芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■吹田 文明 展■−米寿記念−

<<   作成日時 : 2014/11/08 00:05   >>

トラックバック 0 / コメント 8



10月、 「アートで繋がる吹田家3世代展」でも 
紹介した版画家・吹田文明氏の米寿記念
■吹田文明展■が銀座・シロタ画廊で開催されます。

米寿まで瑞々しい作品を創作する
吹田文明氏の作家活動に尊敬と共に
エールを贈りたいと思っています。


新しき出発
「新しき出発」 木版 90×60cm  2012年


■吹田 文明 展■−米寿記念−


2014年11月17日−11月29日

AM11:00−PM7:00(最終日5:00・日曜休)

「謹敬
徳島空襲の夜 焼夷弾の下を潜り抜け
最期の学徒出陣で入営する頃 若者は人生23才
と言っていました。戦いが終わり 学園に歸った時
美術部では1枚の傑作を描いて死ぬ、と言うのが
合言葉でした。今、88才の米寿を迎え
果たして一枚の傑作を残し得たであろうか。
多くの友人を見送りつつ 今も1枚の傑作を追い
求めています。ぜひ、ご高覧下さい。
平成26年 吉日             敬具

                 吹田 文明」


眼球体
「眼球体」1958年



青い空
「青い空」1983年



双子座
「双子座」1971年



作品



作品1 




吹田文明
★吹田文明(ふきた ふみあき)
1926年徳島県に生まれる
1947年徳島師範学校卒業
1950年東京公立学校教員に任命される
1958年第1回グレンヘン国際色彩版画トリエンナーレ受賞
1967年サンパウロ-ビエンナーレで版画グランプリ
1969年多摩美大教授となる
   第1回国際版画美術展で買い上げ賞受賞
1970年第2回イギリス国際版画美術展で買い上げ賞受賞
1989年紫綬褒章を受章
1994年社団法人日本版画協会理事長に就任
1998年勲四等旭日小綬章を受賞
2004年社団法人日本美術家連盟理事長に就任
高圧力の木版プレスをもちいる独自の技法で幻想的空間を表現する。
「吹田文明全版画集」がある。


★吹田文明氏の過去のエントリーから

■吹田文明展−華麗なる木版画の世界■


★シロタ画廊
http://www.gaden.jp/shirota.html
東京都中央区銀座7-10-8
Tel: 03 3572 7971 Fax:03 3572 7972
map




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます。

相変わらず積極的に楽しんでますね(^^)。
木版私の散歩友人も凧の製作の時してますが
気の遠くなりそうな複雑で根気の要る重労働なのを
知りました。

今となれば独特の世界の様にも感じられますね。
あいべん
2014/11/08 07:30
あいべんさん、こんばんは!
版画はいくつもの版を作って、
刷り上げなければなりませんから…
なかなか大変な工程を経て作品として完成ですね〜。

凧を作るにも、まずは絵柄を決めて、版を作らなければなりませんね〜。
美しいものには、それを仕上げるまでに幾多の苦労の積み重ねがありますね。。
komichi
2014/11/08 22:01
何とも不思議な構図です。
でも、年齢とは一致して無くて、とても柔軟な感性のお方なのですね。
ここが、才能のある方と無い人の違いでしょうか。
追い求める力も衰えないところ、素晴らしいと思います。
木の葉
2014/11/09 08:43
木の葉さん、こんにちは!
吹田文明氏はとても闊達な方で、感性が若々しいなぁ〜と、ご本人とお会いしても感じますし、作品にも反映しているように思います〜♪
久しぶりにオープニングパーティでお会いするのを楽しみにしています〜☆
komichi
2014/11/09 15:00
建前から言えば、芸術に年齢は関係ないし、
作者の年齢を知る事は、作品鑑賞に
それほど意味を持たないのでしょう。
とはいえ、然りながら…。
この若々しい感性。素晴らしいですね。
戦争で奪われた青春。その思いが、
若さ溢れる作品を生み出すエネルギーでしょうか。
yasuhiko
2014/11/10 00:38
yasuhikoさん、こんばんは!
若い頃の作品より、後年の方が渋い感覚になる作家も多い中、吹田文明氏はますます生きいきとした作品を生み出していることに驚きます〜!
徳島に生まれたことも資質に関係があるかもしれませんが、ある種の使命も感じているのかもしれませんね。。
komichi
2014/11/10 22:22
おそらく…おそらく今も尚傑作を作り得ていないと氏は思っていられるのでしょう。
それが故に今も作品を作り続け、その作品は今も尚みずみずしい感性で彩られているのでしょう。
ボクでしたらココまで描けたら、自分を褒めてみたいと思うんですけど。
おーちゃん
2014/11/12 06:52
おーちゃんさん、こんにちは!
一流のアーティストは自分を信じる力とよりよい作品への希求が強い人なんだろうと思っています〜☆
それにしても、やはり吹田文明氏の意志の強さに驚きます〜!
Komichi
2014/11/12 13:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■吹田 文明 展■−米寿記念− 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる