芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■かわいい江戸絵画■府中市美術館から

<<   作成日時 : 2013/03/20 14:57   >>

トラックバック 0 / コメント 10



現在■かわいい江戸絵画■展を開催中の
府中の森公園内にある府中市美術館へ。

初夏の陽気の公園には
ソメイヨシノの開花も始まって…
コブシの花が満開です。

「かわいい」という言葉が好きな日本人。
その言葉の内にある、想いを絵画に
込めた江戸の作品たちがならびます。

かわいそう〜慈しみ〜おかしさ〜純真、無垢〜
小さなもの、ぽわんとしたもの〜

「かわいい形」
幾何学、省略、繰り返し

「子供のかたち」
つたなさの魅惑
素朴をめぐる図
絵本

「かわいい江戸絵画」
虎の悩ましさ
応挙の子犬
国芳の猫

「かわいい名画選」

こんなタイトルが導く心温まる展覧会です。

かわいい江戸絵画


■かわいい江戸絵画■府中市美術館

2013年3月9日(土)−5月6日(月・祝)

☆全作品の展示替えを行います。
前期 3月9日(土曜日)から4月7日(日曜日)
後期 4月9日(火曜日)から5月6日(月曜日)

休館日:月曜日(4月29日、5月6日をのぞく)
    3月21日(木曜日)、4月30日(火曜日)

午前10時〜午後5時

★公式サイト
http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/index.html

日本絵画史上、「かわいらしさ」が作品の重要なポイントとして打ち出されるようになったのは、およそ江戸時代のことではないでしょうか。円山応挙は、地面を転がるように駆け回る子犬たちの絵を確立し、歌川国芳うたがわくによしは、愛らしくもややこしい猫の魅力を引き出しました。禅僧仙がいは、難解な禅の教えを、思わずほほ笑んでしまうような子供や動物の姿に託しています。また、かわいらしい題材を描いたものだけではなく、たとえば、文人画の山水や人物にも、見る者の心を和やかにしてくれるものがあります。はかないもの、頼りないものへの共感や愛惜が、あえて素朴に描かれた線や形そのものに対して湧き上がるのかもしれません。
はかないものや可憐なものに寄せる思いや慈しむ気持ち、あるいはユーモラスに感じることなど、私たちが「かわいい」という言葉で表すことのできる感情は、実にさまざまです。江戸時代の人々は、そんな豊かな心の動きを絵に表し、絵を通じて楽しみました。
また、「かわいい絵」が盛んに楽しまれた背景の一つには、かわいいものを「それらしく」表現する方法が確立されたことがあるでしょう。幼い子供や子犬は、時代を問わず「かわいいもの」だったはずですが、古代や中世の絵に、私たちの目から見て、かわいらしいと思えるようなものは、あまり見当たりません。つまり、「かわいいもの」と「絵としての表現」は別だと考えればよさそうです。現代人を魅了してやまない子供や子犬の絵を描いた応挙や長沢蘆雪ながさわろせつ。「写生」の画家と言われる彼らですが、ただカメラで撮影するように対象を写しただけで、かわいいと感じる絵ができ上がるでしょうか。彼らは、かわいいものを「かわいい形」として描く術を模索し、確立したのだと言えるでしょう。
かえりみれば、造形が立派かどうか、精神の高邁さといった観点から語られてきた美術の歴史の上で、「かわいい」という言葉が使われることは殆どなかったように見受けられます。このたびの展覧会では、近年ちまたで注目を浴びているこの言葉をあえてキーワードとして、これまで見落とされてきた江戸絵画の魅力の根幹に迫ります。


円山応挙 狗児図 
円山応挙《狗児図》 



仙がい義梵 大黒天図
仙がい義梵《大黒天図》



kawaii
右:長沢蘆雪《豊千禅師図》
左:仙豪`梵《虎啼風生図》 



猫のすずみ
歌川国芳《猫のすゞみ》渡邊木版美術画舗蔵



かわいいたんけんたい1

会場入り口でいただいた展覧会クイズ
正解だと帰りに絵葉書がもらえます。

かわいいたんけんたい2


府中市美術館
★府中市美術館
〒183-0001
東京都府中市浅間町1丁目3番地
(都立府中の森公園内)
電話:042-336-3371(代表)
e-mail:bijyutu01@city.fuchu.tokyo.jp


公園内のコブシの花がみごと、満開でした。

コブシ(辛夷)


コブシ(辛夷)


コブシ(辛夷)


コブシ(辛夷)







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
京都でもコブシの花モクレンの花が咲いてきました。

かわいい・・にふさわしい絵ですね。
私でも安心して見れそうな肩に力入れなくても
お気軽に観賞できそうな絵ですね(笑)。
あいべん
2013/03/20 16:10
きゃっはっは、確かに可愛い!大黒天さまなんか笑っちゃう♪可愛いのって、みんな好きですよね・・・だって萌え〜な文化だから・・・(意味不明・・・笑)山口もコブシが満開です!ソメイヨシノは1〜2分咲きです♪
こりす
2013/03/20 17:12
あいべんさん。
コブシの花も満開になって…いい香りをさせていました♪

江戸絵画を「かわいい」を切り口に企画したところが、なかなかすごいなぁ〜と感心しました〜♪
どの絵も愛らしかったり、ユーモアあふれていたり…とても楽しめました。。
komichi
2013/03/21 00:00
こりすさん。
「かわいい」日本文化は江戸時代からあったのですね!
さすが漫画の国、日本です〜(笑)。
切ない可愛さや、小さきものへのいたわりとか…「かわいい」が持っている意味を考えた展覧会でした♪
komichi
2013/03/21 00:03
かわいい江戸絵画展とは素敵ですね。
江戸時代の絵画表現も、想像以上にバラエティがありますよね。江戸時代の庶民芸術の幅の広さをあらためて感じます。
それにしても、コブシの花が見事ですね〜。まさに穢れ無き白という感じです。
ミクミティ
2013/03/22 22:30
ミクミティさん。
江戸時代から描かれはじめた、可愛い江戸絵画。
「かわいい」の表現をさまざまなグループに分けて展示していました。漫画文化のはしりが垣間見れました〜♪
この時はまだソメイヨシノが2,3分咲きでしたが、コブシが満開で綺麗でした♪
komichi
2013/03/22 22:36
かわいいは江戸時代からですかぁ?
生活自体がどのようなものか良く分からないのですが、心は穏やかで、ゆとりもあったんですね。どんな生活を想像してるの?って話ですけど。。。
可愛いにも種類があると思いますが、私的には最近は意味もなく、ぽわぽわした生き物らしき創造物が好きです。
ゆるキャラもその一つ? でもこれは緩くないメロン熊が好きですけどね(笑)

こぶしの花が綺麗!
こんな間近はそうは見れないですから〜! ♪
木の葉
2013/03/23 09:10
こりすさん。
江戸時代は文化の成熟を迎えた時期ですから、「かわいい」という表現も生まれたのでしょうね。。
庶民の楽しみも広がって…ユーモアや風刺の効いた作品も受け入れられたようです。犬や猫など生活の中にいる動物に対する愛情などが「可愛い絵画」を生んだのかもしれません。。
ふんわりしたものなど心癒されますね〜♪

桜にはまだ早かった府中の森でしたがコブシが満開でした〜♪
komichi
2013/03/23 22:18
こんばんは!
明るくクリアな辛夷の写真、見とれました♪

「かわいい」が、コンセプトって、おもしろい企画ですね!
国芳の猫はともかく、円山応挙の子犬は愛らしいですね♪
東博の裏庭に有る応挙館の襖絵が子犬だったような…
お花見を兼ねて確かめに行こうかと思っていました(^^)
伊藤若冲の子犬の絵も、よりデフォルメされていて、かわいいですよ♪
なにしろ、ゆるキャラ含めて、可愛いもの大好きsasapandaですので♪
sasapanda
2013/03/25 18:46
sasapandaさん。
この日はこちらの桜は2分咲き位でしたが
コブシの花がくっきりすっきり美しかったです♪

「かわいい」の中にある様々な感情をテーマに
角度を変えた作品が展示されていて・・・
こちらの美術館の知恵が感じられました。
前期と後期では展示作品もかなり違うそうなので
前期のチケットで後期の入場料金が半額とか…
工期も行ってみようと思っています。
応挙の子犬はふんわりしていて、ほんとうに可愛いです〜☆
komichi
2013/03/25 22:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■かわいい江戸絵画■府中市美術館から 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる