芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■原田泰治「ふるさと心の風景」展■

<<   作成日時 : 2013/01/03 09:38   >>

トラックバック 0 / コメント 8



2013年1月3日、今日から逓信総合博物館で開催される
■原田泰治「ふるさと心の風景」展■
一足早く行われた、昨年暮れの内覧会から。

いつも友人への手紙に貼る記念切手をあれこれ迷う
私には、とても気になる「切手原画展」です。
小さな切手の中に込められた作家の命。
原田泰治さんの絵には、だれの心にもきっと
あるだろう、ふるさとへの想いが描かれています。

キャンバスやボードにリキテックスで描かれた作品は
発色もよく、小さな切手になっても魅力的です。


展覧会1
《春の庭先》[群馬県] 作品の前で・・・


■原田泰治「ふるさと心の風景」展■

2013年1月3日(木)〜2013年3月31日(日)

9:00〜16:30(入館は16:00まで)

休館日:展覧会開催期間中 月曜日
(月曜祝・休日の場合開館、翌日休館)
主 催:逓信総合博物館
会 場:1階特別展示場


画家・グラフィックデザイナーの原田泰治氏が原画を描いた、ふるさと切手
「ふるさと心の風景」シリーズは、平成20年5月から発行されました。
当館では、過去にこの切手シリーズの第6集までの原画展を開催し、好評を博しました。
本展では、第7集から第10集までの切手原画を中心に展示いたします。


イベント
◆銀座郵便局・臨時出張所による、本展オリジナル小型印の押印
出店予定日:
平成25年1月3日(木)・5日(土)・14日(祝・月)・19日(土)
平成25年2月2日(土)・9日(土)・11日(祝・月)
平成25年3月30日(土)・31日(日)  
場 所:1階展示場

◆関連イベント(博物館地下2階ホール、要申込み)
(1)原田泰治特別講演会
 [日時]平成25年1月19日(土)13:30〜15:30予定
 [講師]原田泰治

(2)切手デザイナーによるトークショー「切手デザインの魅力」
 [日時]平成25年2月2日(土)13:30〜14:30予定
 [出演](切手デザイナー)貝淵純子、中丸ひとみ 
 [聞き手)平林健史(日本郵趣出版編集本部長)
  ※小学生以上対象

(3)ミュージアムコンサート「日本の心、ふるさとの歌」
 [日時]平成25年2月9日(土)14:00〜16:00予定
 [出演](バス・バリトン)池田直樹、(メゾ・ソプラノ)池田早苗、(ピアノ)羽石道代


展覧会3



作品3




作品2




作品1



原田泰治
★原田泰治
http://www.taizi-artmuseum.jp/
1940年:4月29日 長野県諏訪市上町に生まれる。
1941年:小児麻痺にかかり両足が不自由になる。
1944年:開拓農民として一家で長野県下伊那郡伊賀良村(現・飯田市北方)に移住 し、中学校までの10年間を過ごす。
1953年:父親が諏訪市で看板業を再開。諏訪市に戻り、上諏訪中学校に転校する。
1956年:諏訪実業高校定時制に入学。油彩画を描き始める。在学中に全国ポスターコンクールで2度入賞し、グラフィックデザイナーになることを決意する。
1960年:武蔵野美術大学洋画科に入学し、油彩画を学ぶ。翌年、武蔵野美術短期大学商業デザイン科に再入学し、商業デザインを学ぶ。
1963年:武蔵野美術短期大学商業デザイン科を卒業。
1964年:諏訪市上町に”ホーコードーデザインスタジオ”を設立し、グラフィックデザイナーとして活動する。
1965年:デザインの仕事の合間に、少年時代を過ごした伊賀良村の思い出をテーマに、絵を描き始める。
1973年:旧ユーゴスラビアの素朴画家イワン・ラブジンを新聞記事で知り、”心の生計を立てるために描く”という生き方と作品に感銘を受け、素朴画家を志す。
1980年:第29回小学館絵画賞を受賞。
1981年:少年時代の思い出だけでなく、実際の風景を自分の目で見てはどうかと親友に勧められ、長野県内を取材して制作をするようになる。
1982年:朝日新聞日曜版に「原田泰治の世界」を連載(4月から1984年9月)するとともに、1984年から「原田泰治の世界展」を全国22会場で開催。
1985年:旧ユーゴスラビアへ旅行し、素朴画家イワン・ラブジン氏と会う。
1987年:「ナイーフ三人展−原田泰治とユーゴの仲間たち−」を全国各地で開催。
1989年:12月より2年にわたりアメリカ合衆国5大都市にて「日本の四季を描く原田泰治の世界」を開催。
1991年:帰国記念展「原田泰治アメリカを行く」を全国33会場にて開催。
1993年:信州博覧会(7月〜9月)に「原田泰治ふれあい美術館」を出展。
1997年:長野冬季オリンピック競技大会文化芸術祭参加。 「ふるさと四季の風 ― 原田泰治の世界展」を出展。
1998年:諏訪湖畔に「諏訪市原田泰治美術館」開館。
1999年:紺綬褒章を受章。
2000年:全国20会場で「原田泰治が描く - 日本の童謡・唱歌100選展」を開催。
(2001年8月まで)
2001年:11月からブラジル(サンパウロ、リオデジャネイロ)で「原田泰治の世 界展」を開催。
(2002年3月まで)
2002年:中央アメリカのメキシコ、コスタリカ、ニカラグアを訪問し、「日本の 心」を伝える絵画展と講演会を開催。
2005年:「原田泰治とクロアチアの仲間たち展」を全国各地にて開催。
2008年:諏訪市原田泰治美術館入館者100万人達成。 ふるさと切手「ふるさと心の風景」シリーズ全国発売。
2009年:第14回NHK関東甲信越地域放送文化賞受賞。

☆現在、クロアチア共和国ナイーブ美術協会名誉会員、中国・上海金山農民画協会 会員
☆著書:原田泰治自選画集、画集『原田泰治が描く - 日本の歌百選』、絵本『とうちゃんのトンネル』など多数。














原田泰治 野の道を歩く画家 (別冊太陽)
平凡社

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 原田泰治 野の道を歩く画家 (別冊太陽) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
「原田泰治」さんの原画きれいで見てるだけで心まで優しく
なれるのでしょうね。
本当の作品を拝見し事は無いのですが童話を感じる暖かい
思いやりの作品、昔、昔の原風景すら感じられますね。
あいべん
2013/01/03 16:42
あいべんさん。
原田泰治さんは日本の都道府県の全部を周られたと話してくださいました。直接その土地の人と話をして取材し、それをもとに絵を描かれるそうです。
地域ブロックごとに展示されていて、その土地の風習なども観られました。私は記念切手が大好きなので、その原画に触れるいい機会になりました。
komichi
2013/01/03 22:05
おはようございます!
かつて、新聞の日曜版で親しみました♪
郷愁を感じさせる童画のように優しい絵は、
記念切手にピッタリかもしれませんね!
最近の記念切手は印刷技術が進んだせいか、
キレイになりすぎてしまったような気がしますけど…
私もつい、買ってしまいます(^^)
sasapanda
2013/01/04 10:30
sasapandaさん。
わたくしもかつて新聞で見ていた記憶があります。
この原田泰治氏の記念切手はかなり売れたそうです〜♪
私はおもに植物の描かれた切手を買うことが多いですけど、季節を感じる切手を貼って手紙を出すのが好きです。
komichi
2013/01/04 23:43
切手の原画ですか!
最近は手紙を書く事もしなくなって、切手を見る事もなくなってます。。。 好きなんですよ、切手。
原画が素敵ですね!
何とも言えず、あのおじさまが画がいたとは思えない可愛さと素敵さ!(笑)
写実的な画も良いけど、メルヘンチックな優しい画も大好きです。

昔の話ですけど、大切な人に出す手紙には切手を選んでました〜 ♪
それなりの人には、年賀状で貰ったたくさんあるもので(笑)
木の葉
2013/01/05 09:31
木の葉さん。
私は郵便局に行くと必ず記念切手のファイルを眺めて、気に入ったものがあると、つい買ってしまいます〜(笑)。
小さな切手の世界のなかに、命が吹きこまれているようで…受け取る人のことを考えながら選ぶ楽しさが、何ともいえません〜♪
故郷を想い出すような気ってもいいものですね。。
私も事務的な手紙には年賀切手などを貼ってしまいます(笑)。
komichi
2013/01/05 09:57
原田泰治さんの原画をもとに、滋賀在住の宮谷孝子さんという方が以前私の街で個展を毎年開かれていました。
昔懐かしい絵を布で再現してあるそれは、本当に見事なものでした。

今回は切手原画展なのですね。
原田さんの絵は、心が和みますね。
諏訪市にある美術館、ぜひ行きたいと思っています。毎年そう思ってるのですがまだ伺えなくて。。
ハーモニー
2013/01/07 11:48
ハーモニーさん。
以前ハーモニーさんのブログで滋賀在住の宮谷孝子さんの作品を拝見したことがありましたね〜♪どれも素晴らしい作品だった記憶があります。

今回は「ふるさと心の風景」シリーズの最終章だそうで、この切手のシリーズとしては最後の展覧会だそうです。
諏訪の美術館でもゆっくり眺めてみたいですね♪
komichi
2013/01/07 21:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
■原田泰治「ふるさと心の風景」展■ 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる