芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■浅野麻耶(ピアノ)&ジネーヴラ・ペトルッチ(フルート)■ダブルリタイタル in 藤野

<<   作成日時 : 2012/11/10 23:49   >>

トラックバック 1 / コメント 8



秋深まる藤野。
11月22日午後のティータイムに
ニューヨーク室内オーケストラの主席フルーティストを務める
ジネーヴラ・ペトルッチさんとピアニスト浅野麻耶さんの
ダブルリサイタルが開催されます。
ゆっくり午後のお茶を楽しみながらコンサートはいかがですか。


コンサート


♪ティータイム・クラシックコンサート♪ 
 
■浅野麻耶(ピアノ)&ジネーヴラ・ペトルッチ(フルート)■
ダブルリタイタル in 藤野

2012年11月22日(木) 15:00開場/15:30開演

カフェレストランShu:神奈川県相模原市・最寄駅・JR藤野駅

¥3,000 ドリンク付き

★ご予約・お問い合わせ★
カフェレストランShu/TEL:042-687-2333
浅野麻耶/TEL&FAX:045-548-6741 Mobile:080-5869-3805


プログラム
《ピアノソロ》
J.S.バッハ:トッカータ   ホ短調 BWV914
ハイドン :ピアノ・ソナタ ヘ短調 Hob:16-23
モーツァルト:ピアノ・ソナタ 変ロ長調 KV333
ダマーズ :ピアノのためのソナチネ

《フルート&ピアノ》
シューベルト:アルペジョーネ・ソナタ イ短調 D.821
シューマン :3つのロマンス 作品94
プーランク :フルートとピアノのためのソナタ
 

★浅野麻耶 Maya ASANO
http://ameblo.jp/sinfonian/theme-10050034737.html
4歳よりピアノを始める。
国立音楽大学附属小・中・高等学校を経る。
1999年3月国立音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業
2000年4月昭和音楽大学大学院音楽研究科器楽専攻(ピアノ)入学
2002年3月昭和音楽大学大学院音楽研究科器楽専攻(ピアノ)修了
ピアノを小笠原(佐瀬)京子、新井伶依子、古代公子、拝田正機、浅川豊夫の各氏に師事。    
2003年1月トモノホール(東京・市ヶ谷)にて第1回ピアノ・リサイタルを開催
2003年5月ブルガリア・シューメン市にてパンチョ・ヴラディゲロフ国際ピアノコンクールに出場セミファイナリスト。
2005年9月めぐろパーシモン小ホール(東京)にて
第2回ピアノ・リサイタルを開催
2007年9月大田区民アプリコ小ホール(東京)にて
第3回ピアノ・リサイタルを開催
2007年9月渡仏。2007年10月〜2011年6月
パリ・エコール・ノルマル音楽院に留学。
ピアノをMme.V.MELKI、室内楽をMme.G.
MARTIGNYの下で学び、ピアノ教授課程ディプロム、
室内楽高等ディプロムを取得。2011年11月に完全帰国。

1999年4月〜2007年9月
カノン音楽学院(神奈川県相模原市)ピアノ講師
2004年4月〜2007年9月
昭和音楽大学附属バレエ教室バレエピアニスト
1999年4月〜
日本、パリに於いて自宅及び出張レッスンでピアノ、
ソルフェージュのプライベートレッスンを行う。


★ジネーヴラ・ペトルッチ Ginevra PETRUCCI
http://www.ginevrapetrucci.com/
1989年、イタリア・ローマに生まれる。
父で、高名なフルーティストのジャン‐ルカ・ペトルッチの手ほどきでフルートを学び
2006年、16歳で聖チェチーリア国立音楽院(ローマ)を卒業。
2006年 渡仏。パリ・エコールノルマル音楽院に留学。
2008年 同音楽院のフルート演奏科高等ディプロムを審査員満場一致によって取得、卒業。
2008年 モーリッツブルグ音楽祭アカデミーオーケストラのオのディションに合格し、主席フルーティストを務める。
2010年 ブリュージュ国際音楽アカデミーに参加。選抜コンサートに出演。活動拠点をアメリカに移す。
2012年 イェール大学音楽院フルート修士号と最優秀木管楽器奏者賞を受賞。
これまでにイタリア、フランス、ドイツ、ベルギー、スイス、スペイン、アメリカ、イスラエル、トルコ、チュニジア、ブラジルの各地でソロ・リサイタルを行った他、ソリストとしてオーケストラと協奏曲の共演や室内楽等の演奏会に出演。
現在、イェール大学音楽院音楽博士課程に在籍するかたわら、ニューヨーク室内オーケストラ及びデルフィ室内オーケストラ(ニューヘブン)の主席フルーティストを務める。


★カフェレストランShu

shu

☆車でお越しの方
中央自動車道「相模湖・藤野IC」降り国道20号線を上野原、大月方面へ。
最初の信号を左折し、勝瀬橋経て、日蓮橋を渡りおよそ100m先左手。

☆電車でお越しの方
JR藤野駅より徒歩18分。タクシーで約5分

pict_map













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
1分ピアノに触れずに「ある事」をするだけで上達●そんな非常識なピアノトレーニング術を公開します!
楽譜の読めないピアノ初心者でも... ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~... ...続きを見る
おかねのなるき
2012/12/01 10:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
お早う御座います〜(^^)
行かなくなりましたね〜。
京響の定期演奏会には長年足を運んで居ましたが
現役引退後(もしかして単身赴任で福井に行ったこ頃)から
コンサートホールの音を聴いていないのでは・・。

先月知人のお嬢さんがsopで歌うというので京都文化博物館
に足を運びました。
プッチーニのラ・ブエームでしたがコンサート形式のオペラでしたので
少し迫力不足を感じた?(偉そうに・・へ、へ)
sopで頑張ってる姿見ながらふと年齢を考え・・
何時まで親のすねかじり・・。
この世界も生き残り、生活大変ですね。
変なコメント御免なさい。
あいべん
2012/11/11 06:41
あいべんさん。
あいべんさんはお仕事をされている頃には、コンサートによく足を運ばれたのですね〜♪
私は仕事を引退してから、あちこちに足を運べるようになりました(笑)。それにしても日本はオペラやバレエのチケットやは高額で…考えてしまいます。
音楽だけで生活ができる人は多くはないでしょうね。。
防音装置の付いた部屋を持っていなければ安心して練習もできませんし、ピアニストはグランドピアノと一緒に引っ越しでしょうから。。
「ラ・ボエーム」は情熱的な歌も多いので、表現力がかなり必要とされるでしょうね。。
komichi
2012/11/11 21:01
素敵なプログラムですね♪
ハイドンも聴けるなんて、良いですね〜。
フルートとピアノのジョイント「3つのロマンス」、聴いてみたいです。

こんなカフェでのコンサート、近くでしたらぜひ足を運びたいです〜。
ハーモニー
2012/11/12 10:15
近くのカフェでいつも行われるコンサート、いいですよね!
近くなら、色々迷う事も無く行けると思います! ♪
何故?って話ですけど、遠くまでは余程でなければいけないんです〜。
私の意思の問題ですかね(笑)
木の葉
2012/11/12 16:53
ハーモニーさん。
このコンサートの構成が素敵ですよね〜♪
最近はハイドンもちょっとブームの兆しですけど・・・
私はまだあまり聴いたことがないので、どんなだろうと想像しています。。
近かったら、聴いていただきたいです〜☆
komichi
2012/11/12 22:20
木の葉さん。
近所で素敵なコンサートが聴けるのは、ほんとうに幸せなことです〜♪
遠いと何かと大変ですから・・・
木の葉さんは、ご自分のセカンドハウスがコンサートホールにもなって…それも羨ましいことです〜〜☆
komichi
2012/11/12 22:28
今、つくづく思います。
もう少し、近ければ、分かりよい場所ならばと。
場所代もかからず、利用して頂く事だって出来たのにと。
その場所が隠れやのようで好きだから、そこではあるんですけどね。
両方を満たすのは贅沢なのかもしれません。
木の葉
2012/11/13 08:36
木の葉さん。
環境のいい場所はたいてい不便なことが多いですし、わかりやすいところは雰囲気があまりないなど…両立は難しいですね。。
でも最近はわかりにくい場所にある一軒家のレストランにたくさんの人がわざわざ出かけて楽しんでいます〜〜♪
komichi
2012/11/13 21:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
■浅野麻耶(ピアノ)&ジネーヴラ・ペトルッチ(フルート)■ダブルリタイタル in 藤野 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる