芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS 三宅岳写真展■みちしるべ 岩田潤泉さんの道標■

<<   作成日時 : 2013/04/28 14:50   >>

トラックバック 0 / コメント 6



藤野在住の写真家・三宅岳さんから
三宅岳写真展■みちしるべ 岩田潤泉さんの道標■
のお知らせをいただきました。

自然をフィールドに撮影をする三宅さんが
山で出逢った道標(みちしるべ)。
その作者・岩田潤泉(いわたにいずみ)翁の
山への想いがユニークなアートになった道標。

翁の反骨精神から生まれるユーモアと存在感を
三宅さんの写真が伝えています。


みちしるべ1


三宅岳写真展■みちしるべ 岩田潤泉さんの道標■

2013年5月14日(火)〜26(日)月曜定休・入場無料

火曜〜土曜11:30〜21:00 日曜:11:30〜18:00

☆18日、17時より岩田さんのトークショーを予定。
定員は70名先着。いったん16時に会場を閉めてから、
17時に再入場となります。

☆お問い合わせ:
http://homepage3.nifty.com/GAITEN/
三宅岳 神奈川県相模原市緑区牧野3773-3
Tel:080-1114-4829


みちしるべ2

「丹沢山塊の最果て、富士山や箱根とも境を接するのが、不老山から三国山、篭坂峠から立山・畑尾山にいたる、静岡県小山町の山域です。
この山々に大いなる魅力を添えているのが、みちしるべ=道標です。大正15年生まれという岩田澗泉(いわたたにいずみ)爺が、平成6年より個人で立てはじめた「みちしるべ」。それは、登山者に来し方行く末を知らせ、安全に導くという正しい道しるべでありながら、その一方で、圧倒的にユニークなパブリックアートでもあります。現在では岩田爺のみちしるべを見たさに、この山々に足を運ぶ登山者さえ少なくはないほどの、見事なアート。圧倒的な存在感、唯一無二のユーモア、そして沸々たる情熱のアイロニー。
米寿まですぐそこという古老の地元の山に対する熱い熱い思いが、ごっそり詰まった道標です。

今回の写真展は、そんな爺のみちしるべを、多くの人に知ってもらい存分に楽しんでもらおうと思い企画しました。撮影した道標にも、すでに誰かにより撤去されたもの、経年変化で色あせたものもかなりあります。写真となって再現される、岩田澗泉の世界。全体からディテールまで、少しでも味わっていただければ、と思います。そして、少しでも岩田爺の支えになっていただければ、これに増す喜びはありません。岩田爺の応援団が増えれば、さらなる作品にもつながると考えております。なお、会期中には岩田爺のトーショーも考えております。爺の温厚で情熱的で、そして摩訶不思議なる人柄にふれていただければ!ぜひ足をお運び下さい。」(三宅岳)


★東中野駅前ポレポレ坐 spase☯cafe
cafe
アートスペース
http://za.polepoletimes.jp/
〒164‑0003
東京都中野区東中野4‑4‑1 ポレポレ坐ビル1F
メール:space-cafe@polepoletimes.jp
TEL:03-3227-1405
FAX:03-3227-1406
担当:中植きさら

JR総武線 東中野駅 西口より 徒歩1分
都営地下鉄大江戸線 東中野駅 A1出口より 徒歩1分
営団地下鉄 東西線 落合駅より 徒歩10分

map








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます(^^)。
最近写真展の連絡が仲間から来なくなった・・。
活動してないのかどうなったのか(笑)。
写真で飯の食える時代が遠〜ぃ昔に終わったからなのか・?
社員カメラ担当では満足出来ないからやめたのか・・。
時代が変わりましたね。
そんな中で活動されてる写真家素晴らしいですね(^^)。
あいべん
2013/04/29 05:07
あいべんさん。
この展覧会を開催される三宅岳さんは、主に山岳写真などを撮影して山岳雑誌や写真集などを発表されています。
藤野では絶滅も危惧されているギフチョウの貴重な写真も撮影されて…懸命に森を守ることを写真に撮り続けています。。
キノコにも詳しくて…時々教えてもらっています〜(笑)。
こういう時代でも頑張っている写真家の三宅さんにエールを贈りたいと思っています。
それだからこそ、岩田澗泉翁にシンパシーを感じているのでしょうね。。
komichi
2013/04/29 20:49
道しるべですか。
そういえば何処かへ行ったときには、有難かったりしますね。
…山にも何処にもほとんど出かけない私、目にすることもありませんけど、道しるべで知る情報は大切なものですよね。
写真に残されてるんでしょうか?
そこも凄いですね。
人の心も色々で面白いです。
木の葉
2013/04/30 17:24
木の葉さん。
ふつう道標というと、公共的な味気ないものが多いのですが、この翁の作った道しるべはユーモアと共に山への愛情があふれていて楽しいものです〜♪
山岳写真家の三宅岳さんがそれを撮影してする展覧会です。
私もこちらに出かけてみようと思っています。。
komichi
2013/04/30 20:47
こんばんは!お久しぶりです♪
藤野の春は着実に深まって来てますね♪
ご案内の写真展、道標に目が行くのは山岳写真家の方だからとはいえ、
こんなステキな道しるべに出会ったなら疲れは、吹っ飛びますね♪
sasapanda
2013/05/03 01:04
sasapandaさん。おはようございます!
藤野、風は冷たいですけど緑はもう初夏のような感じになってきました〜♪毎朝鳥たちの鳴き声が賑やかです。。
私は丹沢の方を山歩きしないので、この道標に出逢ったことがないのですが三宅さんにはお庭のようなところでしょうから、いつも目にしているのだと思います。
疲れた時に見るユーモアのある道標は嬉しいですよね〜♪
komichi
2013/05/03 10:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
三宅岳写真展■みちしるべ 岩田潤泉さんの道標■ 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる