芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■田谷直子 陶展■立川・H.worksから・・・

<<   作成日時 : 2015/05/26 15:44   >>

トラックバック 0 / コメント 10



5月16日から24日まで、
開催されていた■田谷直子 陶展■
最終日の午後、立川のH.worksへ。

今回、夕日のような色を感じる
うつわも加わって・・・
彼女の世界も広がっていました。


taya6



taya1



taya2



taya4



taya7



taya10


★詳しい情報はこちらから↓
http://komichi-blog.at.webry.info/201505/article_5.html





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
お早う御座います。

夕日を感じる器・・良い表現ですね。
陶器も光の角度で随分色んな表情を見せてくれるから
眺め続けても飽きが来ないのですね(^^)。

堪能された様子が分かる様な気がします(^u^)。
あいべん
2015/05/27 05:33
あいべんさん、おはようございます!
田谷直子さんのうつわは大らかで温かみを感じます〜☆
最終日でしたが、オーナーと会話しながら
ゆっくり見せていただきました〜。
15年くらい彼女の陶器を見続けていて、好きなものを深めて行く姿が素敵だと感じています〜☆
Komichi
2015/05/27 08:10
ガラスの花瓶でなく、
こんな温かみのある陶器に、
花をザクッと活けて、
窓辺に置くというのもいいもんですね。
yasuhiko
2015/05/28 13:55
yasuhikoさん、こんにちは!
野の花は陶の器に活けても
雰囲気があっていいですね〜♪
台所の窓辺など・・・
生活の近くで潤いを与えてくれそうです〜。
komichi
2015/05/28 14:32
キレイな文様が入ってる陶器とはまた違うシンプルな形と深い色。
その器にいけられた花々。
華道に見る計算され尽くした美と さりげなく・空間を感じる美。
両方を感じることができる国に生まれてきたことに感謝を捧げたくなりました。
おーちゃん
2015/05/31 21:53
おーちゃんさん、おはようございます!
田谷直子さんのお宅には、たくさんの野の花もあって、そのお花たちを会場に運んで活けています。
この日は会期の最終日だったので、勢いは衰えていましたが野の花と田谷さんのうつわのマッチングも素敵でした〜♪
四季の花々、さりげないうつわ、その両方の美を感じられる国の人で、ほんとうに幸せです〜☆
Komichi
2015/06/01 08:48
こうした器ってみているだけで豊かな気持ちになりますね。komichiさんにはこうした世界があるからいつも大きな視点で生きておられのですね。すっかり夏模様の今日この頃、一番上の写真のような器が合いそうです。
ののはな
2015/06/01 16:28
ののはなさん、こんばんは!
田谷直子さんのうつわはどこか大らかで、心休まります〜。
ののはなさんの小さき植物への愛も素晴らしいなぁ〜と、いつも画像を拝見しながら感じています〜☆
土から作られた陶器と野の花が、やさしく涼しげですね〜。
ののはなさんもこの暑さに、お体を壊さぬよう…
お気をつけてください。
komichi
2015/06/01 22:17
こんにちは。
何気に活けてあるお花も器によってこんなにも引き立つのかと感心しています。素敵ですね〜。
ここは個人のお宅でしょうか?

立川といえば、今年80歳になる兄嫁が一人で頑張って生活しています。
義兄が亡くなってからは年賀状のやり取りくらい。
元気にしてるのかしら?とふと思い出しました。
近いうちに電話でもしてみましょう。。
ハーモニー
2015/06/02 16:10
ハーモニーさん、こんばんは!
野の花には、こんな雰囲気のうつわがよく似合いますね〜♪
土ものとの相性がいいのでしょうね〜。
このギャラリーは、古いマンションの1室を改装したものですから、
アットホームな感じがします〜☆

立川に一人暮らしの兄嫁さん
ハーモニーさんの元気な声を聞いたら、きっと喜ばれますね〜♪
Komichi
2015/06/02 21:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■田谷直子 陶展■立川・H.worksから・・・ 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる