芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■川内倫子×テリ・ワイフェンバック 「Gift」展■

<<   作成日時 : 2014/06/03 13:15   >>

トラックバック 0 / コメント 16



真夏のような午後
現在、六本木AXIS3階
写真情報発信・ストアー・ギャラリー
IMA CONCEPT STOREで開催中の
■川内倫子×テリ・ワイフェンバック 「Gift」展■へ。

ワシントンD.C.と東京という
別の空間で暮す二人のフォトグラファーの
往復書簡のような写真の呼応で構成された
詩のような写真展。

こちらの店内では「Gift」の写真集はもちろん
内外の興味ある写真集も扱っていて
眺めているだけで心が満たされる
素敵な場所。


gift リーフレット


■川内倫子×テリ・ワイフェンバック 「Gift」展■

2014年04月27日(日)− 2014年06月22日(日)


11:00〜22:00

フォトグラファー:川内倫子 / Terri Weifenbach

IMA CONCEPT STORE 
http://imaonline.jp/list/imaconceptstore


身近にある自然をモチーフに、幻想的な風景を写し出すテリ・ワイフェンバックと、日本を代表する写真家のひとりとして海外でも広く知られている川内倫子。同じ女性写真家であり、お互いの写真集を持っていたという二人が、2011年からプライベートな交流としてメールで続けていた往復書簡。それが写真を送り合うというひとつのプロジェクトとして発展したのが「Gift」です。


Rinko
Rinko Kawauchi


Rinko Kawauchi
Rinko Kawauchi

Terri Weifenbach
Terri Weifenbach


Terri
Terri Weifenbach


会場から・・・

会場


会場1


会場


写真集



ショップ
ショップ



カフェ
ショップの奥には居心地よさそうなカフェ


IMA 
IMAのイメージするリビングルームも・・・



★IMA CONCEPT STORE
IMA
http://imaonline.jp/list/imaconceptstore
〒 106-0032 東京都 港区
六本木5−17−1 AXISビル3F
TEL: 03-5572-7144





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
素敵な、奥にあるカフエ!
と、カフェ好きには見逃せない写真です(笑)

写真が本当に詩のようです。
眺める人それぞれに想う事が浮かびそうですね。
こういう感じもかなり好きな写真です、私。
嫌いなタイプも当然あります。
何が言いたいんだろう? 何が主役? だから何?ってものを、ここいら辺りでは見かけます、残念! 素人だと当たり前でしたかね(笑)
木の葉
2014/06/03 17:54
六本木のAXISビルは、非常に懐かしいです。
かつて、いや凄い昔の学生の頃、この辺りをうろうろしたり、デートの下見をしたり、そんな思い出があります。
素敵な写真展ですね。まさに詩的な雰囲気。
さすがkomichiさん、こういった所でセンスを磨いていらっしゃるのですね。コーヒーも美味しく頂けるでしょうね。
ミクミティ
2014/06/03 21:49
木の葉さん、こんばんは!
こんな風に詩のような写真を撮って、往復書簡のようにやり取りが出来たら素敵でしょうね〜♪
相手の写真に寄り添いながら、また別の場所に飛んでゆくような…この展覧会を眺めながらいろいろと空想していました〜☆

奥のカフェ、木の葉さんのお好みでしょうね〜♪
こちらで購入した写真集を眺めながら、ゆったりするのも素敵だなぁ〜と思っています。。
komichi
2014/06/03 22:08
ミクミティさん、こんばんは!
このAXISビルは出来た頃、とても斬新なコンセプトのビルで、よく仕事をしていました。
いまもリビング・モチーフというインテリアショップも健在で、好きな小物を見つけてしまいました〜(笑)。
最近、こちらのIMAコンセプトストアーが入ったことで、また頻繁に通いそうな気がしています〜♪
ミクミティさんの学生時代の姿が想像できます〜〜♪
komichi
2014/06/03 22:15
オシャレで刺激的!
写真のキャッチボールとは、
何とも素敵な発想ですね。
お互い感性が近いから出来るんでしょうね。
気の利いた和歌で手紙を交わした
王朝人のようなやり取りだと思いました。
yasuhiko
2014/06/03 23:11
お早うございます。

面白い試みですね。
こんな発想に辿り着くのもやはり普通の並?人間
ではできないかも(^^)。

写真は言葉不要の眺めて読んで好きな連想の
できる大人の絵本でしょうか(^^)。
あいべん
2014/06/04 06:06
言葉ではなく写真で会話する…なんて粋な。
アートとは本来そぉいうものなのかもしれませんネ。
お二方の写真、構図が斬新でありながら詩情も感じるステキな作品です。
でもやはり日本人的な詩情と、西洋人的な詩情ははっきりと現れています。
川内倫子さんの写真集何冊か持ってますが、さりげない家族(田舎のおじいちゃん)との距離感が収められてるのが気に入ってます。

おーちゃん
2014/06/04 06:38
yasuhikoさん、おはようございます!
和歌でのやりとりのように、写真で往復する心の交流が羨ましくも感じます。
見ている方向や価値観が近くないと成立しないことでしょうね〜。
写真の表現の深さを感じる展覧会でした〜☆
Komichi
2014/06/04 07:38
あいべんさん、おはようございます!
写真はそれを受けとめる人の感性によって、どんな風にも見えますから・・・こんな風に写真のやりとりが出来るには、相手へのリスペクトがなければ難しいでしょうね〜。
まさに、大人の絵本ですね〜☆
Komichi
2014/06/04 07:44
おーちゃんさん、おはようございます!
こんなふうに写真で会話ができたら・・・素敵ですね〜♪
私もこの展覧会で川内倫子さんの写真には自然と溶け合うような日本人的なものを感じましたし、テリ・ワイフェンバックさんの表現には実存的な西洋感覚を感じました。
おーちゃんさんは、川内倫子さんの写真集もお持ちでしたか〜!
私はあまり詳しくなくて・・・これからたくさんの彼女の写真を眺めようと思っています〜☆
Komichi
2014/06/04 07:59
中国地方は今日梅雨入りしましたー。平年より3日早く、昨年より8日遅いらしいです。

なんとも贅沢なcocept storeですね。
1億総カメラマンと化した現在こそなんでしょうねー。
写真集を出している人にとって、可能性がここから拡がっていきそう、御二方は知りませんでしたが、きっとこの方面では有名な方なんでしょうね。
komichiさんも写真集を出されては !!?
白いねこ
URL
2014/06/04 16:57
お二人の写真家がお互いにメールでやり取りする試み、面白いですね〜☆
タイトルが「Gift」ですか。な〜るほど!納得です。

リビング、何か落ち着きますね!変に雑然としてなくて、そうかと言って整然し過ぎてなくて。。
生活感があるって、こういうことですね!
私は片づけ上手ではないから、こんなお写真を拝見すると安心します〜(笑)
ハーモニー
2014/06/04 20:13
白いねこさん、おはようございます!
そちらはもう梅雨入りですか〜。
こちらも今朝から小雨が降り始めてきました。

IMAは写真情報を発信しているサイトもあって、いつも読んでいました。写真雑誌として発足したIMAですけど、私もこういう場所を待っていました〜♪これからも内外の写真家の作品に触れる場所として、通いたいなぁ〜と思っています。
>komichiさんも写真集を出されては !!?
まさか〜〜!です〜(笑)。
komichi
2014/06/05 10:22
ハーモニーさん、おはようございます!
二人の女性写真家の往復書簡のような写真展です。
それぞれの感じた世界が写真で表現され・・・
それを見る私たちにも何かをもたらしてくれました〜☆
まさにGIFTです〜♪

リビングのくつろいだ雰囲気がいいですね〜♪
そこに住まう人の美意識が反映された部屋は心地いいですよね〜☆
komichi
2014/06/05 10:28
komichiさん、こんばんは^^
とても興味がある展示と思いながらも、蒸し暑くなると
都心への足がぐんと遠のく、私の気力と相談してからの遠出^^;

写真家さん同士の写真を通しての往復書簡。
言葉のない分、感性で響きあうようなやり取り・・
なのかなあ・・って、憧れます。
いつか、そんな相手が私にも見つかったら素敵だな・・って、
いつも思っていたりして^m^
みゆき
URL
2014/06/20 20:05
みゆきさん、こんばんは!
詩を書くように写真を撮る。
この展覧会を観ていて、みゆきさんのようだなぁ〜と思いました。
写真家同士のリスペクトがあって…素敵でした〜♪
それぞれの持ち味の違いが豊かさを増して、それからそれへと連なって展開して行く、何とも素敵な往復写真でした。

蒸し暑い毎日です。
お体にはくれぐれもお気をつけて☆
komichi
2014/06/20 22:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■川内倫子×テリ・ワイフェンバック 「Gift」展■ 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる