芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS 第43回■日本ボタニカルアート展■2013

<<   作成日時 : 2013/10/12 15:44   >>

トラックバック 0 / コメント 8



私のボタニカルアートの師、
角田葉子先生からことしも開催される
■日本ボタニカルアート展■の案内が
届きました。

今年1月、ツバキ調査にベトナムまで
出かけられた様子も添えられていて
いつまでも勉強に励む先生の真摯な姿に
心打たれます。

しばらく絵筆を持っていない私も
そろそろ身近なものから描き始めようかと
思っています。


角田葉子
角田葉子


第43回■日本ボタニカルアート展■2013

2013年10月16日(水)〜10月22日(火)

午前10:00〜午後8:00(最終日は午後4時半終了)

小田急百貨店 新宿店本館10階 美術画廊


杉崎紀世彦
杉崎紀世彦

出品作家
浅野ひさよ  角田葉子  小島万里子
内城葉子   小高康子  吉田桂子
杉崎紀世彦  西山敦子


▼過去のエントリーから…
http://komichi-blog.at.webry.info/theme/9aa3e1abcd.html








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
Komichiさんの描く、ボタニカルアート、是非見せてください!
楽しみにいつまでも待ちますから!

これはあるものを忠実に写真よりも美しく描かれる画ですよね。
これまた描かれる人で、違ってくるものなのでしょうか。
やっぱり、Komichiさんのが見たい! としつこく〜(笑)
木の葉
2013/10/12 16:53
木の葉さん。
私の描くものは、ただのスケッチです〜(笑)。
観るのと描くのは違いますね〜〜(笑)。
でもそのうちお見せできるようになりたいもの。。
Komichi
2013/10/12 18:28
ボタニカルアートって写実的に描かなくてはならないイメージがあって、もしもボクが描くにしてもそこにずっと座ってられるかが問題です。
下絵の段階で燃え尽きてたりなんかして。
おーちゃん
2013/10/14 13:56
おーちゃんさん。
ボタニカルアートは究極の写実ですね。。
植物は時間とともに変化して行きますから…
なかなか大変です〜(笑)。
スケッチだけでも2日はかかってしまいます。。
まとまった時間を描くことに使えないと、ちょっと難しい面もあるような気がします。。
komichi
2013/10/14 14:10
こんばんは!
写真の無かった時代に博物学の記録として描かれたのが、期限ですよね!角田葉子さんの絵はまさに、写実の極みを感じます!
絵画として取り組むと、おのずと、個性が出てくるのでしょうか♪
sasapanda
2013/10/15 02:09
sasapandaさん。
むかし、植物図鑑用の描写は種や実、根まで描き、その植物の持っている特徴がしっかり分かるようになっていました。
今でも写真よりもわかりやすい植物画に出会うことも多いです〜♪
今ではアートの要素も大きくなりましたが、詳細に描くことで絵としても美しいものに仕上げって行くことも多いように感じます。
同じ植物を描いていても、人それぞれで…一つとして同じようにならないことが不思議です〜〜☆
komichi
2013/10/15 14:50
こんばんは〜(^^)。

台風に対する万全の注意をしてくださいね。
忙しそうですね、小豆島終われば又こちらですね(^^)。
あいべん
2013/10/15 21:31
あいべんさん。
はい、明日台風の影響が少なければ
この展覧会に行ってこようと思っています〜(笑)。
コメント、ありがとうございます!
komichi
2013/10/15 22:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
第43回■日本ボタニカルアート展■2013 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる