芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■奇跡のクラーク・コレクション−ルノワールとフランス絵画の傑作−■展

<<   作成日時 : 2013/02/17 00:16   >>

トラックバック 0 / コメント 12



風の冷たい2月13日の夕暮れ、丸の内・三菱一号館で開催された
■奇跡のクラーク・コレクション−ルノワールとフランス絵画の傑作−■展
の特別内覧会へ。

歩道を渡って、隣の新東京ビルのmarunouchi cafe 倶楽部21号館で
学芸員の阿佐美淑子さんから展覧会の解説を伺った後
美術館で8時までゆっくり鑑賞しました。

クラーク美術館はシンガーミシンの共同創設者の孫の
ロバート・スターリング・クラークと妻のフランシーヌが
収集したルネッサンスから19世紀末までの傑作を集めたコレクション。
今回はその中から印象派の作品を中心に集められています。

ニューヨークから車で4、5時間のマサチューセッツ州西部
バークシャーにあるクラーク美術館の改築工事のため世界巡回で
日本に初上陸したもの。

今回展示作品73作品中なんと59作品が、初来日という奇跡。


クラークコレクション展
ピエール=オーギュスト・ルノアール《劇場の桟敷席(音楽会にて)》1880年 油彩/カンヴァス

奇跡のクラーク・コレクション−ルノワールとフランス絵画の傑作−■

2013年2月9日(土)〜2013年5月26日(日)

木・金・土   10:00〜20:00
火・水・日・祝 10:00〜18:00

休館日 月曜(祝日の場合は18:00まで開館、翌火曜日休館。5月20日(月)は開館)

三菱一号館美術館美術館

★公式サイト
http://mimt.jp/clark/

お問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

★巡回
兵庫県立美術館
2013年6月8日(土)−9月1日(日)
〒651−0073
兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
TEL 078-262-0901


展覧会2
コローの作品から・・・


展覧会3
クロード・モネの作品から・・・


展覧会1
カミーユ・コロー《サン・タンジェロ城、ローマ》1835−40年


三菱一号館b


クラシックなインテリアも三菱一号館美術館の魅力のひとつ


三菱一号館a


コロー
カミーユ・コロー《ボッロメーオ諸島の浴女たち》1865−70年



ミレー
ジャン=フランソワ・ミレー《羊飼いの少女、バルビゾンの平原》1862年以前 油彩/パネル


菊
ジェームス・ティソ《菊》1874年-76年頃 油彩/カンヴァス

ドガ
エドガー・ドガ《稽古場の踊り子たち》1880年


蛇使い
ジャン=レオン・ジェローム《蛇使い》1879年頃 油彩/カンヴァス


鳥と少女
ピエール=オーギュスト・ルノアール
《鳥と少女(アルジェリアの民族衣装をつけたフル―リー嬢)》1882年 油彩/カンヴァス



三菱一号館美術館

夕暮れの三菱一号館美術館から・・・







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
すばらしい絵画の数々・・・どれも息をのむ程の美しさです。日本に初上陸したものを見られて良かったですね。写真からも、それら印象派の作品の美しさが伝わってきます。
そして、三菱一号館美術館のインテリアの美しさにも目を奪われます。
庭花
2013/02/17 16:11
それにしてもkomichiさんには関心します。
これだけの数をこなす(?)(変な表現ですが)
行動力はヨガで鍛えた肉体と心から生まれて来てるの
でしょうか?(^^)。
本物をこれだけ沢山見れば眼も肥えて来るはずですね(^^)。
あいべん
2013/02/17 16:51
庭花さん。
今回はクラーク美術館の改築工事が始まったため、世界をこのコレクションが巡回することになって、日本にもやって来ました〜!
そうでなければ遠くまで足を運べる人も少ない美術館ですから観る機会に恵まれません。とても幸運な展覧会です〜♪
印象派の展覧会は日本でも多く開催されていますけど、はじめて来日した作品も多く素晴らしい機会を得ました。
komichi
2013/02/17 22:17
あいべんさん。
仕事をしている頃は毎日忙しくて…なかなかゆっくりとする時間がなかったので、今は自分の好きなことを優先して行っています。
好奇心のあるうちは自分の足と目で見ておきたいと願っています。
たくさん見ていてもなかなか目は肥えません〜(笑)。
komichi
2013/02/17 22:28
まず、美術館が素敵ですねぇ〜!
この場所に居ることだけでもいいなぁと思います。
絵画を飾るだけではなくて、雰囲気も大切だと思ってますから。

しかし、世の中凄いコレクションをされる方が居るものですね。
だから、今も昔のまま保存されて見れるわけですけど。
印象派の絵画もいいですね。
素直に見れます〜(笑)
素直に美しいです。
木の葉
2013/02/18 10:24
木の葉さん。
この三菱一号館美術館は明治に建てられたものを2009年に復元したもので、当時のレンガと同じ煉瓦を作らせたりと、様々な苦労の末新たに建設されました。
それでかつてのインテリアも復元してあって、とっても雰囲気のいい美術館です〜♪
日本人の好きな印象派の絵画を中心とした今回の展覧会は穏やかで優しい感じがしました。初めて観た作品も多くもう一度出かけようと思っています。。
komichi
2013/02/18 22:25
komichiさん(^^)
こんばんは。
3月に東京に行きますので、時間があれば行きたいです。
情報をありがとうございますm(_ _)m
詩音連音
2013/02/19 18:41
詩音連音さん。
こんばんは〜!
クラークコレクションは今回以降、日本ではたぶん出会えない作品が多いので、この機会にご覧になるといいですね〜♪
三菱一号館美術館は東京駅からすぐですし、行きやすい場所かもしれません。。
komichi
2013/02/19 21:18
おはようございます!
いつも刺激的な展覧会のご案内ありがたいです♪
三菱一号館も前は何度も通過してますが(^^)中に入った事はまだ…
クラークコレクションも魅力的な作品が有りますね♪
行ってこようかな!モネ観たいし♪
sasapanda
2013/02/20 09:43
sasapandaさん。
この展覧会はもしお時間があればご覧になっておくといいかなぁ〜と思っています。クラーク美術館ははるか遠くの美術館ですし、今回のように巡回することはもうチャンスがないかもしれません。。
印象派の作品が好きな方なら何よりの展覧会だと思います〜♪
komichi
2013/02/20 10:17
クラーク・コレクション、知りませんでした。
確かに日本へ来る機会は滅多にないでしょうね。なかなか選りすぐりの印象派の絵があるのですね。三菱一号館美術館でやっているのですか。
う〜ん、行こうかどうか迷ってます。

ミクミティ
2013/02/23 19:20
ミクミティさん。
この展覧会には印象派、とくにルノアールの作品が多く展示されています。お好きな方でしたら何よりな展覧会かもしれません。。
お時間あれば・・・ぜひ。。
komichi
2013/02/23 21:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■奇跡のクラーク・コレクション−ルノワールとフランス絵画の傑作−■展 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる