芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS 相模湖スペシャルライブ2012■ SALENA IS BACK ■

<<   作成日時 : 2012/12/19 21:03   >>

トラックバック 1 / コメント 4



イブイブ・クリスマスにお隣、相模湖交流センターで
■Salena Jones with Friends 2012 Christmas Night■
が、行われます。

ビリー・ホリデイ、エラ・フィツジェラルド、サラ・ヴォーン、リナ・ホーン亡き後、
彼女達の後継者としての第一人者が、サリナ・ジョーンズ。

藤野で陶釉舎を運営する吹田千明さんのお誘いで・・・
久しぶりに本格的・女性ジャズシンガー、サリナ・ジョーンズ
を堪能してこようと、今から楽しみです。


sarena


相模湖スペシャルライブ2012■ SALENA IS BACK ■

2012年12月23日(日) 14:30開演(14:00開場)

会 場:相模湖交流セン―多目的ホール
料 金:5000円(全席自由)

ジャズ・ヴォーカリストの第一人者
サリナ・ジョーンズが再び相模湖にやってくる!


出演
サリナ・ジョーンズ(Vo)
中村健吾 (B)
藤井学  (Ds)
森下滋  (Pf)
道下和彦 (G)


☆ご予約:ご予約・お取り置きは窓口の他、電話042-682-6121で承ります。
☆チケット代金のお支払いは郵便振替もご利用いただけます。

☆問合せ:神奈川県立相模湖交流センター 電話042 (682) 6121

★サリナ・ジョーンズSalena Jones
http://www.bavic.co.jp/SalenaJones/
http://www.salenajones.com/Selena_Jones/Home.html

バージニア州ニューポート・ニューズ生まれ。
13歳からアマチュアとして歌い、15歳でプロとなった。
66年に英国に渡り、クラブやテレビで活躍した。
69年からは英国のCBSコロムビアに録音、72年からはRCAに、
75年からロケット・レーベルに移籍した。
ジャズのみならずソウル、ポピュラーの分野でも人気があり
日本ではビクターエンタテインメントより多くの作品を発表している。

★相模湖交流センター
http://www.sagamiko-kouryu.jp/
〒252-00171
神奈川県相模原市緑区与瀬259-1
TEL:042-682-6121
map
☆画像をクリックすると大きくなります☆










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
吉祥寺のギャラリーで「ビリークリスマス!展」開催
#kichijoji 吉祥寺のギャラリーショップ「ビタミンTee」で11月13日から、企画展「ビリークリスマス!展〜ビリーが街にやってきた〜」が開催される。きりえ作家高木亮さんの新刊クリスマスブック「ビリーザトナカイ」2冊同時刊行を記念し、原画きりえを多数展示するほか、「ビリーの休日in吉祥寺」と題した記念展オリジナルの新作きりえ作品も展示される。 ...続きを見る
ローカルニュースの旅
2013/10/22 19:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
きゃ〜! 素敵なライブですね。
彼女は大分のライブハウスにも来てました。
行けませんでしたけど。。。
「アントニオソング」が好きで、好きで大好きで!
他の曲は詳しくないんですけどね(笑)
ラジオで聴いてはまっちゃいます。
木の葉
2012/12/20 16:26
木の葉さん。
私は今まで彼女の歌をあまり聴いてこなかったのですが…藤野の友人に誘われて、一緒に行くのが楽しみです〜♪
木の葉さんもお好きだったのですね〜☆♪
「アントニオソング」はいろいろな人が歌っていますね〜♪
komichi
2012/12/20 23:24
今晩は〜(^^)。
komichiさんは本当に人生を思う存分楽しんでますね。
羨ましい〜、の一言ですね。
楽しんで来てくださいね。
あいべん
2012/12/21 19:13
あいべんさん。
今晩、こちらはそうとう冷えこんで、雪が降ってもおかしくないくらいです〜(泣)。
このコンサートをチェックしていなかったら、友人が誘ってくれて、ジャズを楽しんで来ようと思っています♪
いつまで元気でいられるかわかりませんけど、「あ〜楽しかった・・・」と言って感謝して人生を終えたいと願っています。。
komichi
2012/12/21 21:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
相模湖スペシャルライブ2012■ SALENA IS BACK ■ 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる