芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS 色絵・染付■ 阿部 良雄 展 ■ 信州の風をつたえます

<<   作成日時 : 2014/10/29 23:19   >>

トラックバック 0 / コメント 10



日本森林浴百撰のひとつ
信州「角間渓谷」の陶房・不二見窯で
作陶をする阿部良雄さんの
銀座・文芸春秋画廊で開催中の
色絵・染付■ 阿部 良雄 展 ■へ。

工房のある信州の空気も会場に
運ばれたような・・・
そんな世界が広がっています。


阿部良雄展


信州の風をつたえます

色絵・染付■ 阿部 良雄 展 ■


2014年10月27日(月)〜11月1日(土)

午前11時〜午後7時

27日(月)は1時開廊・1日(土)は5時閉廊


阿部良雄10


阿部良雄3


阿部良雄2


阿部良雄5


阿部良雄8


阿部良雄1


阿部良雄4



★文藝春秋別館/地下画廊 ザ・セラ− 
http://www.bunshun.co.jp/gallery/celler.htm
map

★阿部良雄
1949年 東京都足立区生まれ
1968年 愛知県立瀬戸窯業訓練校修了
1970年 通産省名古屋工業技術試験所瀬戸分室勤務
1978年 長野県真田町傍陽に工房を竣工
1993年 真田町角間ひばり沢林道に自宅と工房を竣工

不二見窯
★不二見窯・陶房
http://fujimigama.sakura.ne.jp/
〒386−2201 長野県上田市真田町長角間ひばり沢林道
TEL/FAX:0268-72-4748







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます。

寒くなりましたね。
身震いしながら散歩に出掛ける昨今です。

陶芸家さん自分の世界を持ってるから素晴らしい
ですね。

我が家の近所にも夫婦が陶芸家の人が居ます。
年に一度は東京で個展?夫婦展をして居られるそうです。

昼夜が逆なので余りお会いできませんが
ヨーロッパからのバイヤーがよく来ています(^^)。
あいべん
2014/10/30 05:39
おはようございます!
ここ何日かで本当に寒くなりました。。。
そちらはもっとでしょうか。。。

この作品達、愛らしい!
あまり見かけることもありません。
でも、自分が陶芸をやってたとしたら、やりそうな絵柄!
親しみを感じました〜!と、私が出来るか分かりもしない勝手な感想でした(笑)
木の葉
2014/10/30 08:33
あいべんさん、こんにちは!
陶に色絵を付けて仕上げるのは、大変なことだと思いますけど阿部さんはこの色絵でご自分の世界を表現されているようです。
紙やキャンバスに描くのとは違った苦労があることを、私も以前一度絵付けをしてみて、つくづく感じました〜。
komichi
2014/10/30 13:32
木の葉さん、こんにちは!
こちらはもうだいぶ前から朝晩は暖房をつけています〜(泣)。日中は落ち葉がハラハラ舞い落ちるのを眺めながら部屋の中で日向ぼっこをしています〜♪

阿部良雄さんの作品は色絵を描いて、童話や自然の世界を見せています。私は空間の多い最後の作品のようなものが好みです〜☆
komichi
2014/10/30 13:37
信州の高原に咲く花、
森の生き物、刈取りの終った田んぼ。
本当に信州の空気が一杯です。
飛行機を見上げる子供たち。
こういう姿は見なくなりましたね。
yasuhiko
2014/10/30 21:08
細かい絵付けですね。
でも、豊かな色合いがとても素敵〜♪
陶板に描かれた子供たちの絵、ほのぼとしますね☆
ハーモニー
2014/10/30 21:29
yasuhikoさん、こんばんは!
阿部良雄さんの作品から信州の空気が感じられ
自然のなかの工房からたくさんの作品が生まれています。
あけびやザクロなど木の実も描かれて、空を見上げる子供の姿もどこか懐かしいですね〜☆
komichi
2014/10/30 21:29
ハーモニーさん、こんばんは!
陶の絵付けはとても大変ですけど、阿部良雄さんは細かな植物などを皿一面に描かれて…その労力も相当なものと感じています。
陶板に描かれた子供の姿が可愛い作品で、私も好きです〜♪
komichi
2014/10/30 21:40
こんばんは!七宝焼の様に繊細で艶やかな陶器に魅了されますね♪
本物を拝見したかったです!
秋の実りを描いた花瓶?とブルーのお皿が素敵です!
sasapanda
2014/11/05 23:54
sasapandaさん、おはようございます!
阿部良雄さんは信州の里で陶芸をされていて、毎年銀座の文芸春秋の画廊で展覧会をされています。
カウンターバーで美味しいお茶を奥様が淹れてくださって…くつろぎながら色絵陶器を眺めるすてきな時間です。
ひとつ、お部屋にあると、そこが温かな空気に包まれそうな気がします〜♪
komichi
2014/11/06 10:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
色絵・染付■ 阿部 良雄 展 ■ 信州の風をつたえます 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる