芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■田谷直子 陶展■H.works

<<   作成日時 : 2015/05/12 15:17   >>

トラックバック 0 / コメント 8



津久井在住の陶芸家・田谷直子さんから
立川・H.worksで5月16日から開催される
作陶展のお知らせが届きました。

田谷さんの器は派手な見た目ではなく、
温かみと使い手の気持ちに沿うような
心遣いが感じられます。

気が付くと、毎日の食卓に並んでいるうつわが
田谷直子さんのものという日も多く、
いまではすっかり家に馴染んでいます。

陶器市の後、楽しみに伺いたいと思っています。

田谷直子 陶展


■田谷直子 陶展■H.works


2015年5月16日(土)−24(日)

会期中無休

作家在店日:16日(土)・17日(日)

「愛らしさがただよう器の形。
目には映らない細やかな
心づかいが、使い勝手の良さを
生んでいると感じさせます。
今回はポットや急須など注器に、
中国茶器も加えて下さるとか。
そしてグラデーションのように
広がる様々な釉で作られたもの。
土味を生かしたルリ釉のものなど、
新作も見せていただけるようです」

★田谷直子さんのアトリエ訪問の様子

http://h-works04.com/kikaku100.html

★H.works
http://www.h-works04.com/
〒190-0022東京都立川市錦町1−5−6 
サンパークビル202(2F)
TEL/FAX 042-521-2721
休:日・月
OPEN am11:00-pm19:00
h_works04@ybb.ne.jp


★田谷直子
(たやなおこ)
1973年 神奈川県生まれ
1997年 明星大学日本文化学部
    生活芸術学科 陶芸専攻
    研究生 修了
同年より 神奈川県相模原市にて、
     陶芸を始める。

★田谷直子さんの過去の記事から・・・
http://komichi-blog.at.webry.info/theme/b0ed4e42d7.html

map







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
お早う御座います。

関西は台風一過で穏やかな朝ですがそちらも難なく通過しましたか?。
生活に密着した器こそが真の陶芸品なのかもしれませんね。
我が家のご近所にも陶芸家夫婦が居を構えていますが
少し有名なご主人の陶芸家はシンプルな作品が多く奥さんは
前衛的?独創的作品(^^)。
陶芸の世界も個性があり面白いですね。
あいべん
2015/05/13 04:43
あいべんさん、おはようございます!
こちらも台風一過の青空が広がっています〜♪
久しぶりの雨で、緑が生き生きと茂っています〜。

田谷さんのうつわは、手になじみがよく
日々のお惣菜が美味しそうに感じられます〜♪
陶芸もその人自身が表れますね〜。
Komichi
2015/05/13 09:29
ウチは殆ど磁器を使っていますが、陶器の魅力も捨てがたく以前集めていた数点手元に残してあります。
田谷さんはきっと穏やかな方なんでしょうね〜

山口小夜子さん、亡くなられてもこういう催しがあるんですね。
私にとっての山口さんのイメージは黒と赤の切り絵のイメージです。
ひとつの時代を作った方ですよね、一緒に仕事をされたkomichiさんも活躍されてたんですね〜♪♫
白いねこ
URL
2015/05/13 12:11
白いねこさん、こんばんは!
土をより強く感じる陶器も煮物などを入れるとしっくりして、ほっとした雰囲気になり好きです〜♪田谷さんは急逝された藤野の陶芸家・青木亮さんのお弟子さんで、そのうつわも、たおやかな田谷さんの人柄が出ているように感じます。

山口小夜子さん、東洋的な雰囲気の彼女はパリコレでも際立った存在感を示して、いまも記憶に残る人ですね〜☆
後年のパフォーマンスの映像を今回の展覧会で初めて観て、感動しました
〜♫同じ世代で横浜育ち、同時代に生きたことを実感した日でもありました。
komichi
2015/05/13 23:19
おはようございます。
いい器です! 好きです!
食卓に並ぶとお料理もほっこりした優しい感じになりそうです。
器で食卓が違うのは、楽しめますね。
高級な器を持ち合わせませんが、この感じなら私の料理でも許されそう(笑)
服も器もカジュアルなものばかりで、ちっとも変わり映えがしない我が家です。
木の葉
2015/05/15 08:16
木の葉さん、こんばんは!
家庭料理がしっくりと似合ううつわです〜♪
今夜は田谷さんの瑠璃釉(藍色の器)の深鉢に
冷たいお蕎麦を入れて出しました。
蒸し暑かったので涼しげな感じになりました〜☆
木の葉さんのお料理にも、ぴったり、おさまりがよさそう〜♫
komichi
2015/05/15 22:13
どれも使い勝手がよさそうですね。
陶器は触れて楽しむ工芸品。
あまりに見た目重視だと、ただの
置き物になって、土の手触りを
楽しむ事が出来なくなってしまいます。
使える器が一番ですね。
yasuhiko
2015/05/16 14:25
yasuhikoさん、こんばんは!
田谷さんのうつわには人の温もりが感じられ
家庭料理をほっこりとしたものにしてくれます〜♪
どんな高価なものでも飾っておくだけではつまらないと
いつも使っています〜。
komichi
2015/05/16 22:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■田谷直子 陶展■H.works 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる