芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■山崎史朗 幻妙鏡の世界■

<<   作成日時 : 2014/04/05 23:34   >>

トラックバック 0 / コメント 4



丹沢西麓に水眠亭を営む
アーティスト・山崎史朗さんから
万華鏡発祥の地で自身の故郷でもある
長崎の東明山・興福寺で行われる
■山崎史朗 幻妙鏡の世界■の
ご案内をいただきました。

さまざまなアートワークで精巧で美しい作品を
生み出す山崎史朗さんが心血こめて創り上げた
万華鏡の展覧会。

インゲン豆でも有名な隠元禅師の
東渡360周年記念催事として長崎の
東明山・興福寺という素晴らしい場での
開催です。


山崎史朗 


■山崎史朗 幻妙鏡の世界■


〜隠元禅師東渡360周年記念催事〜

2014年4月5日(土)〜9日(水)


午前10時〜午後5時

東明山 興福寺

万華鏡


万華鏡…Kalleidoscopeに魅せられて
試作をくり返し、飽くことのない探究を続けて
ようやく、従来の万華鏡の概念を越える作品を生み出すことができました。
日本の工芸美の深みを求めて、ここに「幻妙鏡」と名付けます。
興福寺《花祭り〜釈尊降誕祭》にあわせての作品展です。
 

★山崎史朗
http://www.suimintei.com/index.html
1949年生まれ。長崎県西海市崎戸町出身。
万華鏡(幻妙鏡)、ジュエリーデザイン、グラフィックデザイン、彫金 
俳句、ウッドベース、蕎麦打ち、根付けなど多様な分野で活動。
ジャズトリオ ベルクシュタイン  ベース担当
    
1994年より、神奈川県丹沢西麓の清流沿いに
築170年の農家を自ら改造し、
日本の伝統文化と西洋文化を融合した空間を造り上げ
「水眠亭」と名付けて音楽や食文化などジャンルを超えた
アートのエッセンスを発信している
 

★万華鏡(幻妙鏡)
外観は磁器に銀細工や漆で仕上げたボディ。
中はガラスや宝石での万華鏡。
その美しさは感動的です

★東明山 興福寺
http://kofukuji.com/index.php
〒850-0872長崎県長崎市寺町4-32
TEL:095-822-1076
 

★過去の山崎史朗さんの展覧会情報
http://komichi-blog.at.webry.info/theme/9088c5b8ba.html







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます。

長崎までお出かけ?。
少し距離があり過ぎですね。

私も昨日能面作家の散歩友達の家に招かれ出かけてきましたが
やはり何事も本者(??)は違いますね。
あいべん
2014/04/06 05:49
万華鏡も素晴らしく変化? 進化?
突き詰めれば、素晴らしく外観も美しいものにですね。
覗いて見える世界もきっと素晴らしいのだと想像します。

私の中では、小さい頃に学校で作った万華鏡で、止まってます。
あまりにも残念でしょ?
テレビでは見たことがありますけどね。
木の葉
2014/04/06 08:54
あいべんさん、こんにちは!
母の出身地でもあるので行ってみたいのですが
さすがに、長崎は遠すぎるような…(笑)。

能面も奥が深くすごいものがありますね〜!
「本者」はやはり素晴らしいです〜☆
komichi
2014/04/06 12:46
木の葉さん、こんにちは!
作品は作る人を表すと言いますけど・・・
ほんとうにそうだな〜と感じます。
万華鏡は小さな穴を覗くと、いきなりあらわれる別世界に毎回驚きます〜!時々手に取って眺めたり、違う宇宙に遊ぶような気持ちで楽しんでいます〜♪
子どものつくる万華鏡もいいものですね〜♪
komichi
2014/04/06 12:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■山崎史朗 幻妙鏡の世界■ 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる