芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■レオ・レオニ 絵本のしごと■

<<   作成日時 : 2013/07/23 15:04   >>

トラックバック 0 / コメント 16



4歳になる孫娘と一緒に
現在、渋谷Bunkamura ザ・ミュージアムで
開催中の■レオ・レオニ 絵本のしごと■展へ。

夏休みも始まって、親子連れなどで賑わう会場に
色彩豊かなレオ・レオニの絵本の原画が並びます。

4歳の孫は原画より絵本のコーナーが気に入って
たくさんある絵本のページを開いて眺めていました。

展覧会に刺激されたのか絵を描きたがる孫をなだめて
会場外で紙ナプキンに絵を描いて・・・

かつて子どもだった大人もじゅうぶんに楽しめる展覧会です。

レオ・レオニ

■レオ・レオニ 絵本のしごと■

2013/6/22(土)−8/4(日)

10:00−19:00(入館は18:30まで)会期中無休
毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)

Bunkamuraザ・ミュージアム

小学校の教科書にも掲載されている絵本『スイミー』で知られるレオ・レオニ(1910〜1999)は、オランダで生まれ、イタリアでグラフィック・デザイナーとして活躍後、戦争のため1939年にアメリカへ移住、そこで初めて絵本の世界に足を踏み入れました。あおときいろの紙きれの友情を描いた『あおくんときいろちゃん』でデビューしたレオニは、ねずみの『フレデリック』や尺取り虫の『ひとあしひとあし』など、小さな主人公が自分らしく生きることをテーマにした温かいストーリーの絵本を数多く制作しました。水彩、油彩、コラージュなどさまざまな技法を使って、美しい想像の世界を作り出し、読む人を軽々と空想の旅へ引き込んでしまうレオニは、「色の魔術師」と称されています。
本展では、絵本原画約100点、さらに油彩、彫刻、資料など約30点により、レオニの作品世界を紹介します。

第T章 個性を生かして―ちょっぴりかわり者のはなし
第U章 自分は自分  ―みんなとちがうことは すばらしいこと
第V章 自分を見失って―よくばりすぎはよくないはなし
第W章 知恵と勇気  ―小さなかしこいゆう者たちのはなし

▼公式サイト
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/13_lionni/

作品3



作品5



作品2



作品4



作品1



無題
★レオ・レオニ LEO LIONNI(1910-1999)
1910年、オランダ生まれ。イタリアに暮らしていましたが、1939年に戦争のためユダヤ人であるレオニはアメリカへ移住。イラストレーター、グラフィック・デザイナーとして活躍していた49歳のとき、孫のために作った『あおくんときいろちゃん』で初めて絵本の世界に足を踏み入れました。1999年にイタリアでなくなるまでに、40冊近くの絵本が発表され、日本でもその多くが翻訳出版されています。




帰りに寄った原宿キディランドで
スヌーピーと記念写真

スヌーピーと孫娘







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます〜(^^)。

komichiさんはお孫さんと絵本の仕事にお出かけ・・。
私は孫に買ってやったのに置き去りのままの絵本の整理(笑)。
良かれと思い勝手に買っても・・
娘に言わせると絵本にも流行と見せるタイミングがあるそうです。
子供の世界に大きな夢と希望を絵本は運んでるのかな?。
あいべん
2013/07/24 05:26
あいべんさん。
あいべんさん、お疲れさまです〜(笑)。
絵本もいろいろで子供との相性も大事でしょうね。
私の孫はやっとひらがなが読めるようになったので、少しずつ一人でも読み始めています。
この展覧会の展示の横に図書館のようにたくさんのレオレオニの絵本が置いてあって、子供たちが一生懸命眺めていました。
私はつい絵が自分好みのものを買ってしまいます〜(笑)。
この日、孫は展覧会よりもキディランドの方が楽しかったようです。。
komichi
2013/07/24 08:41
絵本の仕事、こちらまで楽しくなってきます♪
Rちゃん、絵を描きたくなったんですね☆ komichiさんの遺伝子を受け継いでるのかな。。
Rちゃんは髪を長くしてるのでしょうか?そんな風に見受けられます。
成長が楽しみですね!

孫娘のあやも、今週土曜日に丸三ヶ月になります。
この間、お嫁さんから8枚も写メールが送られてきて、目を細めている私です(笑)
いつの日か、ひらがなが読める日を楽しみにして。。
ハーモニー
2013/07/24 11:52
小さい時からホンモノを見せてもらえるお孫さんは幸せです。
大きくなった時に観てないことの差ははっきり出て来ますもん。
またすぐに絵を描きたくなるなんて素晴らしい。
心惹かれる絵って 色遣いが考え抜かれてます。
書き込まれてるのもステキですが、シンプルな線のレオ・レオニ氏の絵にボクも引き込まれそう。
おーちゃん
2013/07/25 06:18
ハーモニーさん、おはようございます!
ちょっと早いかしら…と思いながら、孫のらんを連れて絵本の展覧会に連れて行きました。夏休みになっている子供も多く日曜日ということもあって混雑していましたが、絵本の原画は生きいきとして、らんも急に絵を描くと言い出しました〜♪
いま、らんは自分の好みでお姫様になったような気分のようで長い髪にしています〜(笑)。親は肩くらいに切ってほしいようですがもう自分の意志が強くなってきています。

あやちゃんも三か月ですか〜♪
どんどん成長しますから、これからが楽しみですね〜♪
送られてきた画像を何回も見ているハーモニーさんご夫妻の姿が浮かびます〜〜☆
komichi
2013/07/25 08:12
おーちゃんさん、おはようございます!
このレオ・レオニの本は教科書にも掲載されているようで、日本人にもなじみの深い作家だそうです。私の時代には見ませんでしたけど…(笑)。
孫も目黒図書館で見たことがあると、教えてくれました。
まだ幼いですけど、すこしでも孫のこころの栄養になってくれればと一緒にあちこち出かけています。。
レオ・レオニの色彩の綺麗さは子供にも大人にもす〜っと入って行くようです〜♪
komichi
2013/07/25 08:18
お孫さんとデートは此処でしたか!
素晴らしいデートですね。
中々こんな素敵なおばあ様は居ません!
小さいからこそ見せておきたいものもあると思います。
良いものが身近にあることも大切。
私の反省は、子供たちに熱心に本の読み聞かせに時間を費やさなかったことですか。。。
興味を持たない二人の息子たちですもん(笑)
小さいころに感性が培われますよね。
木の葉
2013/07/25 10:22
木の葉さん。
私は子供を育てている頃は働いていたので、日中は一緒の時間がとれませんでしたから、夜寝る時に絵本を読んでいました。その息子が大人になって…今度は孫と一緒に絵本を読む時間を与えられました。とても嬉しいことです。
将来、本を友達にできたらいいなぁ〜と思っています。
komichi
2013/07/25 15:01
『スイミー』という絵本の名前だけは知っていましたが・・詳しい事は全く知らず・・一枚の絵を見ただけで「色の魔術師」と称される理由が分かります。
レオ・レオニ、他者によって翻弄されただけに、こんな心温まるストーリーが描けるんでしょうねー。
4歳のお孫さんと一緒に行動できるということは、いろんな意味で素晴らしい事ですねー、写真を拝見して「奈良美智」さんの画を思い浮かべました♪
白いねこ
URL
2013/07/26 11:10
白いねこさん。
レオ・レオニの絵本は本屋さんでよく見かけていましたが、どんな作家なのかは今回の展覧会で初めて知りました。
彼の人生は戦争によって、生きる場所を変えたことなど、厳しいことも多かったでしょうから、49歳という年齢で描きはじめた絵本の中に小さな動物達へも温かく深い眼差しが感じられるのでしょうね。
>「奈良美智」さんの画を思い浮かべました♪
そう言われてみれば、そんな感じもあるかもしれませんね。。
ちょっとシャイで繊細な子ですから大らかに見守りたいと思っています。
komichi
2013/07/26 22:14
しばらくご無沙汰してました。忙しい日々が続いていまして。
レオ・レオニの絵本、初めて知りました。確かに可愛さと何色もの色使いが魅力的で、大人も癒されそうな原画ですね。
お孫さんとの渋谷美術館巡り。将来は芸術家になりそうな予感。勝手に想像してしまいました。
ミクミティ
2013/07/26 22:55
ミクミティさん、こんばんは!
私もレオ・レオニの絵本は見たことがありましたけど、内容や作家のことはよく知りませんでしたので、今回原画を見て綺麗な色使いや構成の大胆さが、さすがグラフィックデザイナー出身だと納得しました。
孫娘の将来はわかりませんけど…今のうちからいろいろなものを見せてやりたいと思っています。アートも人生を豊かにしてくれますから身近に感じてほしいと願っています〜☆

komichi
2013/07/27 21:13
まあお孫さんとレオ・レオニを・・・かわいいお孫さん!原画をみてはじめてその画家が真剣に取り組んでいるのだと知りますね。絵本作家の原画展がわたしもとても興味ありよく行きましたが、この頃はほんとうに出不精です。
子どもって、すぐそれを自分に世界にそれを引きずり込もうとするところがいいのですよね。楽しい時間を過ごされましたね。
ののはな
2013/07/31 23:27
ののはなさん。
絵本を眺めるのも好きですけど、その絵本の原画を見ると作家が心を込めて描いた跡を感じ、その瑞々しさに感動します。
今回は4歳になった孫のらんを連れて出かけました。
彼女はその場で絵を描きたがりましたので、会場を出たあとで紙ナプキンに描いてもらいました〜(笑)。この次は小さなスケッチブックを持って出かけようと思っています。
komichi
2013/08/01 07:23
はじめまして
お孫さんの喜ぶ顔が目に浮かびました原画に出会えるとは素晴らしいですね。レオ・レオニさんの優しさに惹かれ、「あおくんと…」や「フレデリック」などなど、今も懐かしく手に取ることもあります。夏休みは、渋谷の児童館へ通い詰めたものでした
ミックン
2013/08/01 09:00
ミックンさん。
小さなうちからなるべく本物に出逢わせたくて…原画の展覧会に連れて行きました。夏休みに入った日曜日で混雑していましたが、少しでも刺激になればと思っています。
渋谷の児童館懐かしいですね〜♪
子供を連れて行ったこともありました。。
コメントを残してくださって、ありがとうございます。
komichi
2013/08/01 21:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■レオ・レオニ 絵本のしごと■ 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる