芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■高森登志夫 絵本原画展■

<<   作成日時 : 2012/07/04 14:35   >>

トラックバック 0 / コメント 8



日本の風景と向き合って、描き続ける
画家・高森登志夫さんの絵本の原画展が
千葉県・館山にある絵本の館グリムにて
7月21日より開催されます。

自然あふれる館山で絵本に描かれた豊かな森、
木々のざわめきや動物たちの息遣いまで感じられる
繊細な原画をどうぞご覧ください。

高森登志夫絵本原画展

■高森登志夫 絵本原画展■緑豊かな木々のざわめき、光と風

2012年7月21日日(土)〜8月19日(日)
10時30分〜17時(火曜日休館)

入館料:おとな300円 小学生〜中学生100円

☆おたのしみ会
7月28日(土)午後2時〜4時
講演 :高森登志夫さん“日本の山々、風景と向き合って”
人形劇:MあんどB(日本全国で活躍中、船橋のアマチュア人形劇団)
    パネルシアター(日本むかし話クイズ)
    人形劇(アンデルセン原作・エンドウ豆の上にねたお姫さま)
定員 :25名(申し込み先着順) 
参加費:1200円(入館料込)

グリム

★絵本の館・グリム
館山グリム
http://www.boowy.net/grimm-books/
〒294-0023 千葉県館山市神余4561-42 
TEL&FAX/0470-28-0477

★高森登志夫・風景
http://www5.ocn.ne.jp/~t.tak/701.html

★高森登志夫・過去のエントリーから
http://komichi-blog.at.webry.info/theme/cdbcc2d598.html 








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
絵本の館 グリム、大人まで楽しめそうなところですね♪
ログハウスが魅力です☆

高森登志夫さん、写真のようにリアルに描かれる方ですよね。
ハーモニー
2012/07/04 19:50
ハーモニーさん。
夏休みにこんな絵本のあるところでゆっくり本を読んだり、展覧会をながめたり・・・いい時間が流れそうです〜♪
はい、高森登志夫さんは精緻な表現で詩情豊かな絵を描かれる作家です。
komichi
2012/07/04 21:28
コンニチワー
蒸し暑い日が続いていますねー。
一瞬、写真かと思ったんですが、やはり写真とはまた別のぬくもりがありますね。。
“絵本の館 グリム”・・・子供たちの感性が磨かれそうなところですねー・・・個人で経営されているのでしょうか。。
白いねこ
2012/07/06 12:09
こんにちは。
絵本と言うと可愛らしい絵のものが多い気がしますが、高森さんはリアルな画なのですね。
私自身、絵本を手にとることが無くて、無知ですが。。。
現実的な画でのお話は夢物語では無い何かが伝わりそうですね。
木の葉
2012/07/06 19:32
高森登志夫さんの絵本! 懐かしいです。
『木の本』『野の草花』は、我が家のバイブルでした。
分らない木や花は、全部これで調べてました。
原画は、きっと別の魅力を見せてくれるんでしょうね。
yasuhiko
2012/07/07 18:35
白いねこさん。
高森さんの絵本は大人にも充分楽しめる世界が広がっています。彼の自然描写は詩情あふれ・・・眺めているだけで森に紛れ込んだかのような気持ちにさせられます〜♪
こちらの本屋さんは以前は街中でお店をされていたそうですが、念願かなって館山の豊かな自然のなかでいまは運営をされているそうです。
私も今回こちらを訪ねてみたいと思っています。
komichi
2012/07/07 21:37
木の葉さん。
絵本は今では大人も楽しむ人が多くなっていますね〜♪
我が家も息子が小さかった時、毎日絵本を読んで寝かしていました。高森さんの絵本の世界は彼の豊かな表現で、自然の不思議さも楽しさも感じられます。
私の三歳になる孫にもプレゼントしたので、いつか一緒に読もうと思っています。
komichi
2012/07/07 21:42
yasuhikoさん。
『木の本』も『野の草花』もよい絵本ですね〜♪
私も折に触れ、いまもながめている本の一つです。
『森のみずなら』は森の持つ厳しさから優しさ、豊かさまで感じられる素晴らしい絵本です!
高森さんの原画はほんとうに美しくて・・・印刷されたものとはまた一味違った魅力にあふれています。。
komichi
2012/07/07 21:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
■高森登志夫 絵本原画展■ 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる