芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■ラファエロ■上野・国立西洋美術館

<<   作成日時 : 2013/03/24 15:58   >>

トラックバック 0 / コメント 18



満開の桜うつくしい上野の森・国立西洋美術館で
現在開催中の■ラファエロ■展へ。

日本で初めてのラファエロ展。
ルネッサンスの優美な世界が
ラファエロの繊細な筆遣いで立ち昇ります。

ラファエロの《大公の聖母》作品はじめ
ラファエロが影響を与えた周辺作家の作品や
版画や工芸作品など約60点が展示されています。

貴重な作品に出逢える素晴らしい展覧会。

ヴァチカン宮殿回廊の建築資材運搬人から
画家に転職したとされるカラヴァッジオの
《カルヴァリオの丘への道行》も展示され
小作品ながら異彩を放っていました。


ラファエロ展


ラファエロ展2


■ラファエロ■上野・国立西洋美術館

2013年3月2日(土)〜 6月2日(日)

午前9時30分〜午後5時30分
毎週金曜日:午前9時30分〜午後8時

休館日:月曜日(4月29日、5月6日は開館。5月7日は休館)

★国立西洋美術館
http://www.nmwa.go.jp/jp/index.html
〒110-0007東京都台東区上野公園7番7号

ルネサンスを代表する画家ラファエロ・サンツィオ(1483−1520年)。ルネサンス絵画を完成させ、後の画家たちの手本となったラファエロですが、作品の貴重さゆえに展覧会の開催はヨーロッパにおいてもきわめて難しいとされています。本展はヨーロッパ以外では初となる大規模なラファエロ展です。
本展にはペルジーノらの影響が色濃く残る修業時代の作品から、レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロに触発されたフィレンツェにおける作品、そして1508年にローマへ上京し、教皇のもとで数々の大規模プロジェクトに携わった晩年の作品まで、20点以上のラファエロ作品が集結します。特に《大公の聖母》はラファエロの描いた数ある聖母子像の中でも、最も有名なもののひとつです。さらにラファエロの周辺で活動した画家たちや、彼の原画による版画、それを図案化した工芸品等に至るまでを合わせ、計約60点が会場に並びます。以後の美術表現に絶大な影響を与えた画家ラファエロの全貌を知る、絶好の機会となるでしょう。

T・画家への一歩
U・フィレンツェのラファエロ−レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロとの出会い
V・ローマのラファエロ−教皇をとりこにした美
W・ラファエロの承継者たち



大公の聖母
ラファエロ・サンツィオ《大公の聖母》1505-06年 油彩/板 84.4x55.9cm
フィレンツェ、パラティーナ美術館 ©Antonio Quattrone



べルナルド・ドヴィーツィ枢機卿の肖像
ラファエロ・サンツィオ《べルナルド・ドヴィーツィ(ビッビェーナ)枢機卿の肖像》1516‐17年
油彩/カンヴァス86,3×65,9cm フィレンツェ、パラティーナ美術館 ©Antonio Quattrone



リンゴを持つ青年
ラファエロ・サンツィオ《リンゴを持つ青年(フランチェスコ・マリア・デッラ・ローヴェレの肖像)》1504年
油彩/板 47,4×35,3cm フィレンツェ、ウフィツィ美術館 ©Antonio Quattrone



エリザベッタ・ゴンザーガの肖像
ラファエロ・サンツィオ《エリザベッタ・ゴンザーガの肖像》1504年 油彩/板 52,9×37,4cm
フィレンツェ、ウフィツィ美術館 ©Antonio Quattrone



自画像
ラファエロ・サンツィオ《自画像》1506年頃 油彩/板 47.3x34.8cm
フィレンツェ、ウフィツィ美術館 ©Antonio Quattrone


★ラファエロ・サンティ(Raffaello Sanzio da Urbino)
1483年イタリア、ウルビーノ公国にウルビーノ公宮廷画家ジョヴァンニ・サンティ (en:Giovanni Santi) の息子として生まれた、ルネッサンスを代表するイタリアの画家、建築家。
レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロとともにルネッサンスの三大巨匠といわれている。
1520年、37歳で亡くなるまで大きな工房を構え、バチカンの教皇や貴族に絶大な人気を持ち、多くの作品を生み出した。

三大巨匠
讀賣新聞より



桜の花びら降り始めた3月22日、上野の森。
たくさんの人が夕暮れのお花見をしていました。


上野公園1



上野公園2







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
ラファエロは超有名なので、言うまでもないので置いときまして、桜が凄い!
人が写っては居ませんが、凄い人だったことでしょうね。
テレビでみて、わっ、歩くのも大変そうだと。
都会の方は皆さんお出かけになるんですね。
人の居ない場所に住んでると、大勢の人に疲れる今日この頃です(笑)
木の葉
2013/03/24 16:19
こんばんは〜(^^)。
本当に東京桜満開なのですね。
私は少しへそ曲り・・(笑)。
名所、観光地の桜見に行かない・・。
今日も清水のライトUPに動向依頼があつたけど丁寧に
お断りしました。(笑)。
撮影ポイントが決まり制約が多い撮影指導など私には無理です(笑)。
絵画は私がコメントしない方が・・(笑)。
あいべん
2013/03/24 18:34
木の葉さん。
夕方、ラファエロの展覧会に出かけたら、上野の森の桜がちょうど満開でした。もうたくさんの人がそぞろ歩きをしていました。
私はちょっと覗いて…展覧会場にはいりましたけど、ロープを張った中では宴会の準備も着々と進んでいました〜(笑)。
komichi
2013/03/24 20:37
あいべんさん。
我が家の桜はまだ2,4分咲きですけど上野の森はもう散り始めた花もありました。名所と言われるところの花見はたしかに綺麗ですけど、人出の多さが凄いですね!花の時期は短いので、仕方ないのでしょうと、今はあきらめて時間や日を少しだけ、ずらして出かけています。
清水のライトupも綺麗でしょうね。。
ちょっと気になる私です(笑)。。
komichi
2013/03/24 20:42
柔らかな雰囲気の中にまるで写真のような正確なタッチ
この時代は写真代わりの肖像画は大切なものだったのでしょうね
3人の巨匠の1人のラファエロは建築家でもあったのですね、
会期も長いようなので出かけてみます。
今日は都心に出たついでに代々木公園を歩きました
桜が満開!人も満開! すごいですねえ東京のお花見は。。
上野のお花見はそれ以上だったにちがいないですね
komichiさんの桜の写真が余りに素敵なので、
ここでお花見させてもらいまました
感激です
コケ魔女
2013/03/25 00:06
こんばんは!
ラファエロ一人の展覧会というのは、初めてなのですね!
しかし、よくイタリア国外に出してくれましたね♪
東京の美術館で鑑賞出来るなんて贅沢すぎます!
ルネッサンス期のイタリアの歴史が見えてくる肖像画の数々、興味深いです!
sasapanda
2013/03/25 18:57
コケ魔女さん。
ラファエロの絵画を見る機会が今までなかったので
今回20点ものラファエロ作品を間近で観ることができて
嬉しかったです〜♪
彼の描く肖像画はどれも目線が独特で好きです!
衣装などの質感まで繊細に描かれていてすごいです〜♪
外は満開の桜、たくさんの人がそぞろ歩きをしていました。。
komichi
2013/03/25 22:28
sasapandaさん。
日本では初のラファエロ展です〜!!
ヨーロッパでも、なかなか大規模な展覧会は
許されないようですから・・・僥倖です〜♪
関係者の努力と信頼関係があって
初めて成り立つ展覧会でしょうね。。
ラファエロの肖像画はちょっとミステリアスな表情が素晴らしく好きです〜♪緋色の発色も500年も前のものとは思われない美しさです!
ヴァチカン美術館からも出展されていて、感激です!
komichi
2013/03/25 22:38
komichiさん(^^)
こんばんは。
komichiさんのブログでお花見させていただきました。
満開の上野の桜・・・ひらりひらり花びらが舞い・・・。
ぐるり不忍池・・・。
昨年のことを思い出していました(^^)
残念ながら今年はこちらで桜を待ちます。
>日本では初のラファエロ展
あ〜ん、行きたい観たいですゥ〜。
詩音連音
2013/03/26 17:18
詩音連音さん。
今年の桜はいつもよりずいぶん早く咲きだして…
お花見が追いつきません〜(笑)。
ラファエロの展覧会はこの先これだけまとまって観られるかどうかわかりませんから、遠いですけど、お時間作ってぜひお出かけください。。
komichi
2013/03/26 21:02
ラファエロ展、日本いやヨーロッパ以外初なんですねー、すごいことですねー、それだけ貴重な作品という事・・かなりの人を動員することでしょうね、ジックリご覧になってきて下さい。。

上野公園の桜、満開ですね・・東京にいる時でも此処に足は向かわず・・お花見は近くの公園などで・・花を愛でるより人を愛でる感じorz・・・
白いねこ
URL
2013/03/26 21:34
白いねこさん。
ラファエロ展、またいつ観られるかわかりませんから…早々に観てきました〜♪ちょうど上野の森は満開の桜で、展覧会場は意外に空いていました〜♪夕方の時間帯が展覧会を観るのには一番いいように思います。
展覧会に行ったので、ついでのお花見でしたが夜の宴会用のシートもびっしり敷いてありました〜(笑)。
komichi
2013/03/26 21:54
春の西洋近代博物館は、いい企画展やってますね!
確か昨年は「ユベール・ロベール展」でした。
いつも、大きな看板が印象です。
上野は昨年から改装され明るい公園になってきました。
komichiさんの美術館めぐりに案内させて
ゆったりと質の高い時間を過ごしてみたいな
清兵衛
2013/03/27 19:07
清兵衛さん。
最近東京の美術館は素晴らしい企画展が多く充実しています。
なかでもこちらの美術館は建物の改築も終え、万全な状態でラファエロの作品を受け入れたような気がします。
博物館の前も綺麗に整備され明るい印象になりましたね♪
なかなか観ることのできない作品に出逢えるのは、ほんとうに嬉しいことです〜♪
komichi
2013/03/27 22:25
ラファエロ展、行かなくてはと思いながら時間が経ってしまいました。
やはり日本で見られることは、今後もまずないでしょうからね。
桜の満開の時期に訪ねられてよかったですね〜。
ミクミティ
2013/04/01 22:17
ミクミティさん。
これだけ一度にたくさんのラファエロ作品に出会えることは、ないようですので、私ももう一度観ておこうと思っています。
さくらも満開の時期に観ることができて、ほんとうによかったです♪
komichi
2013/04/01 23:10
こんにちは。上野のブログを読んでたらコチラのブログに辿り着きました。写真が綺麗でオシャレなブログですね。羨ましいです。
萌音
URL
2014/03/19 20:38
萌音さん、こんばんは!
私のブログに立ち寄って、コメントまで残してくださってありがとうございました〜♪
上野の森には展覧会などでよく出かけています。。
komichi
2014/03/19 21:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■ラファエロ■上野・国立西洋美術館 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる