芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS パリ・オペラ座へようこそ■第5作 バレエ マーラー交響曲第3番■

<<   作成日時 : 2013/07/26 06:49   >>

トラックバック 0 / コメント 4



現在、渋谷・Bunkamuraで上映中の
ライブトリビューン、パリ・オペラ座へようこそ
■第5作 バレエ マーラー交響曲第3番■へ。

マーラーの交響曲第3番をバレエに。
どんな感じに仕上げているのか興味を持って…

ストーリーのない抽象的な、音楽そのものを視覚化する
シンフォニック・バレエで表現されています。

マーラーの複雑な心理を見るような動きから
時に不安になったり、躍動したりと
見る側の心の動きも変化します。

ストーリー性の強いクラシックバレエとは違った
身体そのものを感じるバレエに強いメッセージを感じたとき。


マーラー5
©Sebastien Mathe


パリ・オペラ座へようこそ■第5作 バレエ マーラー交響曲第3番■


パリ・オペラ座での上演日:2013年4月18日(バスティーユ)
上映時間:1時間54分
音楽:グスタフ・マーラー
振付:ジョン・ノイマイヤー
指揮:サイモン・ヒューヴェット
アルト:アリーヌ・マルタン

『マーラー交響曲第3番』
第1楽章 「昨日」
第2楽章 「夏」
第3楽章 「秋」
第4楽章 「夜」
第5楽章 「天使」
第6楽章 「愛が私に語るもの」
★第6楽章はマーラー自身が名づけたものですが
 それ以外の楽章は振付に合わせてノイマイヤーがタイトルを決めたもの


ジョン・ノイマイヤーが、ハンブルク・バレエの芸術監督に就任した翌年から始まったマーラーシリーズ。その真っ先に手をつけたのが大作『マーラー交響曲第3番』だった。 "夏""秋""夜""天使"と続き、第6楽章"愛が私に語るもの"は特に有名だ。ノイマイヤーいわく、「このバレエのテーマは、まさにマーラーの音楽に尽きる。音楽を聴いて経験した感覚と提示されたイメージを、純粋にダンスに、そして人間関係に置き換えた」(世界バレエフェスティバルのパンフレットより)。ジョージ・バランシンから始まったと言われる筋もストーリーもないシンフォニック・バレエだが、この作品のパ・ド・ドゥ、ソロ、そして群舞からは、明らかに濃密な人間ドラマが見えてくる。

△Text by バレエ作品解説:佐藤友紀(ジャーナリスト)
映画、演劇、舞踊などをフォロー。人物インタビューも多く手がける。


マーラー4
©Sebastien Mathe


マーラー3
©Sebastien Mathe


ノイマイヤー
★ジョン・ノイマイヤー(John Neumeier)
米国生まれ。
ロンドンのロイヤル・バレエ学校で学ぶ。
ウィスコン州の大学時代に振付けを始める。
1963年、シュットガルト・バレエに入団し、ソリストに。
1969年、27歳でフランクフルト・バレエの芸術監督となり
新演出の『くるみ割り人形』『ロメオとジュリエット』
『ダフニスとクロエ』で旋風を巻き起こす。
1973年よりハンブルグ・バレエの芸術監督・主任振付家。
同バレエ団を、ドイツを代表する世界的なバレエ団に育て上げた。


▽渋谷・Bunkamura
http://www.bunkamura.co.jp/index.html


☆画像はパンフレットから転載させていただきました。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私の大好きなマーラを踊るとどうなるのでしょう?。
komichiさんの感想聞きたいですね。

曲聴くだけでも満足できるのにバレーまでもですね(^^)。
あいべん
2013/07/26 17:49
あいべんさん。
以前はあまり聴かなかったマーラー。
ここ何年か聴くようになったばかりですから、詳しくはないのですが、今回バレエとマーラーの音楽のコランボレートで、バレエを見ていると時々マーラーの音楽であることを忘れてしまう瞬間がありました。
音楽だけでイメージしている感覚とかなり違って聴こえました。
マーラーは複雑な要素も多いですから抽象的なバレエには合うのですが…音楽だけの方がマーラーらしいと感じるように思いました。
バレエが加わることによってより哲学的になったようにも感じましたし、身体を駆使した、このバレエは私のやっているヨガにも通じるものがあるなぁ〜とも思いました。
komichi
2013/07/26 22:24
マーラー「交響曲第3番」は全曲聴くと、かなり長い楽曲ですね。
幸せに満ち溢れた作品とバレエのコラボ♪

素敵な時間を過ごされましたね☆
ハーモニー
2013/07/31 21:39
ハーモニーさん。
マーラーの「交響曲第3番」の演奏とともにタイツ姿のダンサーがステージに繰り広げる身体アートに、いつものクラシックバレエとは違った印象を受けました。
この楽曲は2時間近くあるので、中には眠っている人も…(笑)。
komichi
2013/08/01 07:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
パリ・オペラ座へようこそ■第5作 バレエ マーラー交響曲第3番■ 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる