芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■聖なる銀 アジアの装身具展■

<<   作成日時 : 2012/07/31 00:08   >>

トラックバック 0 / コメント 10



アスファルトの照り返しも厳しい銀座通り。
現在、■聖なる銀 アジアの装身具展■開催中の
京橋 LIXILギャラリーへ。

アジアの貴重な銀の装身具を観ることのできる展覧会。
その細工の美しさ精巧さに目を見張り
さまざまな民族の誇りをかけた装身具たちが
語りかける物語に耳を澄ました至福の時間。

聖なる銀

■聖なる銀 アジアの装身具展■

Sacred Silver−Personal Ornament in Asia

2012年6月7日(木)〜2012年8月25日(土)

休館日:日祝日 8月11−15日

10:00〜18:00 入場無料

古来より月光にも喩えられる銀の輝き。
多数の民族が暮らすアジアでは、装身具を自身を飾る目的以外に、
民族のアイデンティティを示すものとして、重要な役割として、
受け継がれてきました。
人々の暮らしの中で生まれる、力強く生命力溢れる意匠美をご紹介します。


聖なる銀5
中央アジア/トルクメニスタンの「アシク」または「ゴジャ」と呼ばれる背飾り。


聖なる銀2
東アジア/中国少数民族ミャオ族の頭飾り。


聖なる銀3
東アジア・中国の南京錠型首飾り


聖なる銀4
東アジア・インドネシアバスタク族の儀礼用指輪


★LIXILギャラリー
http://www1.lixil.co.jp/gallery/

★日本宝飾クラフト学院
http://www.jj-craft.com/collection/wolrd_top.html








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
お早う〜(^^)
単に装身具で語るには勿体無い程の芸術品が多く有りますね。
旅先で美術館などに行く機会が有ると私も見学しますが、
残念なのは本物が植民地時代にフランスや英国に殆ど流出してる
事ですね。
東南アジアは装飾品で有りながら信仰の対象の役割をする
繊細な作りの装飾品が多く有るそうですね。
当時の職人の腕の確かさに驚かされます。
あいべん
2012/08/01 05:32
あいべんさん。
かつて装身具は魔除けだったり、自分の民族的の誇りとして子供のころから身に着けるものとして、大切にされてきたようですけど…今ではやはり散逸してしまっているものも多く、今回は日本宝飾クラフト学院のコレクションがあったことで、まとめて観ることができました〜♪
それぞれが個性的な形と精巧なつくりに感動しました!
ラオスにもきっとたくさん素晴らしいものがあるでしょうけど、散逸していないことを祈るばかりです。
komichi
2012/08/01 07:41
おはようございます。

装身具もかなり芸術的ですね。
国によって表現の違いも興味深いものがあります。
緻密な細工も時間を費やした事でしょうか。
昔の方が時間をかけた素晴らしいものがたくさんあるようですね。

日本では魔よけする習慣はあったのでしょうかね?
木の葉
2012/08/01 08:36
アジアの装身具展ですか
興味を持って見出すとおもしろそうですね

komichiさんのところへ遊びに来るたび
興味の範囲が広がって、楽しいです

なじみの薄かったアジアの文化ですが
数年前から民家などの書物を中心に
眺める機会が増えました

2年ほど前 偶然見つけた「ブータン伝統住居」
という本 資料としてもよく調査されていますが
写真やイラストもふんだんに掲載されていて
眺めるだけでも 一見の価値はありますよ。

書店に立ち寄る機会がありましたら
立ち読みしてみてください
にどねっち
2012/08/01 09:38
木葉さん。
私たちが身に着けるアクセサリーなども、どこか自分の魔除け的な気持ちが潜んでいるのかもしれませんね。
天然石をベンダントトップにしたり・・・
アジアの装身具(中国のもの)は以前、故宮美術館で観て感激しました!今回はその範囲を広げたアジア全域にわたる装身具のバラエティあふれた素晴らしさに、びっくりしました。

日本では卑弥呼の時代、装身具は魔除けや地位の象徴だったのでは・・・と思っていますし、その後も様々な形で私たちは、身の回りにつけてきたと考えています。
komichi
2012/08/01 09:54
にどねっちさん。
今回の京橋 LIXILギャラリーはいぜんINAXギャラリーと言っていたところで、階下の隣にブックセンターも設けていて、「ブータン伝統住居」もそちらにはおいてあるような気がしますので・・・覗いてみます〜♪
同じアジアでブータンもどこか日本人と似ていて、ルーツは一緒なのでしょうか。。
着物の原型は現在のブータンの民族衣装とも。。
まだまだ知らないアジア、これから少しずつ学んでゆきたいです。。
komichi
2012/08/01 10:00
アジアの装身具、豪華さや派手さは無いけれど、奥深い美しさがありますね。
細工にも歴史を感じます。
数々の儀式などにも用いられるのでしょう。

故宮美術館、一度は訪ねてみたい所です。
ハーモニー
2012/08/01 23:24
ハーモニーさん。
アジアの装身具をこれだけまとめて観たのは初めてで、感動しました!かつて、幼いころから重い装身具を身につけて、頚椎などを痛める人も多かったとか…
銀の輝きが何かの象徴だったようです。
故宮美術館はもうため息のつくようなものが、たくさんありすぎて…一日では廻りきれません〜♪ぜひ一度!!
komichi
2012/08/02 22:02
趣味で着物作って遊んでる嫁にブータンの民族衣装の生地で
作ったらおもしろいといったのですが 着物の原型だったんですね
さりげなく、訂正しなくては 

旧INAXの件書いてくれてたんですね 
私の日記で お返事書いてから読ませてもらったので
行き違いになりました
にどねっち
2012/08/03 10:03
にどねっちさん。
ブータンの民族衣装は日本のどてらにも似て・・・
とても親近感がありますね〜♪
ブータンの民族衣装の生地で着物を作ったら、紬の着物のようなしっかりした雰囲気になって素敵でしょうね〜♪
着物を縫える奥さんて素晴らしいです!
以前のINAXギャラリーという呼び名の方が分かりやすいですね。。
komichi
2012/08/03 13:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■聖なる銀 アジアの装身具展■ 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる