芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS エスプリ ディオール■ディオールの世界■

<<   作成日時 : 2014/11/29 23:52   >>

トラックバック 0 / コメント 12



現在、銀座3丁目Apple Storeの隣
玉屋ASビル地下1階から2階までのフロアーを
使用して大規模に開催されている
エスプリ ディオール■ディオールの世界■へ。

創始者・クリスチャン・ディオールの生い立ちから
そのクリエーション、そして今に続くディオールブランドの
全てを感じる豪華な展覧会。

オートクチュールのドレスにため息をつきながら
過ごしたひととき。

ディオールの世界


エスプリ ディオール■ディオールの世界■

2014年10月30日〜2015年1月4日
(2014年12月11日、2015年1月1日休館)

10:30〜20:00(最終入場時刻 19:30)

入場無料

会場:東京中央区銀座3-5-8 玉屋ASビル

問合せ:0570-050-121

展示構成
クリスチャン・ディオール
ディオールと芸術家たち
アリュール ディオール
ディオールと日本
ジャドール・ディオールの大舞踏会
ディオールのアトリエ
パリ
ディオールのガーデン
ローズからルージュへ
ミス ディオール
ディオールを纏ったスターたち

★クリスチャン・ディオール
Christian Dior, 1905年1月21日 - 1957年10月24日
フランス北西部・ノルマンディに生まれる
1928年ギャラリーオープン
1930年オートクチュールハウスのためにスケッチデザインで生計を立てる
1947年モンテーニュ通り30番地のサロンで初コレクション発表
1957年休暇中に急逝
メゾンはその後サンローランをはじめとするデザイナーたちに受け継がれている。


ディオール展 1


hokusai


ディオール展 2


ディオール展 3


ディオール展 6


ディオール展 4


ディオール展 5


ディオール展 7


ディオール展 8


▽オートクチュールの工房ではシーチング(綿の布)で
 デザイン画に即した立体雛形・トワルを作ります。
 今回展示されたディオールのアトリエ制作のトワルの
 完成度の高さに、思わず近づきじっと眺めました。


ディオール展 9


トワル 4


トワル3


トワル


トワル 2


▽こちら地下1階では、香水制作最後の工程
 紙のように漉いた牛の腸を濡らしその上から
 一瓶ずつ金色の細いひもを巻いています。
 パリから職人さんも参加して、その技を披露。

香水制作 2


▽今まで出版された貴重なディオールの書籍が
 展示され、だれでも椅子に座って眺めることができます。

書棚 1


書棚 2


▽特徴あるディオールのバッグとの
 コラボレーション作品

コラボ作品 アンディ―・ウォフォール
アンディ・ウォーフォール


コラボ作品 鬼頭健吾
鬼頭健吾


コラボ作品 ヴァンサン・ボーラン
ヴァンサン・ボーラン




展示風景


美しい展示にうっとり
もう一度友人と出かけたい展覧会。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます。

今日は何とか雨とは縁切りできそうです(^^)。
一昨日から孫が久しぶりに遊びに来てます。
来年には兄弟が出来るので少しは寂しさもなくなるかな?。

ブランド品お洒落に全く無縁な私ですが其れでも名前知ってます(笑)。
あいべん
2014/11/30 06:44
ディオール、素敵な作品が揃いましたね。
買えないけれど、眺めているだけでも幸せを感じます☆
6枚目のお写真、私好みの色です〜♪
若かったら着てみたいな。。
ハーモニー
2014/11/30 11:04
先月上京の折、笛のリサイタルの次に見たかった〜。
一人でだったら絶対行きましたが、5人一緒の行動でしたので断念。
あー、見たい!
また行かれましたら、ぜひぜひご紹介ください。
うらら
URL
2014/11/30 20:43
あいべんさん、こんばんは!
今日、こちらの予報は晴れでしたが一日どんよりと曇っていました。今のところ厳しい寒さはまだですが、今週から本格的な寒さになるとか…。
お孫さんは可愛いでしょうね〜♪来年は兄弟も増えて賑やかになりそうですね〜☆

ファッションデザイナーとして活動した期間は短いのですが、そのファッション革命を起こしたセンスと建築志望だった彼の構築的で美意識の高い作品が今日までディオールブランドとしての誇りを保っているように感じます。
komichi
2014/11/30 23:12
ハーモニーさん、こんばんは!
ディオールのオートクチュールの作品を真近で見る機会はあまりないので、その職人たちの手仕事のすばらしさ完成度の高さに驚嘆します〜♪
合唱でもヒントになりそうなドレスもありそうです〜☆
かつて、イブニングドレスも着ましたが、今はそれほどの機会もなくなりました〜(笑)。
komichi
2014/11/30 23:18
うららさん、こんばんは!
先日は銀座に滞在でしたから、すぐ近くだったのですね〜!
これだけの展覧会が無料で、自由に写真も撮れるようになっていて、ディオールの豪華な本も会場で眺めることが出来ます〜♪
スタイリストだったころ、ディオールのドレスよりもシャネルなどのドレスを使うことが多かったので、今回近くでしっかり見て、そのデザインの格調の高さに驚きました。
美智子さまのパレードのイブニングドレスもディオールの作品でした。
komichi
2014/11/30 23:24
おはようございます!
ディオールですか!
私には縁のない世界ですけれど、見るのは好きです!
この世界も大変だろうなと思います。
ゆるぎない地位にずっといるのは、本当に技術で支えられてのだと思います。
Komichiさん、イブニングドレスを着られる事があるんですねぇ〜!
すっごく羨ましい〜! 一度は着て見たかった(笑)
有名ブランドでなくても良いから。

あの白いバッグ素敵!、持てる服もないし、持つ機会もないですけどね〜(笑)
木の葉
2014/12/01 08:47
クリスチャン・ディオールですか。
「Dior」のロゴくらいなら知ってますが、
今まで全く縁がありませんでした。
「入場無料」で、これだけ充実した内容の
展覧会が出来るとはさすがです。
でも、急にこれが欲しいなんて
言われたら(誰に?)、ちょっと困りますね。
yasuhiko
2014/12/01 18:01
やはりディオールは、カクテルドレス、イブニングドレスが
素敵ですね〜
ウエストを絞ったシルエット・・ため息がでます。
あー、私もジーンズは一時STOPして、スカートを穿く
ことにしようかなー^^;
やはり銀座にはユニクロよりディオールが似合う♪〜
白いねこ
URL
2014/12/01 18:45
木の葉さん、こんばんは!
ディオールの名前はほとんど知らない人がいないくらいに知られていますね〜。クリスチャン・ディオールは早逝しているのでデザイナーだった時期は短いのですが…当時のファッション界に衝撃的なスタイルでデビューを飾り、今でも色あせず素晴らしいですね〜♪
後継者も次々と完成度の高い作品を創り「Dior」の美しいデザインを見せています。。
komichi
2014/12/01 22:32
yasuhikoさん、こんばんは!
普通の人たちにとって、オートクチュールの洋服には全く縁がないですけど…こうして超一流の手仕事の粋を集めた作品を見られる、素晴らしい展覧会でした〜♪
若く綺麗なお嬢さんたちもたくさん観に来ていました〜☆
いいものに若いうちから触れることは、素敵なことだと眺めていました〜。
komichi
2014/12/01 22:38
白いねこさん、こんばんは!
オートクチュールのドレスはほんとうにうっとりする美しさですね〜♪とくにディオールのウエストをぎゅっと絞ったデザインは「よくぞ女性に生まれた…」と、思わず嬉しくなるほどです〜(笑)。
私はジーンズをあまり穿かないので、夏のサンドレスくらいは何時までも着ていたいなぁ〜と思っています〜☆
komichi
2014/12/01 22:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
エスプリ ディオール■ディオールの世界■ 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる