芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■みどりの地球展2014−この惑星のゆくえ−■神田・木ノ葉画廊

<<   作成日時 : 2014/04/29 22:42   >>

トラックバック 0 / コメント 4



神田・木ノ葉画廊より
5月12日から開催される
■みどりの地球展2014■の
ご案内をいただきました。

開廊から30年の今年
充実したアーティストたちの参加で
アートから未来を考える展覧会。

観て感じて考える時を過ごしに
出かけようと思っています。


谷の風景
高森登志夫「谷の風景」油彩 4号 


■みどりの地球展2014−この惑星のゆくえ−■

開廊30周年記念

2014年5月12日(月)〜5月24日(土) 18日(日)休廊

11:30〜19:00(最終日17:00)

☆5月13日(火)17:30〜19:30
語り合おう!原発のこと、自然環境のこと
どうぞ自由にご参加ください。

開けてしまったパンドラの箱を
閉じることはできないが、
その中に残った「希望」を取り出して
育てよう
         故 高木仁三郎



緑の地球 



1985年〜2014年まで29回を重ねてきた環境とアートの企画展です。
油彩画、版画、彫刻、立体、写真、詩など約30点を展示販売。
推奨図書、ポストカードなども展示販売いたします。

★参加アーティスト
故 ロバート ストーン  故 小室至 故 岡本省吾
高森登志夫     菅沼光児    五島三子男
鴫 剛       西川洋一郎   稲田醍伊裕
澤井大輔      山村浩二    斉藤さだむ
若松丈太郎(詩) アーサービナード(詩) 嘉松 聡
                    その他

★推薦図書
Rain Won't 雨ニモマケズ(今人舎刊)*山村浩二の絵本原画を展示
宮沢賢治 アーサービナード 山村浩二

ひとのあかし(清流出版刊)*斉藤さだむの写真を展示
若松丈太郎 アーサービナード

原子力神話からの解放(講談社刊)
高木仁三郎


ph11
★木ノ葉画廊
http://www.konoha-g.jp/
〒101-0038
東京都千代田区神田美倉町12
木屋ビル1F
TEL&FAX 03-3256-2047
map02

 





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
地球と云う惑星の行方・・・。
考えさせられますね。
環境破壊で地球の砂漠化が加速度的に進み
やがて水すら得られない時代が来るのかも・・・。
あいべん
2014/04/30 05:57
とても難しいテーマですね。
でも考えなければいけない事。
ただ、日々生きる事に頑張ってる以外の事に中々意識は向かないと思ったり。思うのは物事の実行をする際に先にはどうなるかを考えてほしいものだと。国を動かしている人たちは真剣に考えているのでしょうかね。
それでも、おこって欲しくない東北災害でしたが、国民が未来の事を考えるようになれたのだと思います。
木の葉
2014/04/30 09:10
あいべんさん、おはようございます!
この地球という惑星、たくさんの命を抱えた船のようなもの。
地球の悲鳴も聞こえそうなほどの環境破壊は人間の手でますます進んで…どこまで行こうとしているんでしょう。。
komichi
2014/04/30 10:12
木の葉さん、おはようございます!
日々の暮らしの中で、何かを手に取る時ちょっと考えて、どちらを選択するか…など、小さなことでも一つずつ考えると少しは違ってくるのかなぁ〜と思っています。
まずは出来ることからしなくては…と思う毎日です。
政治は民度の反映と言いますから、しっかりと選択をしなければと思っています。
今日、こちらは朝から久しぶりの恵みの雨になりました。
komichi
2014/04/30 10:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■みどりの地球展2014−この惑星のゆくえ−■神田・木ノ葉画廊 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる