芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■白のいろどり■泉さやか磁器展&■佐藤典克 泉さやか 二人の陶展■

<<   作成日時 : 2012/06/11 23:24   >>

トラックバック 0 / コメント 8



初めて作品に出逢ってからもう10年ほど。
その陶芸作家・泉さやかさんから
6月13日より新宿高島屋で行われる個展と
6月23日から鎌倉のギャラリー壹零參堂
行われる二人展のご案内が届きました。

たおやかな白磁の器は彼女の個性そのもの。
白のいろどりを楽しみに・・・



泉さやか


■白のいろどり■泉さやか磁器展

2012年6月13日(水)→19日(火)

午前10時〜午後8時まで開催、6月16日(土)は午後8時30分まで
最終日は午後5時閉場

新宿高島屋10階ギャラリー暮らしの工芸

「独立して10年近くたちました。
 白にも多くのバリエーションがあると感じて、
 制作し続けています。
 白色のいろいろをお楽しみいただけましたら幸いです。」

★泉さやかプロフィール
http://izming.com/index2.htm
1974  札幌生まれ
    明星大学日本文化学部生活芸術学科卒業
1997  同研究課程修了
2001  東京 府中市に築窯
2008  相模原市に工房移転
入選
1996  六花亭 北の菓子器展
2006  萬古焼綜合コンペ2006 花器・植木鉢 入選
2008  金沢わん・One大賞
展覧会
新宿高島屋、横浜高島屋、銀座工芸いま、青山桃林堂
他都内でグループ展多数

******************************************************************************************

こちらは鎌倉で行われる二人展。
梅雨の鎌倉も静かでよさそうです。

泉さやか展覧会

■佐藤典克 泉さやか 二人の陶展■

2012年6月23日(土)〜7月4日(水)

AM10:30〜PM6:30(6月28日休廊・最終日PM4:00)


★ギャラリー壹零參堂(いわさどう)
御成街12-8ノア鎌倉2F
tel:0467ー24−5103
JR横須賀線・鎌倉駅西口徒歩約1分
map

★佐藤典克プロフィール
http://www.s-nori.com/index2.html
1999年 東京藝術大学工芸科陶芸専攻卒業
2001年 同大大学院陶芸専攻修了
2003年 相模原市に築窯
2000年〜東日本伝統工芸展入選他









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ポスター見て色々感じました。
おそらく若い頃は 新しいモノを作るんだと思って制作されていたのでしょうが、その道をしっかり通ることによってオーソドックスなモノの佳さが解って行かれたと思うんです。
だから 作品に独自のモノが宿ると云いましょうか。
新しいモノはすぐに古くなりますけれど、古いモノは案外古くならない…そこに気が付くか付かないかと云うことが 芸術家にとって大切な事じゃないかと思うのです。
おーちゃん
2012/06/12 07:54
おーちゃんさん。
絵画でも若いころには抽象絵画を描いていた作家でも、具象作家に変化してゆくことも多いようですね。
伝統や自然の力には奥の深いものがあることを、経験を積んで感じることも多いのかもしれません。
こちらの作家さんはまだ比較的若い方たちですけど、真摯にもの作りに徹している姿が清々しいです〜♪
今回初めて拝見することになる佐藤典克氏の作品もしっかり眺めたいと思っています。
komichi
2012/06/12 14:59
泉さやかさんの作品、優しくていいですね。
白色が好きですけど、ほんのり色が感じられるくらいもいい!
形にもさまざまありますが、人の好き好きもさまざまなんですよね。
そこで色んな方の作品を見る事が楽しいような気がします。
佐藤典克さん、個性的。
写真の器は何でしょ?
と、理解出来て無い私が居ます。。。
木の葉
2012/06/12 15:19
komichiさんがこうしてブログで紹介される事で
会場にお見えになる方も大勢居られると思います。
陶芸品は手に取り始めて伝わる作者とそれを使う
者の心の様なものが分る気がします。
土の温もり、磁器の優しさは手にしないと分りませんね。
あいべん
2012/06/12 15:39
木の葉さん。
泉さやかさんの柔らかな、かすかに色合いを感じる磁器は優しい雰囲気が素敵ですね〜♪絵付けがない分、形や質感がより大事な要素になるでしょうね。。彼女のうつわは少しずつ変化をして、緻密さが増してきているように感じています。
今回の個展を楽しみに伺おうと思っています。
佐藤典克さんの作品はまだ観たことがないので、説明がよくできませんけど・・・写真の作品は蓋物のような気がします。
komichi
2012/06/12 20:45
あいべんさん。
こちらに住むようになり、たくさんの出会いがあって、ご紹介をしています。一人でも多くの人に観ていただけることが作家にとって最大の励みになるのだろうと感じています。
陶芸作品は手触りも大切ですから、会場で実際に手に取っていただけたらなお嬉しいです〜♪
komichi
2012/06/12 20:50
こんばんわ。
白磁器、優しい風合いですね♪
1枚目の器、お菓子を盛ってもお料理を盛っても合いそうですね〜。
作風も素敵☆
ハーモニー
2012/06/13 18:33
ハーモニーさん。
泉さやかさんのうつわはとても優しい感じのものが多いと思います〜♪
陶芸も作り手の雰囲気が作品に投影されているように感じています。和菓子などを入れたら、きっと素敵でしょうね〜☆
komichi
2012/06/13 21:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
■白のいろどり■泉さやか磁器展&■佐藤典克 泉さやか 二人の陶展■ 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる