芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■KORIN展■国宝「燕子花図」とメトロポリタン美術館所蔵「八橋図」

<<   作成日時 : 2012/05/18 22:59   >>

トラックバック 0 / コメント 10



5月20日まで青山・根津美術館で開催中の■KORIN展■へ。

光琳が描いたふたつの金屏風。
根津美術館所蔵の国宝「燕子花図屏風」と
ニューヨーク・メトロポリタン美術館美術館所蔵の
「八幡図屏風」が同時に見られる貴重な機会。

展覧会終了間近で、かなりの混雑でしたけど
しっかり作品を見ることができました。

根津美術館のお庭のカキツバタも美しく咲いて・・・
しあわせな時間。

korin展


■KORIN展■国宝「燕子花図」とメトロポリタン美術館所蔵「八橋図」

2012年4月21日(土)〜5月20日(日)

月曜日休館 ただし4月30日(月・祝)は開館

午前10時‐午後5時(入場は午後4時半まで)


「根津美術館の国宝「燕子花図屏風」と、ニューヨークのメトロポリタン美術館に所蔵される「八橋図屏風」は、尾形光琳が同じテーマを、同じ六曲一双屏風に、10数年の時をおいて描いた作品です。本展では、いまは遠く海をへだてた2点の作品を、およそ100年ぶりに一堂に展観。光琳画の軌跡を目の当たりにできる待望の展覧会です。あわせて、最初期の作品から、酒井抱一編『光琳百図』所載作品まで、光琳画の諸相をご覧いただきます。
なお、本展は当初、昨年春を会期としていましたが、1年延期をして開催するものです。」


★根津美術館
http://www.nezu-muse.or.jp/


korin2

korin1

燕子花図屏風 尾形光琳筆 江戸時代 18世紀 根津美術館蔵



korin3

korin5

八橋図屏風 尾形光琳筆 江戸時代 18世紀 メトロポリタン美術館蔵
Image (c) The Metropolitan Museum of Art




根津美術館1

美術館の庭のカキツバタも咲いています。



根津美術館の庭1

青山とは思われないような静かな世界。



根津美術館のお庭


石造釈迦如来像


お庭散歩も楽しい根津美術館です。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
水面に浮かぶ船の写真、空気の粒子が映ってるみたい…とてもステキな写真です。
光琳のカキツバタの絵を見ていると、余計な風景は描き込まなかったというところに想像が動き出します。
その周りにどんな花が咲いていたのか、そこはひょっとして田舎の池かもしれないし パトロンの庭にあったのかもしれないし…。
洋画でしたらココで周りの草花も描いてるんでしょうネ。
おーちゃん
2012/05/19 08:03
こんな素晴らしい物ばかり見てると物を見る眼や
作品から感じる情緒的美が蓄積されるはずですね。
それだけに変なブログ写真をUPするのが怖い(笑)
根津美術館 館内の庭園も立派ですね。
あいべん
2012/05/19 10:10
根津美術館、行くなら今ですね。ちょっと迷ってます。
今年は海外からの兄弟(?)もいるわけで、、。
昨年行きましたが、この時期ではなく、、。
今は、庭園にカキツバタも咲いているのですか?
本当に素敵ですね。
ミクミティ
2012/05/19 13:49
おーちゃんさん。
光琳のこの絵はとても大胆な構図で、何度見ても驚きます。
余計なものを省く美が光琳の自負としてあって描かれたのでしょうけど、鮮やかな色彩と大胆な筆使いが圧巻です。
印象派などの捉え方と真逆な感性が興味深いですね。。
komichi
2012/05/19 22:24
あいべんさん。
世界中には凄いものがたくさんあって、今の日本はありがたいことに素晴らしい展覧会も多く、私たちは恵まれているなぁ〜と思っています。
なるべく時間を見つけて、丁寧に鑑賞したいと願っています。いいものを観たあとの幸福感の余韻がここちいいです〜♪
根津美術館は館内だけでなくお庭も素晴らしく散策するのも楽しみです。
komichi
2012/05/19 22:32
ミクミティさん。
今年はメトロポリタンからも作品が来ていて、対比させながら観ることができて、ほんとうに豪華な展示になっていました。
ニューヨークでも観たことがなかった光琳の「八橋図屏風」、個人的には「燕子花図屏風」のシンプルさが好きでした。。
庭のカキツバタは見頃は過ぎていましたが、絵を観た後でこの花を眺めると印象深いです。。 
komichi
2012/05/19 22:38
根津美術館の庭を散策に興味が!
素敵な美術館ですね。
それと光琳の屏風!
何と素晴らしい取り合わせ〜!とちょっと違う感激をしてしまいそうです(笑)
間近に素晴らしいものを観賞できるのは幸せですね。
暫くは余韻に浸れそうですか?
私、直ぐに何かに影響されるので、多分凛とした気持ちで暮らせそうです。
木の葉
2012/05/20 16:25
木の葉さん。
根津美術館のお庭には、お茶室やティールームもあって、庭の景色を眺めながら過ごすことができます。
東京・青山とは思われないゆったりとした時間が流れています。
庭のカキツバタの咲く頃に光琳の展覧会があるのもうれしいです♪
komichi
2012/05/20 22:25
光琳の描いた金屏風、10数年もの年月が掛かってるのですね。
凄いです!

いつも思うのですが、東京はただビルばかりでは無く、雑踏の中にもこのような静かな所があるのですね。
komichiさん、絵画もお庭もご覧になれて良かったですね!♪
ハーモニー
2012/05/22 09:20
ハーモニーさん。
今年は毎週末にヨガの指導者トレーニングで遠くへはなかなか出かけられませんので、都会の美術館などへせっせと通っています(笑)。
光琳の絵は今見ても斬新で、驚きます〜♪
お庭にもまだカキツバタが咲いていて…幸運でした☆
komichi
2012/05/22 16:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
■KORIN展■国宝「燕子花図」とメトロポリタン美術館所蔵「八橋図」 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる