芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■瀬戸内芸術祭 2013■女木島から

<<   作成日時 : 2013/10/16 17:44   >>

トラックバック 0 / コメント 8



瀬戸内旅の最終日。
高松から一番近い、女木島(めぎじま)へ
朝一番のフェリーで向かいます。

小さな女木島ではバスと徒歩。



カモメの駐車場

△木村崇人《カモメの駐車場》
女木港に着くとすぐ目に入ってくるカモメ。
300羽のカモメが風の動きに合わせて向きを変えて行きます。
風の強い海岸とマッチした作品




均衡

均衡作品

△行武治美《均衡》
改修した納屋に
1万個以上のミラーガラスを使った
インスタレーションが出現し、
戸を開けた時の光に反射して輝く
幻想的な世界を作り出しています。



不在の存在2
不在の存在

△レアンドロ・エルリッヒ《不在の存在》
改装した空き家に、作品を展示。
併設された図書館やレストランも
美しいインテリアで迎えてくれます。



女根1

女根2

めこん作品

女根 全体

△大竹伸朗《女根/めこん》
休校中の小学校の中に展開された
大竹ワールド。
圧倒的なエネルギーに
観ているだけで元気が出てくる作品



港からバスに乗って鬼が島・おにの館へ。

鬼ヶ島洞窟へ

△バスを降りて歩きながら眺めた風景


鬼ヶ島洞窟入口
△鬼ケ島の大きな洞窟



オニノコ瓦プロジェクト
オニノコ瓦プロジェクト2

△オニノコプロダクション《オニノコ瓦プロジェクト》
香川県の伝統工芸品の鬼瓦を
県内の中学性3000人が制作した作品が
洞窟に展示されています。



カタツムリの軌跡1
カタツムリの軌跡2
カタツムリの軌跡3

△フィリップ・アルタス《カタツムリの軌跡》
鬼ケ島洞窟の中で上映されている
カタツムリを題材にした映像作品


洞窟の出口

△暗い洞窟から、やっと出口に着きました。


天然記念物

△女木島の柱状節理(天然記念物)
5百万年くらい前に噴出したと考えられる
讃岐岩質オリーブ石玄武岩でおおわれています。
玄武岩の柱状節理は珍しく、
まるでモダンなアート作品のよう。


展望台まで上って眺めた、360度パノラマ風景


展望台から2



展望台から1


女木島から高松を




展望台下からバスを待って下ります。
運転手さんに頼んで途中下車をして
段々畑の作品を・・・


段々の風

段々の風2

△杉浦康益《段々の風》
かつて、段々畑だったところに
約400個の陶ブロックを設置した作品。
ここから眺める集落と海の風景も素晴らしい。



20世紀の回想

△禿鷹墳上《20世紀の回想》
グランドピアノの上に4本の帆で構成された
インスタレーション
海の音に呼応して旋律を奏でています。



港の近くの海岸から


釣り船ものんびり島時間
瀬戸内の島の空気に触れた4日間も終えました。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
どれも素晴らしい作品♪
洞窟の中の鬼瓦、中学生さんの作品ですか?3000人とはすごいですね!
段々畑の陶ブロックも一体感があって素敵ですね。

のどかな瀬戸内小豆島の旅、満喫されましたね。
私も一人旅したくなりました…いつもいつも行きたい!と思っているのですが、なかなか。。
komichiさんの旅行記を読ませていただき、私にもできるかも、、と勇気が湧いてきました♪
ハーモニー
2013/10/16 20:23
ハーモニーさん。
今回は瀬戸内の3島だけでしたけど、自分であれこれお天気などその日その日に考えてスケジュールを決めて行く旅も楽しいですよ〜♪
こういうアートイベントには、時々女性の一人旅も見かけるようになりました。
私は普段から一人で行動することも多く、食事もいろいろな場所で好きなものを頂きました〜♪
こういうアート作品を観ていると、とても刺激を受けて楽しいです♪
ハーモニーさんもどうぞ〜〜☆
komichi
2013/10/16 22:15
いや〜すごい。あまりに贅沢でハイレベルな芸術祭ですねえ!かもめの作品、ワタシも一緒に並んで風を受けたくなりました(笑)どれも考え込ませられる作品ばかりですが、天然記念物の玄武岩、アーティスト:地球、とでもすれば、十分展示作品ですよね〜!すごいなあ。海の音に呼応した一曲も聞きたい。
こりす
2013/10/17 07:41
こりすさん。
この芸術祭では通しのパスポートを購入します。
前売りが4000円ですが、シーズン中何回でも使えますし、それぞれのイベントを見るごとにスタンプを押してもらう仕組みになっています。
そのパスポートの3分の1もスタンプが埋まってはいませんでした〜(笑)。期間中にもう一度、今回行けなかった島に出かけたいと思っていますけど、きっと無理でしょうから、3年後の楽しみにしたいと思っています。。
子供も大人も心に響くアート展だと思います。。
自然のアートもすごくて…アート作品をしのいでいるかもしれませんね♪
komichi
2013/10/17 13:06
お早うございます。
女木島人口が減り過疎化高齢化が進んでいるのに
komichiさんの写真見てると島が静かな美術館みたいに
感じられます(^^)。
あいべん
2013/10/19 06:02
あいべんさん。
女木島、このアートイベントがなければ
私は行くことはなかったと思います。
過疎化の進む小さな島が少しでも賑わって
島の元気につながったらいいですけど・・・☆
Komichi
2013/10/19 12:31
凄いですね。
三つの島を巡られたとは。
でも、Komichiさんの仰るようにイベントがなければ人がわざわざ立ち寄ることもないですね。綺麗な海を眺めながらのんびりとアートに触れる、素敵です。過疎の村も増える事でしょうが、それよりも変化の機会が作りやすいのかもしれませんね。

あのグランドピアノはどのような音色を奏でるのでしょう。
海の音?
木の葉
2013/10/20 16:37
木の葉さん。
もうすこし長く滞在して、たくさんの島を巡りたかったのですが…週末にかかってしまってホテルがとりにくくなってしまいました。
それでも、はじめて訪れた小さな島の自然やアートから感じるものも多い旅になりました〜♪

海辺のピアノはどう表現したらいいかわかりませんけど、ピアノともちょっと違う高音の弦楽器のようなすすり泣くような感じとでも…(笑)。
komichi
2013/10/20 20:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■瀬戸内芸術祭 2013■女木島から 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる