芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■イタリア至高の輝き展■&■影の色‐ 杉本博司展■

<<   作成日時 : 2012/11/24 23:04   >>

トラックバック 0 / コメント 6



現在、銀座で開催されている
イタリア、フランス、二つのメゾンの展覧会。
ブルガリ銀座タワーでは眩いほどの宝石たちの
■イタリア至高の輝き展■
メゾンエルメスでは〈エルメス・エディター〉
■影の色■ 杉本博司展

ブルガリでは宝石のあまりの大きさにため息
エルメスではアートなカレの美しさにうっとり


ブルガリ1

■イタリア至高の輝き展■

2012年11月10日(土)〜12月30日(日) 

11:00〜20:00

ブルガリ銀座タワー
4F サローネ コンドッティ        
8F プライベートラウンジ

★ブルガリ銀座タワー
東京都中央区銀座2-7-12
TEL:03-6362-0100


エリザベス・テーラー
4Fではエリザベス・テーラーが愛用したジュエリーの展示

ブルガリ3


《セルベンティ(ヘビ)》1967年
《セルベンティ(ヘビ)》1967年


バングル 1983年
バングル 1983年





■影の色■ 杉本博司展

2012年11月15日(木)〜12月31日(月)

11:00〜20:00 日曜11:00〜19:00

メゾンエルメス8階フォーラム
中央区銀座5-4-1
TEL:03-3569-3300


エルメス


1937年から始まった
エルメスのシルクスカーフ、カレ。
今回の〈エルメス・エディター〉の企画は
歴史あるエルメスのカレを現代を代表する
アーティストとコラボレーションして
制作したものです。

Hermes-Sugimoto-Basel_4398-5272_OK
バーゼル/スイス / Museum der Kulturen / 2012年6月12日〜21日


Hermes-Sugimoto-Basel_5261_OK
バーゼル/スイス / Museum der Kulturen / 2012年6月12日〜21日


★オンラインギャラリー
http://editeur-jp.hermes.com/






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
華やかな煌きの宝石の数々ですね♪
私にはブルガリもエルメスも縁遠いですが、見るだけでも優雅な気持ちになれますね。

エメラルド、私の誕生石ですよ〜。。
ハーモニー
2012/11/26 10:47
ハーモニーさん。
ブルガリの宝飾品は宝石があまりにも大きくて…本物には思えないほどです〜(笑)。
エルメスのカレは斬新なプリントでとても美しいです〜♪
ハーモニーさんはエメラルドが誕生石でしたか〜☆
華やかですね。。石言葉は「幸運、幸福、希望、安定」とあって、ハーモニーさんにぴったりです〜♪
komichi
2012/11/26 21:52
お早う御座います〜(^^)
不謹慎にも今日のkomichiさんのブログ拝見しながら
税金滞納者からの差し押さえダイヤモンドの落札価格が
ふと頭に浮びました。

宝石に無縁な男、お洒落まで気が廻らない無粋な人間
今日は完全に蚊帳の外です(笑)。
あいべん
2012/11/27 06:12
あいべんさん。
私もいま、思わず日本経済新聞の税金滞納者からの差し押さえダイヤモンドの落札価格をチェックしてしまいました〜♪
私自身はあまり宝石は買ったことはありませんけど、祖母や母から譲り受けた宝飾品をたまに着けています。。
エリザベス・テーラーは宝石で癒されていたそうで…ある意味で寂しいことも多かったのだろうかと考えてしまいました。。
komichi
2012/11/27 17:35
おはようございます!
エリザベス・テイラーのエメラルドのネックレス、王侯貴族の持ち物のような豪華さですね!
最近のオートクチュールはビーズとか刺繍とか、伝統的な手仕事を組み入れたコレクション多くないですか?
エルメスのスカーフにしても、伝統的な染織の技術が大切に守られている西欧の文化の深さ素晴らしい♪
そんな意味も含めてイタリア大好き(^^)
sasapanda
2012/11/29 09:50
sasapandaさん。
貴族のいないアメリカではエリザベス・テーラーはきっと貴族のような扱いなのでしょうね〜♪
その名に恥じない宝石の数々でした。
それにしてもこれだけの宝石を身につけるには華やかなお顔も必要でしょうね。。
エルメスの大判スカーフもしっかりとしていて、丈夫で長くつかえてとてもいいですよね。。それがヨーロッパの伝統の賜物でしょうか。。
オートクチュールの手仕事の技術はもう伝統工芸品の域で、素晴らしいですね。一時プレタポルテに似たようなものが多くなった時期もありましたけど、やはりオートクチュールならでは…と、唸るようなコレクションに戻ってきているみたいですね。。
komichi
2012/11/29 22:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
■イタリア至高の輝き展■&■影の色‐ 杉本博司展■ 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる