芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS とびだした金魚■室坂京子■ピアノソロ即興

<<   作成日時 : 2014/11/26 17:16   >>

トラックバック 0 / コメント 10



藤野の古民家・繭やに住むピアニスト
室坂京子さんのピアノソロコンサートが藤野を離れ
由緒ある早稲田奉仕園スコットホールで行われます。

12月26日、冬の空気を感じる頃
彼女の奏でるj.s.bach、 c.coreaを・・・


kyou_omote

とびだした金魚■室坂京子■ピアノソロ即興

2014年12月26日(金)

19:30 開演(19:00 開場)

入場料 \2,500(全席自由 当日受付扱いのみ)

「2001年から2013年まで、神奈川県藤野の繭やにて年一回の公演を重ねて来た
"とびだした金魚"シリーズ、2014年は東京新宿早稲田奉仕園スコットホールで開きます。
1992年のソロ即興ライブ以来のなつかしいスコットホール。
またこのところコラボレーションが続き、独り舞台での即興も数年ぶりです。
j.s.bach、 c.coreaなどの作品をを織り交ぜて紡ぎます。
どうぞ目撃におでかけください!」

ピアノ

★お問い合わせ
090-9011-9549/050-7517-3698
mayuya@music.plala.or.jp
mayuya-desuga@softbank.ne.jp


kyou
★室坂京子
http://mayuya.net/
幼少よりピアノに親しみ ミュンヘン音大ピアノ専攻卒業。帰国後もひたすらクラシック音楽の演奏解釈に没頭する日々 ふと自らの音は一体なんなんだろう?と チューニングを解いたプリペアードピアノ上で即興演奏の模索をはじめる
1990年以降 主にドイツと日本でコンテンポラリーアートとのコラボレーションを数多く経験 同時代を生きるアーチストたちとジャンルをこえて活動 その種々雑多な生態を目撃。そんな中1999年に始まった日本の子守唄遊び唄を軸にすえた即興創作活動は主にドイツで演奏の機会を与えられ 人をふくみ 時をふくみ 今だ発酵中
近年ではオペラシアターこんにゃく座のピアニスト 創作オイリュトミーとのコラボレーションなど 即興と楽曲演奏の両方をこなすピアニストとして活動 現在に至る。



スコットホール
★早稲田奉仕園スコットホール
http://www.hoshien.or.jp/index.html
〒169-8616
東京都新宿区西早稲田2-3-1
TEL:03-3205-5411
FAX:03-3205-5413

map


★室坂京子さんの過去記事
http://komichi-blog.at.webry.info/theme/8b4255b916.html




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます。

絵画に音楽・・やはり今日も幅の広さに・・(ふふ)。
最近京響の定期演奏会にも行かなくなった自分を
改めて感じてます。
頭の手術するとやはり音に余に敏感になりつかれる?
頭痛がする時があります。
散歩でカメラと共に仲間だったイヤホンも今はお休みしてます(笑)。
ホールでの力強いピアノの音色堪能されましたね(^u^)。
あいべん
2014/11/27 08:20
あいべんさん、こんばんは!
あいべんさんは、手術の後音に敏感になって疲れてしまうのですね〜。
かつて、ピアニストが我が家に来て話をしていたら、ラジオの音楽に神経が行ってしまうので消してください・・・と、言われたことがありました。
私は本を読むときなどは無音が好きですけど・・・たいていは部屋に何か音楽が流れています〜♪
いつもコメントを残してくださって、ありがとうございます。
Komichi
2014/11/27 22:40
楽しそうな聴いてみたいコンサートですね。
タイトルの一文、飛び出した金魚がいいなあ。

早稲田には卒業してアートな活動をしている人を応援してくれる施設があるって刺し子の先生から聞いていましたが、きっとここですね。
うらら
URL
2014/11/29 08:50
うららさん、こんばんは!
以前「芸術の小径」で開催していたイベントでも室坂京子さんのピアノコンサートをしていました。
今回は藤野を離れて早稲田ゆかりのホールで演奏です〜♪
楽しい時間になりそうです。。
komichi
2014/11/30 00:01
ただいま室坂京子さんのサイトでDEMOを聴きました。
暗中模索の途上かもしれませんけれど、そのサウンドの隅々に流れる音はやはり日本人的な哀愁を帯びたものと感じました。
バッハのかっちりした曲等をどのように解釈し分解し再構築されるのか。
ライブのその時にしか味わえないモノなのでしょう。
しかしお江戸はさすがに遠いです。
おーちゃん
2014/11/30 07:30
おはようございます〜♪
室坂京子さん、存じ上げないのですが、即興演奏をなさるんですね。
私も以前、即興を学んだことがあるのですが、これってその人のセンスが大いに影響されますね。
でも、ただめちゃくちゃに弾けばよいというものでもなく。。

バッハの作品も聴けるなんて、素敵なコンサートになりそうですね♪
早稲田奉仕園スコットホールも良い感じの所ですね。
ハーモニー
2014/11/30 11:00
おーちゃんさん、こんばんは!
>そのサウンドの隅々に流れる音はやはり日本人的な哀愁を帯びたものと感じました。
DEMOに入っている楽曲、日本人のDNAを感じるものですね〜♪
ライブでの演奏はかなりエネルギッシュなサウンドも多く、今回のコンサートでのj.s.bachも楽しみです〜☆
komichi
2014/11/30 22:52
ハーモニーさん、こんばんは!
ハーモニーさんも即興音楽をされていたのですね〜!
室坂京子さんは直接弦を叩いたり、かなり激しいパフォーマンスもされます。クラシックからジャズそしてそれをベースにした即興音楽と多彩です。
即興はその場の雰囲気とのコラボでもあるので、どれだけいい空間を作れるか・・・観客の資質も問われそうです〜(笑)。
早稲田奉仕園スコットホールでの初めてのコンサート体験になります〜☆
komichi
2014/11/30 23:03
藤野には、美術・工芸関係の方だけでなく、
音楽家も住んでらっしゃるんですね。
その昔の「○○文士村」とか、
「芸術家横丁」とか呼ばれた場所の
雰囲気があるようで、興味を惹かれます。
早稲田スコットホールは、以前
建物ウォッチングに訪れた事があるので、
何だか懐かしい気がしました。
yasuhiko
2014/12/01 17:43
yasuhikoさん、こんばんは!
ここ藤野は戦時中から疎開したアーティストたちが多く住んでいて、芸術村と呼ばれていました。
その後も広いアトリエを求めるアーティストたちが移住してきていて、今では他の地域よりもアーティストの多い町になりました。
yasuhikoさんも訪れた早稲田スコットホールは歴史のある建物のようで、よく眺めてこようと思っています〜♪
komichi
2014/12/01 22:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
とびだした金魚■室坂京子■ピアノソロ即興 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる