芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■碓井直弘 陶磁展■−マンゴーの見る夢−

<<   作成日時 : 2014/09/27 23:40   >>

トラックバック 0 / コメント 8



藤野で陶釉舎を運営する
陶磁器作家・碓井直弘さんの21年ぶりの個展
■碓井直弘 陶磁展■−マンゴーの見る夢−
を開催の赤坂・Gallery×Cafe ジャローナへ。

2007年、タイ・チェンマイ大学芸術学部で
客員教授として半年間滞在した初海外生活での
驚きと感動の詰まった作品が展示されています。

つるっとした白磁の不思議なフォルム
マンゴーはどんな夢を見るのでしょう。

会期も1週間延長されました。
ぜひお出かけください。

マンゴーの見る夢


■碓井直弘 陶磁展■−マンゴーの見る夢−


2014年9月23日(火)→10月4日(土)
会期延長になりました。

12:00〜19:00 最終日17:00まで



トッケイ4
《トッケイ》
トッケイはタイのヤモリのこと。
大きなものは30センチ以上もあるとか…


マンゴー4
《マンゴー》


トッケイ
《トッケイ》


作品


トッケイ1
《トッケイ》


水壺
《水壺》



灰釉パスタ
灰釉のうつわ


灰釉皿



碓井直弘 陶磁展



ことば





陶釉舎
(陶釉舎↑)
★碓井直弘(うすいなおひろ)
1955年 神奈川県生まれ
東京クラフトデザイン研究所・陶磁器デザイン科卒業
佐賀県有田町と愛知県瀬戸市で、陶磁器デザイナーとして開発・研究を担当。
現在、相模原市緑区(旧、津久井郡藤野町)にて作陶生活を送っている。
2002年から女子美術大学、神奈川県立保護福祉大学で非常勤講師として勤務。
2007年、タイ国立チェンマイ大学芸術学部で客員教授として半年間滞在。


★Gallery×Cafe ジャローナ

http://www.jalona.jp/
〒107-0052 東京都港区赤坂2-6-22
デュオ・スカーラ赤坂U B-102
TEL / FAX 03-3587-6810 
東京メトロ千代田線赤坂駅(2番出口)より徒歩2分
和菓子「塩野」さん向かいの地下1階です。

map






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます。

不思議なことに・・一目見て、お〜白いマンゴーと感じて
老眼掛けてみたら本当に磁器の白いマンゴーなので苦笑い。
陶芸のセンスあるのかな?(笑)。

京都今日も快晴模様です(^^)。
あいべん
2014/09/28 05:34
あいべんさん、こんばんは!
私は案内葉書をいただいたときに、最初何だかわかりませんでした〜(笑)。あいべんさんは、さすがに東南アジアには何度も足を運ばれていて、すぐに白いマンゴーと気がつかれたのですね〜!
木に生っている様も見たことがないので、イメージできませんでした〜(笑)。
碓井さんはタイのマンゴーのイメージを洗練させて素敵な作品に仕上げて、見事でした〜☆

こちらも今日は朝から快晴の秋晴れでした〜☆
komichi
2014/09/28 22:12
私はあまり陶磁展には行ったことがありませんが。
それにしても、伝統的な陶磁器とはまったく異なる、斬新で美しい色合いや風合いですね。またマンゴーのフォルムというのも面白いです。
光もうまく使っていますね。また撮影も見事です。
ミクミティ
2014/09/28 22:36
ミクミティさん、こんばんは!
光の当たった作品は、何で出来ているのか分からないほどです。ちょっとガラスのようでもあり…不思議で魅力的な作品に仕上がっていました〜♪
秋の夜長、出窓にこの作品を置いて光をともしたら…いい夢が見られそう〜(笑)。
中に入っている灯りはLEDで熱をあまり持たないので、木の台を付けたりできたそうです。。
komichi
2014/09/28 22:53
マンゴーの見る夢とは不思議なタイトルと作品。
形がなんだか生き物っぽい、そして美しい形と絵柄。
灯りが透けてる所も不思議。
観る人の夢って事なのかしら?
傍にあれば、あったかい気持ちになれる事は間違いないですね(笑)
木の葉
2014/10/01 20:37
木の葉さん、こんばんは!
白磁のすべすべした表面にマンゴーの姿がなんともふんわりとしながら艶っぽくて…そばに置いておきたくなるようでした〜♪
トッカイ(タイのヤモリ)も描かれていて、南国の気分も高まります〜☆
komichi
2014/10/01 22:31
マンゴー、色々な形に表現されてて面白いですね。
マンゴーからトッケイを想像されたのでしょうかしら?これが「マンゴーの見る夢」に繋がったのでしょうか?
いずれにしろ、発想が面白いですね。

渋めの器、秋らしくて素敵ですね〜。
ハーモニー
2014/10/02 11:13
ハーモニーさん、こんばんは!
いつもは藤野の陶釉舎でお会いしていますが
今回は赤坂での個展ということで、初日に伺いました。
白磁から透けて見える柔らかな光が美しく、私もマンゴーの夢を見られそうでした〜♪
灰釉薬をつかった器もしっかりとした存在感があって素敵でした〜☆
Komichi
2014/10/02 19:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■碓井直弘 陶磁展■−マンゴーの見る夢− 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる