芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■ボッティチェリとルネサンス■フィレンツェの富と美

<<   作成日時 : 2015/04/11 22:41   >>

トラックバック 0 / コメント 6



思わずトレンチコートの襟を
かきあわせる寒さの午後、
渋谷Bunkamura ザ・ミュージアムで開催中の
■ボッティチェリとルネサンス■展へ。

フィレンツェ・メディチ家の庇護の元
花開いたサンドロ・ボッティチェリの絵画。

今回はフレスコ画の大作《受胎告知》
もウフィツィ美術館から来日。
その大作の前に置かれたソファに座っていると
当時のフィレンツェの繁栄が見えるような・・・
不思議な感覚。

1470年代に描かれたテンペラ画
《聖母子と洗礼者聖ヨハネ》の
色彩の美しさにも圧倒された展覧会。


ボッティチェリとルネッサンス リーフレット


■ボッティチェリとルネサンス■フィレンツェの富と美

2015/3/21(土・祝)−6/28(日) 

☆4/13(月)、4/20(月)のみ休館

10:00−19:00(入館は18:30まで)
毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)

Bunkamuraザ・ミュージアム

★公式サイト
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/14_botticelli/

「15世紀、花の都フィレンツェでは、銀行家でもあったメディチ家の支援を受け、芸術家たちが数々の傑作を生み出しました。ルネサンス期 の芸術の誕生には、地中海貿易と金融業によって財を成したフィレンツェおよびメディチ家の資金力が不可欠でした。メディチ家の寵愛を受けたボッティチェリ(1445-1510年)に代表されるフィレンツェ・ルネサンスは、フィレンツェ金融業の繁栄が生み出した代表的な文化遺産といえましょう。
本展では、ヨーロッパ全土の貿易とビジネスを支配し、ルネサンスの原動力となった金融業の繁栄と、近代に通じるメセナ活動の誕生を、フィレンツェと運命をともにしたボッティチェリの作品10数点を含む絵画、彫刻、工芸、資料など約80点によって浮き彫りにします。」

展覧会の構成
序章  富の源泉:フィオリーノ金貨
第1章 ボッティチェリの時代のフィレンツェ
第2章 旅と交易:拡大する世界
第3章 富めるフィレンツェ
第4章 フィレンツェにおける愛と結婚
第5章 銀行家と芸術家
第6章 メディチ家の凋落とボッティチェリの変容


受胎告知 (2)
サンドロ・ボッティチェリ《受胎告知》
1481年、フレスコ、243×555cm フィレンツェ、ウフィツィ美術館
©Gabinetto Fotografico della S.S.P.S.A.E e per il Polo Museale della città di Firenze


受胎告知 (3)
サンドロ・ボッティチェリ《受胎告知》(部分)
1481年、フレスコ、243×555cm フィレンツェ、ウフィツィ美術館
©Gabinetto Fotografico della S.S.P.S.A.E e per il Polo Museale della città di Firenze



聖母子と洗礼者聖ヨハネ
サンドロ・ボッティチェリ 《聖母子と洗礼者聖ヨハネ》
1477-1480年頃、テンペラ・板、直径96.5cm
ピアチェンツァ市立博物館
©Musei civici di Palazzo Farnese - foto Carlo Pagani



聖母子と二人の天使
サンドロ・ボッティチェリ《聖母子と二人の天使》
1468-1469 年頃、テンペラ、油彩・板、107×75cm
ストラスブール美術館
©Photo Musées de Strasbourg, A. Plisson



受胎告知
ザノービ・ストロッツィ《受胎告知》1453年頃
テンペラ・板 フィラデルフィア美術館



ロレンツォ・デ・ロレンツィの肖像
サンドロ・ボッティチェリ《ロレンツォ・デ・ロレンツィの肖像》
1496‐1502年頃 フィラデルフィア美術館



ジャスミンの貴婦人
ロレンツォ・クレディ《ジャスミンの貴婦人》
1485‐1490年 フォルリ市立美術館




三大巨匠
サンドロ・ボッティチェリ1445年 - 1510年
ルネサンス・三大巨匠と同時代の生涯






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
おはよう御座います。
関東は4月の雪が降り寒さ逆戻りでしたが
今日あたりから平年気温になるのではありませんか?。
京都久しぶりに・・本当に久しぶりに晴れた朝を迎えています(^^)。
あいべん
2015/04/12 06:57
こんにちは!
こちらも久しぶりに太陽が出て
気持ちのいい朝を迎えました〜♪
また明日から、お天気は下り坂のようで・・・
この一日を楽しみたいです〜☆
Komichi
2015/04/12 11:33
こんばんは!
お久しぶりです♪
komichiさん早いですね!もう出かけられたのですね♪
私も興味津々の展覧会です♪
「受胎告知」と対面するのが楽しみです!
sasapanda
2015/04/12 21:21
sasapandaさん、こんばんは!
こちらの展覧会、早めに出かけたせいか、
ゆっくり鑑賞できました〜♪
「受胎告知」は、フレスコ画特有の
浸みこむような画面の雰囲気が独特でした〜☆
「聖母子と洗礼者聖ヨハネ」の華やかな美しさにも感動でした〜☆
komichi
2015/04/12 22:13
フィレンツェの香りが漂う
素敵な展覧会ですね。
ソファーに腰かけて鑑賞できるんですか。
それいいなあと思いました。
yasuhiko
2015/04/14 18:00
yasuhikoさん、こんばんは!
私の出掛けた日は会場も程よい人出で、
気持ちよく観ることが出来ました〜♪
フレスコ画の前には長椅子があって、ゆっくり腰かけて眺めているとフィレンツェにいるような気分になりました〜(笑)。
komichi
2015/04/14 22:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■ボッティチェリとルネサンス■フィレンツェの富と美 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる