芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS 第14回■藤野ぐるっと陶器市■2013

<<   作成日時 : 2013/04/15 00:25   >>

トラックバック 1 / コメント 8



今年も■藤野ぐるっと陶器市■の季節となりました。
新たな参加も増えて、ますますバージョンアップした
陶器市にどうぞお出かけください。



ポスター


第14回■藤野ぐるっと陶器市■2013

20135月18日(土)⇒19日(日)

朝10時−夕方5時迄

芸術のまち〈藤野〉で今年も5月18日(土) 19日(日) に
「藤野ぐるっと陶器市」が開催されます

芸術を大切に育ててきた〈藤野〉
創造力豊かな作家たちの住むこの〈藤野〉の陶器市では

毎年、より多彩な作品が生まれ続け、
来訪者も増えつづけています。

『第14回藤野ぐるっと陶器市』
今年もアトリエやお店を[ぐるっと]めぐり
緑豊かな自然や個性あふれる器を
ゆっくりお楽しみ下さい


studio fujino
【1】studio fujino初参加
http://www.studiofujino.com/
TEL: 080-6709-2424(当日のみ) 佐野川地区
竹林の中の古民家ギャラリー
▶ 熊谷 孝治     土器と土偶
▶ guido de zan  器とオブジェ
▶ 日々器 中田麻子 日々の暮らしの中にある器
▶ 菊池秀二      染め付けの皿
▶ 矢野広道  花器
▶ 堀 道広  金継ぎ作品の展示
      19日は「漆継ぎ」のワークショップを開催
▶ HARRYS 土屋 琴  ガラスの容器やアクセサリー
▶ ありしろ道具店  木の器とカトラリー
▶ studio fujino  器まわりの木製品
▶ ayapancholîna  酵母ぱん×サンド+のみもの



ふじのね
【2】藤野観光案内所「ふじのね」
http://huzinone.jugem.jp
TEL 042-687-5581 JR中央線 藤野駅改札横
▶ 藤野在住作家さんの作品と藤野特産物、月替わりのアート常設展、
  陶器市のパネル展をしています。
▶ 18日は、駅前マーケットを開催しています。ぜひ、お立ち寄りください。




カフェShu2
【3】カフェレストラン Shu
http://cafe-shu.com/
TEL: 042-687-2333 日連地区
11:00 AM〜9:00 PM(ラストオーダー8:30 PM)
目の前に広がる畑で採れた野菜をたっぷり使った美味しいご飯
スモークドチーズケーキ〈森のイプセ〉、手作りスウィーツ、自家製ドリンクなど。
▶ 陶芸家・鷹尾葉子    抽象絵画のようなタッチで温もりのある個性的な器
▶ ガラス作家・高橋禎彦 日本を代表するアーティストの吹きガラス
▶ 陶器市イベントインフォメーション(参加作家の作品展示・案内)



セージカフェ
【4】Sage café(セージ カフェ)
http://fujino.hippy.jp/sagecafe/
TEL: 042-687-5336 日連地区
ナチュラルごはん(ベジ・ヴィーガン歓迎!)、
おやつ、お茶、芸術作品の展示・販売。




静風舎2
【5】静風舎
http://seifu-sha.net
TEL: 042-687-5235 名倉地区
▶ 柿崎さえみ 静風舎とのコラボ 陶版画と日本画作品展
▶ 陶芸家 副島泰嗣・微美子による白磁、染付作品の展示即売。



FOREST MARKET1
【6】FOREST MARKET
TEL: 090-2424-6801(当日のみ) 
名倉地区(静風舎となり)
▶ アキノヨーコ    毎日うれしい吹きガラスのうつわ・イロイロ
▶ ISAMU & KEIKO 襲帯文様と練込みの器
▶ 内山亜矢子 半磁器の丈夫な器と耐熱の器
▶ 手染め・キリン堂 草木・藍・土・ベンガラ染めの小物からTシャツ。
  コットン・リネンのナチュラル服「Happy Kashi」
▶ 水嶋圭子 ドットの器
▶ レアスタイル La-styleが作る・ 器style!
▶ 和田忠実    陶房Gubi・普段使いの器
▶ 煙の魔法「燻製酒場」 モクモクスモークしながらの青空酒場
▶ pepe★su.ma バインミーpepeと天然酵母パンsu.martのコラボ
    サンド屋。ベジメニューアリマス!


 

里山長屋
【7】里山長屋(18日のみ) 初参加
http://ameblo.jp/satoyamanagaya
TEL: 080-4134-3883(当日のみ) 名倉地区
▶ 石渡磨美 日々の暮らしのうつわ。粉引しのぎ等。
▶ 里山長屋市 パーマカルチャー塾卒業生大集合!
(インドカレー、カフェ、雑貨etc)



芸術の家
【8】神奈川県立藤野芸術の家
http://www.fujino-art.jp
TEL: 042-689-3030牧野地区
▶ CLAFT FAIR(陶芸作品などの展示、販売)、
やきとり・軽食などの出店販売あり。
▶ 陶器市インフォメーション



野山の食堂
アートビレッジ
【9】アートビレッジ & 野山の食堂
http://www.fujino-artvillage.com
TEL: 090-5564-6776(当日のみ)野山食堂駐車場広場
▶ AIKO & うぱうぱ  絵・版画・陶芸・Tシャツ・手ぬぐい・アクセサリー・
樹脂粘土・サンキャッチャー・オリジナルTシャツなど
▶ アゲ猫 猫の置物  猫の絵付けの器 とにかく猫がいっぱい!!
▶ GLASS GLITTERS   ガラスの器やアクセサリー販売
          バーナーワークの実演や制作体験も行います。
▶ 白石精一ガラス工房 普段使いの器 
ちょっと気取った特別な日の器 吹きガラス
▶ Smile house Vol.2 小道具と雑貨のお店(すみれんち)
▶ Chumart 角田 侑右弐  鳥笛と白い器・絵本
▶ 凪屋 凪屋と仲間達の国際的なアートや田舎暮らしを楽しむ店 
▶ ナッティーウッド&スレッド          
らでんの鏡 草木染ストール 夜光貝のブローチ
▶ 野山の食堂・藤平ピザ こねる事40年、陶芸家がたどりついた魂のピザ




直子の台所
【10】直子の台所(藤野倶楽部)
http://www.fujinoclub.co.jp/facility.html#faci1
TEL: 042-689-6105)牧野地区         
▶ 体にやさしい食材をたっぷり使った韓国料理と万緑ののどかな景色。
地元作家の作品群も逸品揃いです



【11】AIKO美術館 初参加
090-4368-6849 (当日のみ) 牧郷地区         
▶ 沢井愛子  油絵の大作、陶芸や版画、オリジナルTシャツ、
手ぬぐい、  オブジェ、クラフト、など



【12】龍夢万華鏡工房の一風変わった陶器市 初参加
http://sobajimahiryu.blog67.fc2.com/
TEL: 042-689-3588 綱子地区          
▶ 傍嶋飛龍    新進気鋭の万華鏡作家がつくる陶の万華鏡や陶作品
▶ 神津幸浩    磁土、陶土の色彩豊かな器。陶人形。エログロ作品
▶ yoshino's宇宙船工房 目が合うとほっこり微笑んでしまいそうな愉快な雑貨たち          
▶ 梅田ケイスキー   美しいものが好き? 愉快なものが好き?      
ここにご用意しています
▶ 東郷アイスカヤ  ロシアよりアイをこめて。愉快でフシギなもの
▶ こねくりみはる   心をこめてこねくります。手作りのやさしさをどうぞ
▶ 土 土   暮らしに寄り添う陶芸品の制作をしております
▶ 佐藤ゆき     和歌山で半農半陶のらりくらり。
ひらめくイメージを象り彩る陶
▶ 龍夢万華鏡カフェ 万華鏡を眺めながらちょっと一息 軽食 美味しいコーヒーとスイーツ



Keramos
【13】keramos 7 + 2
TEL: 090-9395-1246(当日のみ)牧野篠原地区
▶ 竹嶋 玲   シンプルで存在感のある器
▶ こりんや   ハイセンスわらじと、おおらかなうつわ
▶ 板谷越 恵   葉っぱが器になりました
▶ 玉置りさ   クラシックな風合いの器やアクセサリー
▶ 羽生直記  金属道具屋
▶ 八木厚紀   手縫いの革工房
▶ 中里弓・粟倉匠 魚モチーフの箸置きや陶器+異素材のアクセサリーなど。
▶ 「リマハイ」  タイカレー・子供に人気のタイラーメンなど。ベジ対応。
小さなくつろぎスペースでどうぞ。



高橋安子
【14】高橋安子アトリエ
TEL: 042-689-2642 牧野篠原地区
●「篠原の里」の駐車場をお使い下さい
▶ 陶人形作家・高橋安子による陶人形。
 不思議の森に住むたくさんの動物、ピエロ、子供達が集います。
(展示販売致します)
▶ 版画家つよしゆうこさんの絵の展示致します。
▶ 天然酵母スロウパンの焼きたてパン販売。コーヒーあります。



篠原の里2
【15】篠原の里
http://www.ops.dti.ne.jp/~shinoba/
TEL: 042-689-2051 牧野篠原地区
▶ しのさとバザール  篠原の里の特産物販売、お母さんの手作りおやつの店、
石窯の焼きたて 手作りピザ
        


篠原の里
【16】妙心窯
TEL: 070-6650-2587(当日のみ) 牧野篠原地区
▶ 伊藤泰紀   陶芸作品、雑貨品など
▶ 須田二郎   木工、クラフト作品
▶ 井上塁と笠間の仲間達

  


【17】○△gallery
http://nogamikaoru.com/blog.php
TEL: 080-1379-5189  牧野篠原地区
▶ 朝倉 晶    お茶にお菓子に、ご飯にといろいろ日常使いのうつわです。
▶ 井山三希子   白と黒のシンプルな器
▶ 加藤かずみ   石のような紙のような独特の手触りの磁器の器
▶ 須永彩子    鎌倉の海の近くでおかえりとただいまをつなぐ器を作っています。
▶ 野上 薫    食卓が少し楽しくなる器



09-5陶釉舎2
【18】陶釉舎 (とうゆうしゃ)自然の中の陶芸教室
http://www.dayancafe.com/pages/toyusya.html
TEL: 042-689-3533 牧野篠原地区
▶ 陶芸教室会員による「手作り陶器」販売と「喫茶コーナー」
▶ 陶芸家、 吹田千明とカラクリ師シゲホニャラカによる「オブジェ陶展」
▶ 陶芸家、碓井直弘による「碗」販売と「新作コラボレーション作品展」
▶ 陶芸家、大平真己「灰釉と焼き〆の器」販売
▶ 陶芸家、土橋美緒「タタラ作りの素朴な食器」販売
▶ [ 奥村巴菜 陶虫展in藤野 ] 陶オブジェ作品展示 期間中作家在廊




アカセ・クレイワーク・スタジオ
【19】アカセ・クレイワーク・スタジオ
http://www.akase-claywork.com
TEL: 042-689-3038(当日のみ)牧野牧馬地区
▶ メルカート   相模原で人気のメルカートのランチ。ローストチキンランチ、
          田舎カレーランチ、ケーキ、珈琲、ノンアルコールドリンク等。
▶ 赤瀬圭子 色土を使った凸凹模様のうつわ
▶ 加藤洋子 白、黒、青のベーシックな色の陶器、半磁器、
▶ 大場紀穂子 生活が楽しくなる絵付けの器
▶ 坂本喜代美 物語のある作品
▶ 濱村祐子 白化粧掻き落としの楽しい絵柄
▶ 喜多代京子 絵付けの器



画像をクリックすると大きくなります。
         ↓   


画像




















▼2013年「藤野ぐるっと陶器市」の様子はこちら
http://komichi-blog.at.webry.info/201305/article_7.html









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
吉祥寺にて素材や「ぬくもりを贈る 陶磁と紙」展
吉祥寺のギャラリー「にじ画廊」にて、10月24日より、陶磁器と紙製品の贈り物をテーマにした展覧会「ぬくもりを贈る 陶磁と紙」が開催される。今回の展覧会では、陶磁器コーナーで、大平直己さん、月野里美さんの作品、紙製品コーナーでは、3人組デザインユニットfukuyoseの作品が並ぶ。開催時間は12時〜20時(水曜定休、最終日のみ18時)。11月5日まで。 ...続きを見る
ローカルニュースの旅
2013/10/23 20:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
また陶器市の季節が巡ってきましたね。
毎年あると、行きたい場所が決まってしまいそうです、私なら(笑)
最初は見て回るだけにして、良〜く考えてからお買いあげですね。
すぐにテンションがあがるんです、陶器を見ると!
木の葉
2013/04/15 20:47
木の葉さん。
この陶器市も毎年規模が大きくなって・・・
一日では廻れない感じになってきました〜(笑)。
デパートなどで売っている作家の器が破格で手に入ったりもするので、つい手が伸びてしまいます。。
作家とゆっくりお話をしながら買い物をするのも陶器市の楽しみのひとつです〜♪
komichi
2013/04/16 14:09
こんばんは〜(^^)
こんばんは〜は少し早いですね(^^)。
少し大人の雰囲気の陶器市ですね。
京都でも規模の大きな観光用の陶器市が五条で有りますが
其れとは雰囲気が違いますね。
大人の雰囲気を楽しむ時には山科の清水焼団地にをぶらり
すれば作家作品にお目にかかれます。

写真拝見して素朴でのんびり楽しめる陶器市を感じます。
あいべん
2013/04/16 17:58
あいべんさん。こんばんは〜!
ここ藤野は陶芸作家も多く、5月の陶器市ではそのアトリエを開放して作品の展示販売をしています。
一日新緑を楽しみながら巡ると楽しい陶器市です〜♪
広範囲になっていて、車でないと回るのが大変です。。
山科の清水焼団地はあいべんさんのお住まいの近くでしょうか。。
komichi
2013/04/16 20:44
陶器市…実用的なモノから趣味のモノまで。
たくさんの仲間でありライバルなのでしょうから、チカラの入った作品が多かったんじゃないでしょうか。
この中で何が見たいか…もォお気づきでしょうが、熊谷孝治氏の"土器と土偶"がスゴく見たいです。
日本的な感性を駆使した柔らかい色遣いの陶器がおおいでしょうから、ついつい手を伸ばしてたりなんかして。
おーちゃん
2013/04/18 07:43
おーちゃんさん。wくし
この陶器市に初参加のスタジオフジノには私も興味を持っていて、必ず伺おうと思っています♪
しっかり熊谷氏の作品も見てきましたらまたご報告したいと思っています。
陶器市の頃は新緑も鮮やかになって、生命力あふれる季節になります〜♪
komichi
2013/04/18 22:06
はじめまして☆
今年、初めてこちらの陶器市に行ってみたいと思っているのですが、会場内は全て歩いて回れますか?車で移動した方が良いのでしょうか?規模が全くわからないので、問い合わせさせて頂きました。
benny
2013/05/08 12:31
bennyさん。初めまして〜!
藤野の陶器市はとても広い範囲になっていますので、車でお越しになった方がたくさん廻れると思います〜♪
地図の入った大きなパンフレットもありますので、メールアドレスをお知らせくださればお送りすることもできます。。
komichi☆abox22.so-net.ne.jp(☆マークを@マークにしてくださいね)
komichi
2013/05/08 16:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
第14回■藤野ぐるっと陶器市■2013 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる