芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■ドールハウス展■〜Christmas Fantasy〜

<<   作成日時 : 2014/12/12 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 10



現在、渋谷・Bunkamura Galleryで
開催中の■ドールハウス展■へ。

小さな世界に凝縮された愛らしさに
思わず顔を近づけ、溜め息。

いつか、孫娘と手作りしてみたい…
と、熱心に眺めます。

ドールハウス展3


ドールハウス展1



■ドールハウス展■〜Christmas Fantasy〜


2014/12/12(金)〜12/23(火・祝)


10:00〜19:30 ☆最終日は18:00まで

Bunkamura Box Gallery

Bunkamura Gallery: 03-3477-9174

「Bunkamura Galleryでは、初めての開催となる「ドールハウス展」。ドールハウスとは、実際の世界を1/12や1/24スケールのサイズで表現し、精巧に創り上げたミニチュア作品です。目を疑うほどの精密さで忠実に縮尺された家具や小物たちが織りなす芸術作品として、16世紀頃より長きにわたって世界中で愛されてきました。その小さな空間に広がる世界観に、現実と作品との間で夢や想像をふくらませることでしょう。
クリスマスシーズンに開催される本展は、10人のドールハウス作家が、クリスマスのワンシーンを表現します。なつかしい思い出や、憧れのシチュエーション、幻想的な世界などが、ミニチュアのドールハウスとして表現されます。現実の視点では見つけられないヒントが詰まっている小さな世界から、私たちは大きな想像をかきたてられるのです。ノスタルジックな思いにふけったり、心華やぐコレクションとして、インテリアとして、気軽に取り入れられるオリジナルの新作を中心に、展覧販売いたします。ミニチュアの世界から、ご自身のクリスマスを彩ってみてはいかがでしょうか。」


ドールハウス
小川富美子「ヴィクトリアンハウス」(参考作品) 
2013年
400×450×200mm(1/24スケール)


ドールハウス作品

出展予定作家
相澤 和子(アトリエあいさわ)、小川 富美子、糟谷 由美子(Le sucre en cubes)、佐藤 千寿子(Sugarhouse)、高橋 起弥(ドールハウス KIMI)、高梨 匠(Minimal×Animal)、藤澤 美津子、三木 恵(MARGARET BEAR)、みつもと みちこ(SWEET RASPBERRY)、吉川 裕子(Kiitos)

ワークショップ開催
ドールハウス作家による、ミニチュア作りのワークショップを開催いたします。クリスマスにぴったりなミニツリーのギフトBOXや、ディテールにまでこだわったヴィクトリアン調のテーブルセット、フレームに収められたお洒落なミニサイズのインテリア等、他にも可愛らしいミニチュア作品が盛りだくさん。この機会にあなただけの小さな世界を作ってみませんか?


★公式サイト
http://www.bunkamura.co.jp/gallery/exhibition/box_141212dollhouse.html




この展覧会を見た後、注文した本が届きました。

忙しい年の瀬
ついこの本を眺めてしまって・・・
なかなか暮れの仕事がはかどりません〜。


「ドールハウスを習う」

部屋と家具づくりから

著者 :関 美代子
発行者:光本 稔
発行所:オクターブ

〒606-8168
京都府京都市左京区一乗寺松原町31-2
TEL:075-708-7168
FAX:075-571-4373

1994年に文化出版局より出版された
『ドールハウスを習う 部屋と家具づくりから』
の新装復刻版

ドールハウスを習う1



ドールハウスを習う2



ドールハウスを習う3



ドールハウスを習う4


★関 美代子

http://dollhouse-studio.com/
大阪市在住、大阪音楽大学短期大学卒業
20年程前より趣味としてドールハウスを作りはじめる。
その間、カナダ、アメリカ、イギリスに出向き、
材料集めや博物館巡り、その国の愛好家から
ドールハウス作りを教わる。
アメリカのドールハウスクラブ「N.A.M.E」の会員
「ドールハウススタジオ」主宰。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます。

又、寒波来ましたね。
孫を連れて行けば喜びそうな会場(^^)。
でも、触るから恐そうな会場(笑)。

それにしても範囲が余に広い(^^)。
最近写真展の案内状が来てもどうしても参加しなければ
ならない先輩の写真展しか行かなくなった
自分を反省させられる(笑)。
あいべん
2014/12/13 07:45
こんばんは!

何と可愛い!
この世界も好きですねぇ〜! ♪
実際に使えそうで小っちゃいってところがいいですね。
どうやって作るのか見てみたいものです。
あの小さな家のステンドグラス風な灯り、何で出来てるんでしょう。
お孫さんと手作りですか!
是非是非作って、見せてくださいませ〜! 待ちます!
私だと、孫は居ませんけれど、孫どころでなくはまりそうです〜(笑)
木の葉
2014/12/13 18:43
あいべんさん、こんばんは!
今夜からこちらも冷えて、明日は雪の可能性もありそうです〜。

以前、孫娘が藤野の芸術の家で簡単なドールハウスを見てから、作ってみたい…と、言っていたので今回こちらの展覧会に出かけました。
かつて、ヨーロッパで見かけたアンティックドールハウスにも惹かれましたが、今回、作家の方と話をしていたら、自分も作ってみたいなぁ〜と思いました〜♪
komichi
2014/12/13 22:11
木の葉さん、こんばんは!
小さな空間に細やかな小物たちがぎっしり詰まった
夢の世界が広がっています〜♪
今年の夏、芸術の家でも簡単なドールハウス作りの工房があって孫娘を連れて行った時に、とても興味を持っていましたので、今回展覧会でいい作品を観て感覚を養おうと思ってやってきました。
ひとつの作品を何年もかけて制作された作家さんとお話ししていたら、自分でも作ってみたくなりました〜☆
komichi
2014/12/13 22:19
よく御存じですね。
ドールハウスはけっこう好きなんですよ。
前にデパートの展覧会に、
1、2回出かけた事があります。
しかも、クリスマスシーズンに合わせた
オリジナル作品ばかり。ミニチュアの
クリスマスデコレーションが可愛いですね。
yasuhiko
2014/12/15 10:44
yasuhikoさん、こんばんは!
お好きでしたか〜☆
ロンドンやパリの蚤の市に出てくるようなアンティックのドールハウスに憧れます〜☆ 以前はさほどでもなかったのですが…今は小さく精巧なものに惹かれます〜♪
少しずつ作って行く楽しみもありそうです〜☆
komichi
2014/12/15 21:45
可愛いドールハウスですね♪
こんなのを孫娘が見たら、欲しがるでしょう。
今、あやはおままごとキッチンに興味を持ってるんですよ〜。
ハーモニー
2014/12/16 14:37
ハーモニーさん、こんばんは!
ドールハウスって、女の子だったら目が惹きつけられます〜(笑)。
あやちゃんもおままごとが大好きなんですね〜♪
孫娘らんも木製の大きなキッチンセットで今も遊んでいます〜。
今度は一緒にドールハウスを作りはじめそうです〜☆
komichi
2014/12/16 16:57
ドールハウス、見ていて飽きないです。
姉がドールハウスの本を何冊か持っていて何度か読んでるのです。
1/12サイズと決まってるので家具だけ作れるかと思いきや、小さいだけに少しの狂いで全部が台無しになってしまうので もっと(精神的に)落ち着く年齢になってから考えようと思っています。
でもそろそろ落ち着く年齢になってるはずの歳になったのですが、未だに落ち着いてないのは何故なんでしょう?
おーちゃん
2014/12/17 00:39
おーちゃんさん、こんにちは!
以前はアンティックのものをただ眺めるだけだったのですが…孫娘が藤野芸術の家でドールハウス作りを見てから興味を示したことから、私も急にやる気になってきました〜(笑)。
先日注文した関美代子著「ドールハウスを習う 部屋と家具づくりから」が届き、毎日眺めています〜☆
木工が得意な夫にも参加してもらって、作り上げてみたいなぁ〜と、勝手に考えています〜(笑)。
komichi
2014/12/17 14:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■ドールハウス展■〜Christmas Fantasy〜  芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる