芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■瀬戸内国際芸術祭 2013■小豆島から

<<   作成日時 : 2013/10/13 23:25   >>

トラックバック 0 / コメント 10



瀬戸内海の12の島と高松、宇野で開催されている
外国からの見学者も多い、現代アートのお祭りで
3年に一度の■瀬戸内国際芸術祭 2013■

台風の影響も心配された日
藤野から電車を乗り継ぎ羽田。
空路を高松空港へ向かいリムジンで高松港。
高松港からフェリーで約一時間ほどで小豆島へ。

小豆島・土庄港からはじまる
4日間の島巡りの一人旅。

小豆島は比較的大きな島なので
さっそくレンタカーを借りて日暮れまで
走ります。


■瀬戸内国際芸術祭 2013■アートと島を巡る瀬戸内海の四季

秋:10月5日(土)→11月4日(月・休)

直島/ 豊島/ 女木島/ 男木島/ 小豆島
大島/ 犬島/ 高松港/ 宇野港/ 沙弥島
本島/ 高見島/ 粟島/ 伊吹島/ 宇野港

▼公式サイト
http://setouchi-artfest.jp/

フェリー1

△高松港を出発するフェリー



フェリーから


△フェリーからの風景
▽瀬戸内の島々が光に映えて・・・


瀬戸内の海



土庄港 太陽の贈り物

△小豆島・土庄港で出迎えてくれた最初の作品
 チェ・ジョンファ(雀正化)《太陽の贈り物》
 小豆島特産のオリーブの葉のイメージで作られた
 彫刻作品で島の子どもたちのメッセージが刻まれています。


レンタカーで醤の郷へ。
小豆島は醤油蔵も多いところ
いまも昔ながらの街並みが風情を感じさせます。


醤のさと2


つぎつぎきんつぎ

岸本真之《つぎつぎきんつぎ》
 小豆島内で使われていた陶磁器に
 割れた時につなぐ技法の「金つぎ」を
 した作品で醤の郷の屋内に展示されています。



醤のさと



小豆島の顔

motoko 写真家《小豆島の顔》
 小豆島の60歳以上の225人の
 ポートレート作品。
 
 


醤の郷で近くあるお祭りの準備をしているところに
出会いました。とてもみごとな飾りに、
この町の祭りにかける意気込みも感じます。


祭りの支度1



祭りの支度2



断崖の海岸線を走って、福田港へ向かう途中
瀬戸内の島々が車窓に次々と現れます。



福田港へ



福田海岸

△播磨灘の雄大な景観を望む福田海岸
「さぬき百景」にも選ばれています。



福田港近くの旧福田小学校が福武ハウスとして
建築家・西沢立衛によるリノベーションで新たに
出発しています。


福武ハウス

▼福武ハウス・小豆島
http://fukutake-house.or.jp/



作品 福武

建築家・西沢立衛《FUKITA PAVILION 葺田パヴィリオン》
 柱のない舟のようにも布のようにも見える作品が
 福武ハウスと鎮守の森をつないでいるように見えます。


福武 作品2


《FUKITA PAVILION 葺田パヴィリオン》の内部から・・・


福武 作品3


陽の暮れぬうちに、池田港の高台のホテルへ
夕日の落ちるのを、飽きず眺めて・・・




池田港の夕暮れ




池田港の夕焼け





続きはこちらから・・・

■瀬戸内国際芸術祭 2013■二日目の小豆島から
http://komichi-blog.at.webry.info/201310/article_8.html

■瀬戸内芸術祭 2013■直島から
http://komichi-blog.at.webry.info/201310/article_9.html

■瀬戸内芸術祭 2013■女木島から
http://komichi-blog.at.webry.info/201310/article_10.html








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます。

堪能されましたか。
瀬戸内の海風に吹かれて小さいけど島としては
瀬戸内では大きな小豆島。

長男が高松赴任期間には近い事もあり孫達を連れて
5月連休毎年小豆島で遊んだ事思い出してます。
醤油買われましたか(笑)。

台風の影響も少なく存分に楽しまれた事と思います(^^)。
あいべん
2013/10/14 04:50
あいべんさん、おはようございます!
台風の影響もなく素晴らしいお天気の中アートと美しい風景を堪能することができました〜♪
この島は瀬戸内の島のなかでも大きいのでレンタカーを使えましたので、少し遠くまで足を延ばすこともできました。
ご長男が高松に赴任されていたのですね!
高松からは瀬戸内の島々にたくさんのフェリーが出ていて、便利ですね。お醤油もオリーブ油も買いました〜(笑)。
komichi
2013/10/14 08:21
お一人旅でしたか!
そしてレンタカーで島巡り!
う〜〜〜ん、真似できません〜!(笑)
本当にパワフルなお方なのですね。
小豆島は興味ありです。
でも、Komichiさんのように思い立たなくて。。。
ここは島と言っても、活気のある生き生きとしたイメージです。
観光に行かれる方も多い事でしょう。

海が美しいです〜!
荒々しくなくて!
木の葉
2013/10/14 16:45
木の葉さん。
最初は四国を故郷に持つ友人と一緒にとも考えたのですけど、なかなかスケジュールが合わなくて…一人で出かけました。
アートを巡る気ままな旅になりました〜♪
女性の一人旅も今回はときどき見かけました。。
初めて出かけた小豆島、明るい瀬戸内の風景が美しかったです〜♪
夜、ホテルに入ったらさすがに長旅で疲れていて、すぐに眠っていました〜(笑)。
komichi
2013/10/14 17:19
ようこそ ! 瀬戸内へ !!

瀬戸内国際芸術祭 2013は、トリエンナーレ形式で2010年から始まった芸術祭で今年は二回目ですよね。
瀬戸内に住む私は行ってないのにkomichiさんが足をのばされたとは・・世界中から芸術に興味を持つ人が集まるので・・納得で〜す。
穏やかな瀬戸内のしまなみを借景に楽しまれた事と想像しています。

私は直島のベネッセアートサイトに興味があるのですが終了まであと21日です(汗
白いねこ
2013/10/15 09:17
白いねこさん、行ってきました〜!!
今回は初めての小豆島から廻って、以前も行ったことのある直島と、はじめての女木島と観てきました〜♪モダンアートを自然豊かな環境で観ることで心も解放されるような気がしました。外国の人から若い人まで、さまざまな人たちが行き交っていい雰囲気です。
観光とアート鑑賞を楽しめるすてきな芸術祭ですね。。
komichi
2013/10/15 15:00
komichiさん、小豆島ひとり旅でしたか☆
私は1昨年11月同窓生と訪ねましたよ。
土庄港に着くと、ごま油の良い匂いがしたでしょう?
私もレンタカー借りて、ぐるっと醤の郷巡りましたよ。
もちろん、お醤油やオリーブオイルなどを買って。

瀬戸内国際芸術祭があることは知っていましたが、komichiさん、それに行かれたんですね♪
ハーモニー
2013/10/16 20:09
ハーモニーさん。
1昨年のハーモニーさんの旅のレポート覚えています。
瀬戸内の島の中で、小豆島は大きな方ですからレンタカーが使えますけど、他の島では足が頼りです〜(笑)。
このアートイベントは瀬戸内の島おこしとしても大事な事業のようです。この芸術祭には様々な国からたくさんの観光客が来ていました。。
komichi
2013/10/16 21:41
はじめまして。こえびたいの和さんです。素晴らしい写真、ありがとうございました。 http://borninjordan.blog.fc2.com/blog-entry-30.html

2013/11/02 00:04
和さん、はじめまして!
コメント残してくださってありがとうございます!!
和さんは福島から瀬戸内まで旅をなさったのですか〜!
これからもたくさんの旅の情報を伝えてください。。
komichi
2013/11/02 15:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■瀬戸内国際芸術祭 2013■小豆島から 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる