芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■副島泰嗣・美微子 白磁展■〜やさしき光・白き風〜

<<   作成日時 : 2013/09/04 16:23   >>

トラックバック 0 / コメント 6



藤野の森に工房を構えてから25年になるという
我が家のお隣、白磁工房・静風舎の副島夫妻から
9月11日より丸善・日本橋店で始まる
■副島泰嗣・美微子 白磁展■〜やさしき光・白き風〜
のご案内をいただきました。

今年の暑い夏に、熱心にお仕事をされていたご夫妻の
結晶のような作品が丸善ギャラリーに展示されます。

凛とした副島夫妻のいろに遊びのない
白磁の繊細な肌に触れてください。


白磁展


■副島泰嗣・美微子 白磁展■〜やさしき光・白き風〜

2013年9月11日(水)〜17日(火)

9:30〜20:30(最終日は17:00閉場)

丸善・日本橋店3Fギャラリー

「白磁の人間国宝 井上萬二氏の数少ない内弟子として研鑽を積んだ泰嗣氏と夫人の美微子さん。気品漂うフォルムと繊細な美につつまれ、やさしい光を放つ作品は多くの愛好家を魅了してやみません。ぜひこの機会にご高覧くださいますようご案内申しげます。」

略歴:
泰嗣氏は佐賀県生まれ、美微子さんは東京生まれ
二人共に佐賀県立窯業試験場の研修を経て後、人間国宝・井上萬二氏の元で7年間内弟子として研鑽を積み、その後夫婦で独立。神奈川県藤野町に工房を設立して以来25年になる、円熟の作家である

▼静風舎ウェブサイト
http://www.seifu-sha.net/index.html

▼過去のエントリーから
http://komichi-blog.at.webry.info/theme/0b28f00295.html


丸善
▼丸善・日本橋店
http://www.maruzen.co.jp/corp/shop/icon.html
〒103-8245 中央区日本橋2-3-10
Tel:03-6214-2001
営業時間:9:30〜20:30


map
アクセス:
地下鉄銀座線・東西線 日本橋駅 B3出口直結
都営浅草線 日本橋駅 徒歩7分
JR東京駅八重洲北口 徒歩7分







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます〜(^^)。

芸術の集落に住んでるとkomichiさんも
お誘いが多くて大変ですね(^^)。
でも出かけるの楽しみの一つかも知れませんね。

私など古い友人から個展の連絡が入っても
最近出かけ無くなりました(笑)。
お酒止めたら(爆笑)。
あいべん
2013/09/05 05:34
ポスターに見るその作品はとても繊細で、ちょっとのバランスの狂いも許されない…そんな気を感じました。
今は弟子に入るというよりも自由奔放に作るのが一番佳いとされますが、きっちりしたものを教えてもらって自由奔放に作られるのと比べると底が浅い。
つくづく基本を修めると云うことが大切だと思ってます。
おーちゃん
2013/09/05 07:34
あいべんさん。
私の住む森には我が家とお隣の副島さんが住んでいるだけですので、とても親しくさせていただいています。
いつも熱心にお仕事をされている様子を知っていますから、完成した作品に出逢うのを、私も楽しみにしています〜♪
週に一度くらいは東京に行き、個展や展覧会を観て刺激を受けています〜♪そんな時に古い友人たちとも待ち合わせをしたりしています。。
komichi
2013/09/05 09:40
おーちゃんさん。
白磁はとても神経を使う工程が多く、最初に土をこねるのも容易ではなさそうですし、ろくろで成形し小さなゴミもつかないように作業場所のチリひとつにも気をつかい、素焼きで窯に入れ冷めて取り出してから彫って、また高温の窯に入れ完成を待つそうですが…大作はその窯の中で壊れてしまうことも多く大変だそうです。
ご夫妻は井上萬二氏のところでみっちり修行をされた方たちなので、その形にはゆるぎないものを感じます。
自由奔放のよさもありますけど、きりっとした味わいは基礎の充実の上にあるのかもしれませんね。。
我が家にもたくさんこちらの白磁があってハレの日にも普段にも食卓に上っています〜♪
komichi
2013/09/05 09:51
この方達の作品がまた、品があり素敵なんですよね。
あくまでも白くが好ましいかな?
器にみあったお料理が作れないかもしれないですけどね。
近くでなくて良かった!等と思える感じです〜(笑)
木の葉
2013/09/07 16:34
木の葉さん。
お隣の副島夫妻はとってもフランクな方達で気持ちよくお付き合いをさせていただいています〜♪
白磁一筋にかけて作陶されている姿には頭が下がります。
食卓にこちらの器がならぶと、食事が締まります〜♪
夫からはお料理を器の数だけいろいろ作ってほしいと言われています〜(笑)。
komichi
2013/09/07 21:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■副島泰嗣・美微子 白磁展■〜やさしき光・白き風〜 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる