芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■ 高森 登志夫 展 ■― 光 大気 大地 ― 2014 から…

<<   作成日時 : 2014/01/30 16:48   >>

トラックバック 0 / コメント 6



現在、西千葉のギャラリー古島で開催中の
■ 高森 登志夫 展 ■― 光 大気 大地 ― へ。

こちらは国産籐(ラタン)家具を伝統手法で作り続け
オリジナル・オーダー商品を販売する国内でも希少な
古島籐家具店に併設されているギャラリー。

今回の展覧会では油彩の他、水彩や絵本も展示され
高森登志夫氏の作品世界が網羅されていました。

作品の前に立つと
静謐な風景が語りかけるようで…
その声に心を傾けました。


高森登志夫展1



風景 道志
正面の作品「風景 道志」



妙義
「妙義」



雀島
「雀島」
毎年波に浸食され小さくなって行く雀島の風景



森
「森」
静かな森の風景が語りかけてくるような・・・




絵本
絵本の原画と絵本の展示も



★この展覧会の詳細情報は
    ↓
http://komichi-blog.at.webry.info/201401/article_4.html








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます。

komichiさんの幅広さには何時も関心さされています。
絵心を持たない私ですが散歩道で時々水彩画を
静かに描いてる人を見ると足をとめ筆の動きを
後から眺める事が有ります(^^)。

素人と作家を比べれのは失礼ですが重ねた色が
伝える感動は同じですね(^^)。
あいべん
2014/01/31 05:41
あいべんさん、こんにちは!
私は絵画を学びましたが、描く方より眺めたり、お手伝いをする方が向いているように思っています。描くのは趣味として、一生の仕事としてはどれだけの才能と努力がいるものかと、たくさんの作家の作品を観て再確認しています。。
いつの日か、もう少し静かな生活をするようになったら、朝起きてヨガと庭のお掃除をしてから水彩画をさらっと描くのが老後(いま…?)の楽しみです〜(笑)。
あいべんさんが散歩道で出会う水彩画を描かれる人にとって、豊かな時間なのでしょうね〜♪
komichi
2014/01/31 16:59
高森登志夫展、「光 大気 大地」というタイトルがまさに象徴するような絵画ですね。気持のよい透明感が魅力のような気がします。
絵をカメラで撮影してもなおその透明感が漂っていますね。
ミクミティ
2014/02/01 22:06
ミクミティさん、こんばんは!
絵画の展覧会場で作品の写真を撮るのはほんとうに難しくて…
作家に失礼な写真しか撮れません。
それでも自分の記録になればと…思っています。
少しでも高森氏の感性が伝わったら…うれしいです。
komichi
2014/02/02 00:12
写真でも画の素晴らしさは伝わっています!
これって、描かれたものなんだなぁと思って眺めました。
単純に美しい景色ではないですね。
光 大気 大地とタイトルが分かる気がします。
大地も生きてるって感じ。

残念なのは、自分の気持ちを表現する言葉がみつからない〜(笑)
木の葉
2014/02/04 16:33
木の葉さん、こんばんは!
画の展覧会の写真は光の映り込みなどあって…とっても難しいですけど、雰囲気だけでも伝わればと思っています。
画家がみた風景をキャンバスに一筆ずつ描いてゆくことは記憶との戦いでもあって、描くことで育つ感覚もあるのではないかと…こういう作品を前にすると思います。
まさに、光、大気、大地ですね〜♪
komichi
2014/02/04 22:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■ 高森 登志夫 展 ■― 光 大気 大地 ― 2014 から… 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる