芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■プーシキン美術館展 フランス絵画300年■横浜美術館

<<   作成日時 : 2013/07/08 23:22   >>

トラックバック 0 / コメント 6



7月6日から横浜美術館で始まった
■プーシキン美術館展 フランス絵画300年■
6日初日の夜間特別鑑賞会へ。

東日本大震災で延期されていた待望の展覧会。
67万点を有する、モスクワのプーシキン美術館から
素晴らしいフランス絵画が来日しました。

ロシアが憧れをもって集めたフランス絵画の逸品たち。
厳選された66点の名画のうち、47点もの初来日作品を含む
充実の展覧会。

会期中にもう一度、足を運ぼうと思った展覧会でした。


プーシキン展


■プーシキン美術館展 フランス絵画300年■横浜美術館

2013年7月6日(SAT)−9月16日(SAT)

木曜日休館(8月1日、8月15日は開館)

10:00〜18:00(8月、9月の金曜日は20:00まで)

横浜美術館

▼公式サイト
http://pushkin2013.com/

横浜美術館2


夕暮れの美術館。
横浜美術館・主任学芸員の松永真太郎氏の
ミニレクチュアーの後、会場へ。


会場1



会場2



会場3



会場4


☆会場写真は主催者の許可を得て撮影したものです。


picture-zoom-poussin
ニコラ・プッサン≪アモリびとを打ち破るヨシュア≫
1624−25年頃 油彩、カンヴァス 96×134cm



picture-ingres
ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングル≪聖杯の前の聖母≫
1841年 油彩、カンヴァス 116×84cm


picture-monet
クロード・モネ≪陽だまりのライラック≫
1872−73年 油彩、カンヴァス 50×65cm



picture-renoir
ピエール=オーギュスト・ルノワール
≪ジャンヌ・サマリーの肖像≫ 1877年



picture-degas
エドガー・ドガ≪バレエの稽古≫
1875-77年頃 パステル、厚紙 50×63cm



picture-gauguin
ポール・ゴーギャン≪エイアハ・オヒパ(働くなかれ)≫
1896年 油彩、カンヴァス 65×75cm



プーシキン美術館
プーシキン美術館
ロシアの首都モスクワの中心地に位置し
サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館とならんで
世界的な西洋絵画コレクションを誇る国立美術館です。


横浜美術館
横浜美術館
http://www.yaf.or.jp/yma/index.php
〒220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい三丁目4番1号
電話:045-221-0300(代表)
ファックス:045-221-0317

ymamap2013_1s



みなとみらい

△美術館の向かいに最近できたMark is Minatomirai
素敵なショップを見ているだけでも楽しい場所











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
暑くなりましたね(^u^)。

慣れるまで少し時間が必要ですが湿気も少なくなって
朝晩は心地よさを実感できる余裕も?出来つつ有ります(?)。

わから無いなりに美術館時々出かけて絵の前に佇むのが
好きですがなぜか名画と呼ばれる絵の前より見た事の
無い絵の前が多い(笑)。
自分と波長の合う色使いの前が正しいのかな。

もう一度・・其れほどkomichiさんに感動を与えたのですね(^^)。
あいべん
2013/07/09 17:36
あいべんさん。
ほんとうに暑い毎日ですけど、冬の寒さに比べると私は夏の方が好きです。急だったので暑さ慣れするまでちょっと時間がかかってしまいました。こちらは朝晩は涼しくて…早起きをして庭仕事などしています。。

この展覧会は夜の特別観賞会で少人数がゆったりした時間の中で観ることができましたが、私は急いで帰らなければならない予定で慌ただしかったので、印象派以前の私の好きな絵画をじっくりもう一度眺めたいと思っています。
komichi
2013/07/09 21:24
フランス絵画は有名な画家さん達ですね。

展示会場の壁の色が面白いなんて思ってみてましたけど、特別許可を頂いての写真だったんですね! ですよね!
Komichiさん、凄い!
そして、もう一度行かれますか?
そこも凄いと思ってしまいました〜(笑)
木の葉
2013/07/10 17:58
木の葉さん。
ロシアのプーシキン美術館はフランス絵画の宝庫で、憧れのフランスの絵画をたくさん収集しています。
今回はその中から66点の作品が横浜美術館で展示されています。
そのうち、47作品は初来日ですから、もうこれは観なくては…と思いました〜(笑)。私は筆触を消したような古典的な絵画が好きで、もういちどゆっくり眺めたいと思っています。。
展示会場の壁面はテーマに合わせて色遣いを変えています。
komichi
2013/07/10 21:20
こんばんは!
公式HPも見ました!すごいコレクションですね♪
本国フランスもびっくりですよ!
数年前の展覧会の時も、圧倒された記憶あります♪
マチスの金魚鉢が、目玉でした!私は、ボナールの海辺の作品が印象に残ったのですが、今回ボナール、きてますか?
また、横浜へ出掛けるきっかけが見つかって嬉しい♪(^^)です♪
sasapanda
2013/07/11 00:03
sasapandaさん。
この展覧会は1点々それぞれが素晴らしい作品ばかりで、眼を見張りました〜!!当時のロシアの人たちのフランスへの憧れがフランス絵画の収集という形になって残ったのだと思います。
いま、日本でこれだけの作品に出逢える幸せを感じました♪
ボナールの海辺の作品は観なかったように思います。。
この日はとっても急いでいて、慌てていましたから見落としも多く、もう一度会場に足を運びたいと思っています。。
komichi
2013/07/11 09:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■プーシキン美術館展 フランス絵画300年■横浜美術館 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる