芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■ボブ・マーリー■ルーツ・オブ・レジェンド

<<   作成日時 : 2012/09/12 22:36   >>

トラックバック 0 / コメント 10



レゲエの神様、ボブ・マーリー。
彼の波乱に満ちた生涯を描いた
初のオフィッシャル・ドキュメンタリー映画
■ボブ・マーリー■ルーツ・オブ・レジェンド
上映中の吉祥寺・バウスシアターへ。

学生時代、FENから聴こえてきた衝撃の音楽
それがボブ・マーリーの歌うレゲエ。

「ノー・ウーマン、ノー・クライ」や
「ワン・ラブ」がバックに流れると
あちこちからすすり泣く声が・・・
今も愛され続けるボブ・マーリー。

家族や友人たちの貴重なインタビューから
今まで知らなかった、彼の素顔が浮かびます。

ボブ・マーリー

■ボブ・マーリー■ルーツ・オブ・レジェンド

原題 :Marley
製作年:2012年
製作国:アメリカ・イギリス合作

CAST :ボブ・マーリー
リタ・マーリー
ジギー・マーリー
セデラ・マーリー
バニー・ウェイラー
ピーター・トッシュ
リー・ペリー
ジミー・クリフ
クリス・ブラックウェル

監督 :ケヴィン・マクドナルド

★劇中登場曲
「Corner Stone」「Judge Not」「Simmer Down」「Put It On」「Small Axe」
「Mellow Mood」「Stir It Up」「Concrete Jungle」「Crazy Bald Heads」
「Natty Dread」「Trenchtown Rock(live at The Roxy)」「Get Up Stand Up」
「Work」「Jammin(live at One Love Peace Concert)」
「Exodus (Kindred Spirit Dub Mix)」「No Woman Now Cry (Live at the Lyceum)」
「War」「I Shot the Sheriff(Live at the Lyceum)」「Roots Rock Reggae」
「Three Little Birds」「Real Situation」「Could you Be Loved」
「One Love / People Get Ready」「Redemption Song」「High Tide Or Low」他

★公式サイト
http://www.bobmarley-movie.jp/

ボブ・マーリー1
(C)SHANGRI-LA ENTERTAINMENT LLC AND TUFF GONG PICTURES LP 2012



ボブ・マーリー2
(C)SHANGRI-LA ENTERTAINMENT LLC AND TUFF GONG PICTURES LP 2012


★上映館
角川シネマ有楽町
ヒューマントラストシネマ渋谷
吉祥寺バウスシアター
ユナイテッド・シネマ札幌
センチュリーシネマ
大阪ステーションシティシネマ
T・ジョイ博多








ONE LOVE-ザ・ベリー・ベスト・オブ・ボブ・マーリィ(初回限定特別価格盤)
USMジャパン
ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ONE LOVE-ザ・ベリー・ベスト・オブ・ボブ・マーリィ(初回限定特別価格盤) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

「ボブ・マーリー/ルーツ・オブ・レジェンド」オリジナル・サウンドトラック
USMジャパン
ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「ボブ・マーリー/ルーツ・オブ・レジェンド」オリジナル・サウンドトラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は〜(^^)
komichiさん幅広いですね〜。
ボブ・マーリ知ってる年代の人間には一種の神の様な
存在ですけど私は表面だけかじった程度です。
でも、芸術全般のkomichiさんならうなずけます。
あいべん
2012/09/13 16:56
あいべんさん。
かつてFENから流れてきた時には、耳慣れないリズムにちょっとびっくりしましたが、すぐ好きな音楽になりました〜♪
その時の自分の気分にもぴったり合って・・・
今年のような暑い夏には特に心に響きます〜♪
彼の詩もよくて…ボブ・ディランとともに尊敬するアーティストです。
かつて横浜で行われたレゲエのパーティにも出かけたりしました。
komichi
2012/09/13 22:48
本当ですね!
Komichiさんは何事にも幅広い〜!
ここらへんが、一般女性と異なるところです!

私、名前くらいは知ってますが、曲を知らなくて、たった今聴いてきました〜! 人々に支持されてた事がうかがえる、再生回数!
偏った音楽しか聴いてきませんでしたが、音楽の世界も広いですね。
アーティストの影響も大きい。
その人について知ると、なおいっそ好きになるのかもしれません。
いつか目にする機会があればと思います。
木の葉
2012/09/14 08:59
おはようございます!
これ絶対観に行きます♪知りませんでした!
記事載せて下さってありがとうございます!
ライブの様子をテレビで見た時、その神がかったパフォーマンスに目が釘付け!以来曲を聞くようになりました♪
少し前まで、散歩の時に聞いてました!合うんです!!
不思議と元気が湧いてきます♪
昨夜アルバム「レジェンド」を聴いてたので今朝こちらの記事を見てびっくりしてます!
楽しみで〜す♪
sasapanda
2012/09/14 10:16
ボブ・マーリー、私には今まで余り縁がありませんでしたが、いろんな形容詞だけは耳に入ってきていました。
komichiさんとボブ・マーリー、なんかしっくりきますyo。
sasapandaさんの興奮具合からもちょっと興味が・・・別のひきだしを開けてくれて・・・多謝!
白いねこ
URL
2012/09/14 10:57
木の葉さん。
もう昔、今のようにFMで洋楽がかかるような環境ではなかったころ、FEN(米軍放送)から流れてきたボブ・マーリーのレゲエに感動して以来好きになりました。
詩にも意志が強く感じられて・・・好きです♪
「One Love / People Get Ready」など今の時代にも褪せることのない言葉です。。
アート全般、偏見を持たずに好きなものは好きと感じ続けたいです〜☆!
komichi
2012/09/14 15:28
sasapandaさん。
ボブ・マーリーの歌声が2拍子のレゲエのリズムに乗ると、独特の波長が生まれるように感じます〜♪
日本でも夏になるとラジオから必ず聞こえてくる音楽ですね。
ぜひぜひお出かけください!!
ものすごく感動しますよ〜〜☆
私はあえて一番小さな吉祥寺のシアターで、ジャマイカの感覚にひたろうと出かけました(笑)。
komichi
2012/09/14 15:34
白いねこさん。
ボブ・マーリーの音楽にはジャマイカの空気と彼の不屈の意志が混然としていて・・・何とも言えない雰囲気です〜♪
一度お聴きになったら、興味をお持ちになりそうだと思っています。。
komichi
2012/09/14 15:38
ボブ・マリーのレゲエ、劇場で鑑賞できるのですね♪
この音楽は第2・第4拍目をカッティングする独特なリズムですね。

komichiさんがこういう音楽にもご興味があるとは意外でした。
しっとりクラッシック派かな?なぁんて思ってました。
ハーモニー
2012/09/15 20:06
ハーモニーさん。
ボブ・マーリーはレゲエの神様と言われていながら、意外に素顔は知られていませんから、今回のドキュメンタリーでは家族のインタビューなどから彼の苦悩や生き方に共感しました。
そのヒストリーとともに彼の音楽を聴くと、レゲエの持つ魅力も深まるような気がします。。
私は音楽は何でも聴いています。。
komichi
2012/09/15 21:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■ボブ・マーリー■ルーツ・オブ・レジェンド 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる