芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS SF映画■ゼロ・グラビティ■

<<   作成日時 : 2014/02/25 22:10   >>

トラックバック 0 / コメント 4



今年のアカデミー賞、有力ノミネート作品
「ゼロ・グラビティ」を現在上映中の
トーホーシネマズ 六本木へ。

地球から600キロ以上離れた
空間を漂う宇宙飛行士と一体になった
感覚が臨場感を一層高め、
3D画面で観る90分間、観ている自分にも
宇宙空間に放り出された緊張感が
最期まで続きます。

昨年末公開された時から
「2001年宇宙の旅」を
超えるという噂もありましたが…

スタンリー・キューブリックの
哲学的な感覚を持つ
「2001年宇宙の旅」は
今も色あせることなく
私の中で生きています。

邦題の「ゼロ・グラビティ」は無重力のこと
原題の「Gravity」は重力のことと、ただならぬことの掛詞でしょうか。


poster2


SF映画■ゼロ・グラビティ■

原題 :Gravity
製作年:2013年
製作国:アメリカ

監督:アルフォンソ・キュアロン

キャスト
サンドラ・ブロック
ジョージ・クルーニー

「トゥモロー・ワールド」「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督が、宇宙空間に投げ出されてしまった宇宙飛行士たちの極限的状況を最新VFXと3D技術を駆使して描いたSFドラマ。スペースシャトルのメディカル・エンジニア、ストーン博士とベテラン宇宙飛行士のマットは、船外作業をしていたところで予想外の事故に遭い、宇宙空間に放り出されてしまう。空気も残りわずかで地球との交信手段も断たれ、たった1本のロープでつながっているだけの2人は、絶望的な状況の中から生還を目指すが……。ストーン博士役にサンドラ・ブロック、マット役にジョージ・クルーニー。撮影は「トゥモロー・ワールド」ほかキュアロン作品を多数担当する名匠エマニュエル・ルベツキ。脚本はキュアロン監督と、監督の息子ホナス・キュアロンによる。
(映画・COMより)

★公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/gravity/#/home


ゼロ・グラビティ1



ゼロ・グラビティ2



ゼロ・グラビティ3




アルフォン・キュアロン
★アルフォンソ・キュアロン(Alfonso Cuaron)
1961年11月28日生まれ
メキシコ・メキシコシティ出身。91年、「最も危険な愛し方」(日本劇場未公開)で長編映画監督デビューし、メキシコのアカデミー賞にあたるアリエル賞のオリジナル脚本賞を実弟のカルロス・キュアロンとともに受賞。シドニー・ポラック制作総指揮のTVシリーズ「堕ちた天使たち」(93)で米国に進出し、95年に映画「リトル・プリンセス」でハリウッドデビュー、続いて「大いなる遺産」(97)のメガホンをとった。デビュー作以来10年ぶりに母国で撮影した「天国の口、終りの楽園。」(01)が世界的に評価され、アカデミー脚本賞にカルロスとともにノミネート。主演俳優ガエル・ガルシア・ベルナルとディエゴ・ルナも国際的なスターに押し上げた。人気シリーズの第3弾「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」(04)の監督に抜てきされ、SF「トゥモロー・ワールド」(06)も絶賛された。その後、同じくメキシコ出身のギレルモ・デル・トロ、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥと製作会社チャ・チャ・チャを設立。ベネチア国際映画祭のオープニングを飾った監督作「ゼロ・グラビティ」(13)も世界中で大ヒットを記録する。同作の共同脚本家ホナス・キュアロンは息子。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます。

映像の不思議さ感じましたか?。
私は映画殆ど見ませんが撮影技術の進化?には
驚かされるばかりですね。
まるで現実空間に引き込まれた様になる・・。
すごい事ですね(^^)。
あいべん
2014/02/26 06:02
あいべんさん、おはようございます!
3D画面で迫力のある音響とともに観ていると
ぐんぐん宇宙に引き込まれて行きました〜!
この映画は映画館で観たほうが断然良いように思いました。
以前観たときより3Dの技術も進化しているようでした。

今日は一日検査でしょうか。
どうぞ、お大事に・・・。
Komichi
2014/02/26 07:33
宇宙ものは好きですけど、3D?
映画館では映画を観ることが最近は無いので、良く分かりませんが、メガネをかけてですか?
だとしたら、私、多分駄目です。。。
目が回ると思います。。。
暫くして、テレビで平たい画面で見たいと思います〜(笑)
木の葉
2014/03/03 20:21
木の葉さん、こんばんは!
私はあまりSF映画は観ていませんけど、この映画はかなり評判だったので観に行きました。この映画は3Dですから眼鏡をかけて観ました。
木の葉さんは目が回るのでは、3D眼鏡は無理でしょうね〜。
komichi
2014/03/03 21:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
SF映画■ゼロ・グラビティ■ 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる