芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■二川 和之 日本画展 ■−英国の美・日本の雅−

<<   作成日時 : 2013/09/09 14:49   >>

トラックバック 0 / コメント 8



ふと立ち寄った渋谷東急本店・美術画廊
一瞬、これが日本画とは思わず会場へ。

20年通っているというイギリス・コッツウォルズ丘陵の村や
ピーターラビットの故郷湖水地方を描いた作品。
そして、描き方も異なるような日本の瑞々しい風景など・・・

細やかな描写が観る人にやさしい気持ちを誘う展覧会。

ロフリグターン
ロフリグターン 20号


■二川 和之 日本画展 ■−英国の美・日本の雅−

9月5日(木)〜11日(水) [最終日は17時閉場]

東急本店8階 美術画廊


金沢美術工芸大学・東京藝術大学大学院で日本画を学んだ二川和之。
卓越した描写力で自然をリアルにみずみずしく描いた作品は高く評価されております。
今回は、日本の奥入瀬や屋久島の風景のほか、イギリスの湖水地方の風景を中心に心温まる作品の数々をご紹介いたします。


ヴィンドラッシュ
ヴィンドラッシュ 6号



ローワースローター
ローワースローター 6号




奥入瀬廣彩
奥入瀬廣彩 8号



奥入瀬
奥入瀬 8号






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
繊細な描写ですね。
知らないで見たらまるで写真の様ですね。

話逸れますが今日伏見稲荷山頂まで行って来ましたが
中国の観光客の多さには驚かされますね。
それにマナー最悪ですね。
あいべん
2013/09/09 17:28
印象派の絵と思いきや 日本画とは。
奥入瀬のは写実的なので目を凝らしてじっくり見たいくらいです。

話変わって、先日紹介してました映画 "紫”
久し振りに公式サイトを見てみると東京方面で上映会があります。
芝居茶屋 新日屋(しばいちゃや しんにちや)
【日時】 10月27日(日) 16時〜
【会場】 YUITO 6F(三越前駅)
お問い合わせ http://www.shinnichiya.com/
とのことです。

おーちゃん
2013/09/09 20:22
あいべんさん。
この作家の作品は特に外国の風景のせいか日本画とは最初分からないような感じでしたが、日本の風景は日本画の様式を感じました。

最近は銀座でも多くの中国語が聞こえてきます。
とても元気で、にぎやかで、ちょっとお行儀が悪いような気がします。
これから洗練されてゆくのかもしれませんが…。
komichi
2013/09/09 21:06
おーちゃんさん。
遠くから眺めていると油彩なのかと勘違いしそうになりました。
奥入瀬や屋久島など日本の美しい風景も描かれて…
清々しい空気が流れているように感じました。

映画「紫」の上映会の情報ありがとうございます!
予定に入れて観に行くつもりです〜〜♪
komichi
2013/09/09 21:10
さすがkomichiさん、この画像の美しさは展覧会場で見た作品と寸分変わりませんね。二川和之さんの特徴がよく伝わってきます。細やかで卓越した描写力には脱帽です〜。
hoze-camp
2013/09/12 05:59
素晴らしく美しい画ですね。
日本画ならではのきめ細やかさが、風景を整然と穏やかな空気が感じられる気がします。
基本は景色の美しさにあるとは思いますが、表現で感じるものも違うものがありますね。本当に絵画は奥が深い。
木の葉
2013/09/12 09:18
hoze-campさん、おはようございます!
私は日曜日の午前中、バレエライブ映画を観るため
Bunkamuraに出かけて偶然見つけました!
係りの方から作家ももうすぐ見えます・・・
と言われましたが、時間がなかったので失礼をしました。
精緻な描写が素晴らしい作品ですね〜♪
コメント残して下さってありがとうございます!
komichi
2013/09/12 09:31
木の葉さん、おはようございます!
美しい絵にふと足を止めて、会場に入りました!
時々こうして偶然の出会いから作家を知ることになります〜♪
イギリスの風景を日本画で表現するということも新鮮でしたが様式を超えて美しいものは美しいと感じます〜♪
komichi
2013/09/12 09:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■二川 和之 日本画展 ■−英国の美・日本の雅− 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる