芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■万華鏡展■2012 Bunkamura

<<   作成日時 : 2012/09/19 14:30   >>

トラックバック 0 / コメント 8



藤野在住、画家で万華鏡作家の
傍島飛龍さんも参加している
渋谷 Bunkamura Galleryで
現在開催中の■万華鏡展■へ。

ひとつひとつ眺めていると
時の経つのを忘れそう・・・
美しい夢の宝石箱。


manngekyou


■万華鏡展■2012 Bunkamura

2012/9/15(土)〜9/30(日)

10:00〜19:30

Bunkamura Gallery
03-3477-9174

角度を変える度に華開く極彩色の世界。鏡と筒、ビーズなどを用いた、至極シンプルな万華鏡。その始まりは1817年、物理学者であるディヴィッド・ブリュスターより偏光の実験の途中で発明されました。その後、木工・ガラス工芸などの専門技術が取り入れられた万華鏡は玩具としてだけでなく、芸術品としても注目され様々な発展を遂げていきます。
現代の万華鏡、その幻想的な光によって、世界中の現代作家がインスピレーションを得て、次々と魅力ある作品が生み出されています。本展は、国内外の現代を代表するアーティストの新作、限定品などを中心に、約500点以上の美しい万華鏡をお楽しみ頂ける貴重な機会となっております。
また、現代の日本の万華鏡界をリードしている注目の万華鏡アーティスト6 人を選出し特別展示コーナーを設けて展覧・販売致します。日本の技術で綴られる魅惑の色彩を感じて下さい。


★特別展示コーナー
1、日本の万華鏡界の第一人者、山見 浩司の世界
2、現代アートの感覚を万華鏡に生かす天才、傍嶋 飛龍 
3、2012年 国際万華鏡協会全国公募展優秀賞作家、羽石 茂&泉
4、国内では数少ないウッドターニング技法で万華鏡制作する、高林 千稔
5、日本では唯一のガラス製法パート・ド・ヴェールによる万華鏡作家、堀越 順子
6、アクセサリー万華鏡アーティスト、関 一の世界

★公式サイト
http://www.bunkamura.co.jp/gallery/exhibition/120915_kaleidoscope.html


万華鏡展1
Bunkamura1階のギャラリー



飛龍作品1
傍島飛龍さんの作品コーナー

飛龍作品2
白磁作家・副島泰嗣氏と飛龍さんのコラボ作品



万華鏡作品1
万華鏡作品2
ガラス製法パート・ド・ヴェールによる万華鏡作家、堀越 順子の作品



万華鏡作品3
パーツ
円形のパーツを取り替えると全く別の世界が拡がります。



gazou
左:羽石 茂&泉 中央:山見 浩司 右:傍嶋 飛龍











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は〜(^^)
万華鏡・・ささやかな玩具程度の万華鏡は子供の頃
作った思い出有りますね。
不思議でならなかった事覚えて居ます。
やはり作品ともなると単なる筒でなくて外見も違いますね。
覗けば今でも不思議な世界に誘いこまれそうですね。
あいべん
2012/09/19 18:54
あいべんさん。
万華鏡を眺めていると、夢の世界に入って行くようで…
一時、時間が止まった感じになります〜♪
様々なタイプの万華鏡があって、高価なものも多かったですけど、オブジェとしても楽しめそうでした。。
komichi
2012/09/19 21:16
色んな万華鏡があって面白そう。
また万華鏡を包む素焼き風のデザインが素朴で中がどんなものか数河興味有ります。
また白磁の…例えが悪いかもしれませんがむかしのストーブの白いのに似てて、コレもまた中を見てみたい。
色んな色のガラスに包まれているであろう万華鏡も…関西の方でも見られないのかなァ、ホントに興味いっぱいです。
おーちゃん
2012/09/20 06:54
“万華鏡”という言葉を聞くと、大正、昭和のロマンの響きが・・・。
万華鏡展のポスターの「光とかたちの協奏、覗くたびに広がる新しい世界」の言葉通りdesu。
光の屈折とガラスといろんな素材で無限のデザインが・・・覗くたびに違う世界が広がるという、摩訶不思議な世界を体験してみたい♪♪
白いねこ
URL
2012/09/20 12:09
おーちゃんさん。
万華鏡の世界も奥が深いですね〜♪
飛龍さんの素焼きのワンダーランドな万華鏡は凄くユニークで、色合いもちょっとインディアンの羽のような感じに仕上がっていました〜♪
我が家のおとなりの白磁作家とのコラボ万華鏡は重厚な感じの美しい模様が現れます〜!!
どの作家の万華鏡も一つとしておなじ雰囲気のものはなくて・・・ワクワクします〜♪
komichi
2012/09/20 22:31
白いねこさん。
“万華鏡”って、いい響きですよね〜♪
覗き窓から夢の世界が広がり、次第に色や形が変化して・・・見飽きません。。美しい装飾を施されたものは、オブジェとしてもそばに置きたい作品でした。
もう一度出かけたら、高価なものを買ってしまいそうです〜(笑)。
komichi
2012/09/20 22:39
宝石を散りばめたような万華鏡、一度覗いてみたいです〜。
本格的な万華鏡だから、お値段も良いのでしょうね。。
ハーモニー
2012/09/24 19:51
ハーモニーさん。
一つとして同じものはない万華鏡です〜♪
高いものでは100万円を超えるものも…ありました〜!
komichi
2012/09/24 20:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■万華鏡展■2012 Bunkamura 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる