芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画■パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト■

<<   作成日時 : 2014/07/23 00:40   >>

トラックバック 0 / コメント 14



現在、映画■パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト■を
上映中の渋谷・Bukamura、ルシネマへ。

いま欧米で最も人気のあるバイオリニスト
デイヴィット・ギャレットが狂気の天才
パガニーニに扮して弾くストラディヴァリウスの音色に
酔いしれる2時間。

モデルでもあるセクシーな
デイヴィット・ギャレットはパガニーニそのもの。
現代のパガニーニと言われることに納得。

この映画公開前の6月
デイヴィット・ギャレット日本コンサートも行われ
スケジュールが合わず、行かれなかった想いも
この映画でかなり解消。

パガニーニ


■パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト■


原題  Paganini: The Devil's Violinist
製作年 2013年
製作国 ドイツ
監督  バーナード・ローズ
キャスト デビッド・ギャレット  ニコロ・パガニーニ
     ジャレッド・ハリス   ウルバーニ
     アンドレア・デック   シャーロット・ワトソン
     クリスチャン・マッケイ ジョン・ワトソン
     ジョエリー・リチャードソン エセル・ランガム

19世紀イタリアの天才バイオリニスト、ニコロ・パガニーニのスキャンダラスな人生を、「不滅の恋 ベートーヴェン」のバーナード・ローズ監督が映画化。1830年、イタリア。敏腕マネージャー、ウルバーニの働きで富と名声を手にしたパガニーニは、私生活では女や酒、ギャンブルにまみれた堕落した毎日を送っていた。ある日、指揮者ワトソンの尽力でロンドン公演を行うことになったパガニーニは、そこでワトソンの娘シャーロットと出会う。美しい声を持つシャーロットと音楽を通して心をかよわせ、初めて本当の恋を知るパガニーニだったが……。欧米を中心に絶大な人気を誇るドイツ人バイオリニスト、デビッド・ギャレットが主人公パガニーニ役でスクリーンデビューを飾り、名器ストラディバリウスで名曲の数々を奏でた。
(映画・com)

パバニー二1
(C)2013 Summerstorm Entertainment / Dor Film / Construction Film /
Bayerischer Rundfunk / Arte. All rights reserved



パガニーニ2
(C)2013 Summerstorm Entertainment / Dor Film / Construction Film /
Bayerischer Rundfunk / Arte. All rights reserved



パガニーニ3
(C)2013 Summerstorm Entertainment / Dor Film / Construction Film /
Bayerischer Rundfunk / Arte. All rights reserved



パガニーニ4
(C)2013 Summerstorm Entertainment / Dor Film / Construction Film /
Bayerischer Rundfunk / Arte. All rights reserved


☆公式サイト
http://paganini-movie.com/




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
え〜〜ホンモノの、しかも人気の天才奏者が、映画内でほんとに弾いちゃう??演技もしちゃう??なんかスゴイ〜〜(笑)昨今多芸で天から二物も三物与えられてる人多いですものね。でもなんか楽器というのはこれまた特別で、なんかスゴイです☆そしてパガニーニの、堕落人でありながらバイオリンを持たせるとスゴイって、まさに凶器、あれ、狂気〜侠気??扮したデビッドさんは、名前は聖人ですが、狂気に目覚めちゃったりして?ワタシも観たくなりました!!
こりす
2014/07/23 05:14
こりすさん、おはようございます!
凄いでしょう〜〜♪(笑)
デビッド・ギャレットがいなかったらこの映画の成立は難しかったかもしれないと思うほど、素晴らしい演奏と雰囲気でした〜!
ギャレットはロックのような奏法もする人ですから、パガニーニにはピッタリ〜〜♪
天才は狂気を孕んでいるものでしょうから…
ギャレットの中にある狂気とこの映画の中でシンクロしていたのかもしれません〜☆
komichi
2014/07/23 09:45
おお〜!
これまた、パガニーニですか!
これはぜひぜひ観たいと思います。
曲も素晴らしいし、どのような生き方をされた方なのかも知りたい。
デビッド・ギャレットですね!
な〜んか、好きになりそう〜(笑)
木の葉
2014/07/23 16:38
木の葉さん、こんばんは!
この映画の映像も美しいですし
なんといっても、デビッド・ギャレットの演奏と
セクシーな彼の雰囲気に、ただならぬ気配を感じて
なかなかでした〜〜♪
美しい狂気は、好きです〜(笑)。
Komichi
2014/07/23 19:24
紹介戴いた写真を見ていても、
時代を感じさせる映像が素敵ですね。
『アマデウス』もそうでしたが、
背景となる時代の風俗描写に、
いつもものすごく心惹かれてしまいます。
狂気と隣り合わせの自堕落な天才。
俳優なら(音楽家でした)、誰でも一度は
演じてみたくなる役ですね。
yasuhiko
2014/07/23 22:39
こんばんは!
「不滅の恋 ベートーヴェン」はミステリアスでドラマチックで、大好きな映画です♪(ゲーリー・オールドマンが主演でした)
その監督が制作した天才ヴァイオリニストの映画となれば、きっと、見ごたえある作品なのでしょうね♪
実在のヴァイオリニストがパガニーニを演じてなおかつ演奏するなんて
すごく贅沢な映画ですね!興味津々♪
komichiさんBunkamuraへはホットラインですね!
sasapanda
2014/07/23 23:45
お早う御座います。

棚からヴィクトリア ムローバーのCD取り出し聴いています(^^)。
久しぶりのパガニーニです。

出無精だけど見たい?聴きたい?映画ですね。
あいべん
2014/07/24 08:35
yasuhikoさん、おはようございます!
アマディウスもそうですけど、時代背景がしっかり描かれ、そこにドラマと音楽が重なると、至福の時となります〜♪
私は美術や衣装などにも目が引きつけられ、何回でも観たくなりますね〜☆
天才の狂気は魅力的です^^
Komichi
2014/07/24 09:08
sasapandaさん、おはようございます!
「不滅の恋 ベートーベン」ほどドラマ性は強くないですけど・・・
主演のギャレットの雰囲気がパガニーニと重なって、
久々にドキドキしました〜(笑)。
美しき破滅型の天才、魅力的で惹かれます〜♪
この映画は、いま有楽町や新宿でも上映していますが
Bunkamuraの雰囲気が好きで通っています〜☆
Komichi
2014/07/24 09:36
あいべんさん、こんにちは!
ヴィクトリア ムローバ、いま検索してみましたが
あまりいいサンプルが見つかりませんでした。
さすが、あいべんさん、クラシックのライブラリーも豊かですね〜♪
近いうちに、私も聴いてみようと思っています〜☆
この映画のDVDが出たら、一度ごらんになってください〜☆
Komichi
2014/07/24 11:05
こんばんは〜♪
このような映画が上映されてるのですね。
パガニーニの作品は難曲が多くて、誰もが思うように弾けないみたいですよ。
私は以前、ラフマニノフの「ある愛の調べ」を観ましたが、やはり女が見え隠れする映画でした。
芸術家と名の付く方はみな女性が関与してますね。
それくらいじゃなきゃ、良い作品は作れないかもしれませんね。
ハーモニー
2014/07/24 18:42
ハーモニーさん、こんばんは!
パガニーニ自身が超絶バイオリニストだったこともあって、常人では弾きこなせない曲が多いようですね〜!
今回パガニーニ役のデビッド・ギャレットは多彩な音色を奏でる演奏家ですから、この映画が成立したのだと思います。
アーティストが作品に向かう情熱は時に女性にも向けられ、作品構築の礎になることも多いように感じます。
ただ今回の映画の中でのパガニーニは繊細過ぎて、常軌を逸してしまうようなところも見受けられました。
komichi
2014/07/25 23:03
あっ、これ、絶対見たい〜
映画館で見たい、聴きたい、一人で調べの中に身を置きたい、ましてや名器ストラディバリウスなら尚更 !!
でも、現実はDVD待ちの隣におひとりが^^;

ディズニーランドのカラフルな色がきれい !!
らいくんの表情はお姉ちゃまに似てますね♪〜
白いねこ
URL
2014/07/27 11:42
白いねこさん、こんばんは!
この映画、きっと白いねこさん向きだと思います〜♪
観て聴いて、心酔わせる…至福の時間が訪れそうです〜。
酒場でバイオリンを弾く、ギャレットが好きです^^

夏のディズニーはかなり暑いですけど、
孫の笑顔が嬉しい一日でした〜☆
やはり姉弟は似ているのですね〜♫
komichi
2014/07/27 21:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画■パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト■ 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる