芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■オランダ・ハーグ派展■

<<   作成日時 : 2014/05/28 00:13   >>

トラックバック 0 / コメント 10



現在、■オランダ・ハーグ派展■開催中の
西新宿・損保ジャパン東郷青児美術館へ。

グレイッシュな風景画が多く展示され
17世紀のフェルメールや
レンブラントの静謐な精神性を
受け継いだような作品もあり

静かなオランダの空気が伝わって
穏やかな空間が広がっています。

ハーグ派が影響を受けたバルビゾン派の
ミレーやコローの作品も展示され
豊かな自然描写あふれた展覧会。


オランダバーグ派展
ヤン・ヘンドリック・ヴァイセンブルフ《トレックフリート》
1870年 ハーグ市立美術館


ゴッホの原点
■オランダ・ハーグ派展■
近代自然主義絵画の成立

2014年4月19日(土)〜6月29日(日)

月曜休館(ただし5月5日は開館)

午前10時−午後6時(金曜日は午後8時まで)

損保ジャパン東郷青児美術館
〒160-8338新宿区西新宿1-26-1
損保ジャパン本社ビル42階


19世紀後半のオランダで、ポスト印象主義の画家ゴッホが「大物(マストドン)」とよんだ画家たちがいました。彼らは活動の拠点であった都市の名にちなんで「ハーグ派」とよばれていました。本展覧会はこのハーグ派に焦点をあてた日本で最初の展覧会です。ハーグ派はフランスのバルビゾン派の影響を受けながら、17世紀オランダ黄金時代の絵画を再評価し、屋外における自然観察を基盤として風車や運河、海景や船といったオランダならではの風景、漁業や農業に従事する人たち、室内など身近でありふれた光景を、透明感のある繊細な光とともに描きました。本展覧会ではオランダのハーグ市立美術館の所蔵作品を中心に、ハーグ派の作品だけでなく、クレラー=ミュラー美術館、ならびに国内に所蔵されているバルビゾン派の作品、そしてハーグ派の影響を受けたゴッホと抽象画家ピート・モンドリアンの初期作品もあわせてご紹介いたします。


セーヌ川の月明かり
ヨハン・バルトルト・ヨンキント《セーヌ川の月明かり》
1851-1855 油彩/板 ハーグ市立美術館



漁船
ヤコプ・マリス《漁船》1878年 ハーグ市立美術館




虹
ヴィレム・ルーロフス《虹》1875年 ハーグ市立美術館




日曜の朝
ヨーゼフ・イスラエルス《日曜の朝》1880年 ハーグ市立美術館






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます。

今日は朝から快晴模様です(^^)。
昨日肩透かしの予報に翻弄されましたが今日は大丈夫です。

それにしてもkomichiさんの探究心衰え知りませんね(^u^)。
あいべん
2014/05/28 05:35
ああ〜いいですねぇ〜、グレイッシュな絵画!
私の好み!
少し暗いくらいがいい!
綺麗なものもいいけれど、私の気持ちが暗いわけでもないけれど好き!
と、訳の分からない事言ってますね(笑)
暗い場所に居れば、より明るさも綺麗に思うし、暗い気持ちから抜け出した時もこれほど幸せに思う事もないと私は感じたりしますから。
木の葉
2014/05/28 08:53
あいべんさん、こんにちは!
こちらも今日は朝からすっきりの晴れにはなりませんでした。
少しずつ梅雨に向かっているようですね〜。
相変わらず、あっちうろうろ、こっちキョロキョロしていますね〜(笑)。
Komichi
2014/05/28 17:07
木の葉さん、こんにちは!
いいでしょう〜!
私もこういう絵画が大好きです〜♪
しみじみ落ち着きます〜☆
この展覧会はこの日とても空いていて・・・
ゆっくり堪能しました〜☆
我が家はリビングルームの明かりまでかなり暗めで、いらした方にびっくりされたりしています〜(笑)。
Komichi
2014/05/28 17:14
komichiさん、こんばんは。
オランダの美術館で、鈍くて優しい、そう、このグレイッシュな陰影に
包まれたことを思い出します^^
大好きなのです〜。レンブラントも、フェルメールも。
季節で言うと、秋色って言うんでしょうか。
自分が写真を撮ると、明るめの色になるのですが、
本当は、こんな風な落ち着いた世界を
写せたらなあ・・と、思っていたりします^^
みゆき
URL
2014/05/28 19:42
みゆきさん、こんばんは!
オランダ絵画、とくに風景画に見られる色彩が好きです〜♪
グレーのベールに包まれたような…深い味わいが何とも言えず、しっくり心に届きます。
レンブラントもフェルメールも絵画の中に深い精神性が感じられ、印象深いですね〜。
あまり宣伝されていませんけど、とてもいい雰囲気の展覧会でした。
komichi
2014/05/28 21:45
木枠の窓から差し込む優しい光。
この何となく外を見る感じがいいですね。
学校でも、昔から窓際大好き族でした。
東郷青児美術館で、こういう展覧会をやってんですね。
いいものを見せて戴きました。
yasuhiko
2014/05/29 12:57
yasuhikoさん、こんばんは!
《日曜の朝》の絵には静かな眼差しに安らぎが感じられます。
私も小学生の頃、授業中に窓からぼんやり外を眺めて、空想している女の子でした〜(笑)。
損保ジャパン東郷青児美術館は本社ビル42階にある眺望のいい美術館です。
komichi
2014/05/29 22:57
コメント書かずにいつも「へえ」「ほう」と頷き、写真を眺め帰っております。
『バルディス展』も気になりつつこちらで詳しく嬉しく拝見、『ブルージャスミン』は知らなかったけど観てみたい。
ファツションが気になります〜。
うらら
URL
2014/05/30 07:04
うららさん、おはようございます!
いつも見ていただいていること、とっても幸せです〜♪
ありがとうございます!
私もうららさんのブログに訪問しながらコメントを残さず拝見しておりました。
朝晩は森なので肌寒いくらいですが、こちらも連日夏日です。そちらも夏のような気温の日々でしょうか〜?お体にお気をつけてお過ごしください。
komichi
2014/05/30 09:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■オランダ・ハーグ派展■ 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる