のショパン”■

2012年5月3日(木・祝)

午前8時〜午後11時 終演:夜11時(予定)

東京オペラシティ コンサートホール

〔朝の部〕 午前8時
〔昼の部〕 午後0時50分
〔夕べの部〕午後3時40分
〔夜の部〕 午後7時5分

★出演:横山 幸雄 Yukio Yokoyama (ピアノ / Piano)

TOKYO FM / ジャパン・アーツ


横山 幸雄氏より・・・
今年で3回目となるゴールデンウィークのショパン全曲演奏会。
今回はショパンが自身の意志で作品番号を付けて出版した作品に焦点を絞り、
番号順に演奏いたします。
昨年までのコンサートではショパンの「全作品演奏」を主眼において演奏してきましたが、
ショパンが本来は世に出すつもりのなかった作品をあえて除き、
作曲家が完成形と認め世に送り出した全作品を今年は演奏したいと思います。
昨年、死後発見され、出版されたものを含む全ての作品を演奏し、
ある意味天才ショパンを丸裸にした後だからこそ、
今回は「本当は、ショパンは芸術家としてどう考えていたのか」
ということを感じていただくことができるのではないかと思うのです。
それに加え、めったに演奏されることのない2曲のピアノ協奏曲のソロ・ヴァージョンを
今年は新たに演奏いたします。
ショパン自身、実際にオーケストラと共に演奏する機会は少なく、
当時のショパンを取り巻く人々の耳には、このソロ・ヴァージョンを聴くことの方が多かったかも知れません。
そもそも繊細かつ自由なショパンの演奏はオーケストラとの共演よりもソロで聴いてこそ味わえる魅力もあるはずです。
ますますショパンの魔力にとりつかれる人が増えることを期待しつつ、
今年もやっぱりゴールデンウィークは「ショパン」をお聴きいただきたいと思います。


★横山幸雄
http://yokoyamayukio.net/
90年パリ国立高等音楽院をピアノ、室内楽のプルミエ・プリを得て卒業後、
最年少でショパン国際コンクールで第3位(1位なし)及びソナタ賞を受賞。
国内外のオーケストラと共演、絶賛を博す。現在、パリと日本を拠点とし、ソロリサイタル・室内楽・オーケストラとの共演など多岐にわたる演奏活動を展開。
また上野学園大学教授、エリザベート音学大学客員教授として後進の育成にも力を注ぐ。
食通としても知られ、東京渋谷「リストランテG」京都祇園「リストランテ キメラ」をプロデュース。



<朝の部> 午前7時30分開場
午前8時―午後0時10分

ロンドop.1 
マズルカ風ロンドop.5 
4つのマズルカop.6 
5つのマズルカop.7 
3つのノクターンop.9 
12の練習曲op.10 

〜休憩〜

ピアノ協奏曲 第1番 op.11
華麗なる変奏曲op.12 
3つのノクターンop.15 
序奏とロンドop.16 

〜休憩〜

4つのマズルカop.17 
ワルツ第1番「華麗なる大円舞曲」op18
序奏とボレロ op.19
スケルツォ第1番op.20
ピアノ協奏曲 第2番op.21


<昼の部> 午後0時30分開場
午後0時50分−午後3時10分

アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズop.22 
バラード第1番op.23 
4つのマズルカop.24 
12の練習曲op.25 

〜休憩〜

2つのポロネーズop.26 
2つのノクターンop.27 
24の前奏曲集op.28 


< 夕べの部> 午後3時20分開場
午後3時40分−午後6時25分

即興曲第1番op.29 
4つのマズルカop.30 
スケルツォ第2番op.31 
2つのノクターンop.32 
4つのマズルカop.33 
3つのワルツop.34 
ソナタ第2番op.35 

〜休憩〜

即興曲第2番op.36 
2つのノクターンop.37 
バラード第2番op.38 
スケルツォ第3番op.39 
2つのポロネーズop.40
4つのマズルカop.41 
ワルツ第5番op.42 
タランテラop.43 
ポロネーズ第5番op.44 


<夜の部> 午後6時45分開場
午後7時5分−午後11時

前奏曲op.45 
演奏会用アレグロop.46  
バラード第3番op.47 
2つのノクターンop.48 
幻想曲op.49 
3つのマズルカop.50 
即興曲第3番op.51 
バラード第4番op.52 

〜休憩〜

ポロネーズ第6番「英雄」op.53
スケルツォ第4番op.54 
2つのノクターンop.55 
3つのマズルカop.56 
子守歌op.57 
ソナタ第3番op.58

〜休憩〜

3つのマズルカop.59 
舟歌op.60 
ポロネーズ第7番「幻想」op.61
2つのノクターンop.62 
3つのマズルカop.63 
3つのワルツop.64


オペラシティビル
★オペラシティ
http://www.tokyooperacity.co.jp/
〒163-1403
東京都新宿区西新宿3-20-2

オペラシティ
エントランス

オペラシティホール
コンサートホール








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
komichiさん、今年も横山幸雄さんのショパン、聴きに行かれたんですね♪
殆ど全曲聴けるなんて、お幸せですね。
このような試み、他に例を見ないのではないでしょうか?

2度と故郷ワルシャワに帰ることが出来なかったショパン。
その悲しみから作られた曲もありますね。

私もこんな贅沢な時間を過ごしてみたいです〜。。
ハーモニー
2012/05/06 20:32
ハーモニーさん。
今年も頑張って、コンサートに出かけました。
このコンサートは観客の方にも気力が必要です〜♪
でもショパンのほぼ全曲を一気に聴くことで、わかることも多く疲れますけど、充実感がありました。
それにしてもすべての曲を暗譜して完璧に弾く横山氏の凄さに、今回も圧倒されました。

ショパンの心の中にはいつも故郷ポーランドのことがあったようですね。
komichi
2012/05/06 22:13
素晴らしいコンサートにお出かけされたんですね〜!
何と一日がかりってことも凄いし、ずっと演奏される方も聴かれる方も凄いと思います。これだけ浸れれば、ショパンが好きになるかもです。
私、多分暫くはショパンを聴いてると思われます(笑)
年代で曲も変化していくのでしょうね。
こういう機会には出会えなくて残念です。。。

コンサートホールがまた素敵です!
木の葉
2012/05/07 18:20
木の葉さん。
昨年に続き今年もショパン全曲コンサートに行ってきました♪
親友が用意してくれた席が素晴らしく、演奏する横山氏の鍵盤を縦横無尽に走る指先を見続けました〜♪
途中の休憩時間にはロビーに出て友人と話をしながら軽い食事をしたり、足をマッサージしたりして、一日過ごしました(笑)。
オペラシティコンサートホールは音響もよくて、素晴らしいです♪
komichi
2012/05/07 21:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
■横山幸雄“入魂のショパン”■ 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる