芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■三宅 岳 写真展「やま・しごと」■展から・・・

<<   作成日時 : 2015/06/21 15:31   >>

トラックバック 0 / コメント 8



渋谷の山専門店・モンベルで初日を迎えた
■三宅 岳 写真展「やま・しごと」■展へ。


やましごと



三宅岳 写真展1



三宅岳 写真展2


たくさんの人が参加した
初日オープニング・トークの三宅岳さん。
人懐っこい笑顔とユーモアで
「やましごと」を語る三宅さんから
山を愛する人の気持ちがひしひしと
伝わってきました。



三宅岳 オープニング1

★月山筍 山形県 渡辺幸任さん
「出羽三山信仰と月山筍」の本から
筍採りの小屋を知り信仰の山へ。
月山筍=ネマガリタケが
月山では宿坊で精進料理として出されるため
今も筍採りが行われている。




オープニングトーク2


★サンショウウオ漁 福島県檜枝岐村 星寛さん
かつては薬として燻製にされ
今は民宿の名物料理として出されている
サンショウウオ。
ズウと呼ばれる罠に入れてとる。




わらび採り

★わらび採り小屋

このほかにも様々な「やましごと」が紹介されています。


入口のテーブルに置かれた
三宅岳さんの出版した
「炭焼き紀行」の本

本


初めてやましごとを知った
藤野の炭焼き小屋など
木から炭になるまでの
やましごとを詳しく紹介しています。


■三宅 岳 写真展「やま・しごと」■展の詳細はこちら↓
http://komichi-blog.at.webry.info/201506/article_7.html




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
「やま・しごと」というタイトルに、山と一緒に生きる人たちのたくましさと自然の雄大さを感じます。まさにそんなエネルギーに満ちた写真展なのでしょうね。
特に目を引いたのが山形県の月山筍。伝統の逸品だと思います。
私の父も母も大好きなのです。それを採る人がいてこそ食べられるのですよね。
ミクミティ
2015/06/21 21:06
ミクミティさん、こんばんは!
月山筍をご両親がお好きですか〜!
月山の山奥の背丈ほどもある迷路のような竹藪に分け入って採るのだそうです。今では畑でそだてているところもあると聞きましたが、山に詳しい人でも迷いそうな筍採りだそうです。
どんどん少なくなって行く「やま・しごと」の記録も大切な時期になってきているようです。
komichi
2015/06/21 22:07
お早うございます。
子供のころは祖父さんが山で炭焼き薪つくり
季節のキノコ、季節の果実・・。
罠をかけた獲物獲りが普通の生活した経験があるので
見てみたいですね。
あいべん
2015/06/22 06:06
あいべんさん、おはようございます!
あいべんさんのお祖父さんは、
当時やましごとをされていたのですね〜!
それを見て育ったあいべんさんも貴重な記憶ですね〜☆
三宅岳さんはお父さんも山岳写真家で、小さな頃から山に育てられたところもあるような方で、険しい山に入って仕事をする人と寝起きを共にしたりして撮影されたようです。
ギャラリートークも楽しい雰囲気で語り部としての資質も高い方だと、あらためて感じました〜♪
Komichi
2015/06/22 09:32
三宅さんという方、姿を拝見してるだけで自然と向き合ってるんだなぁ、、と実感します。
komichiさん、素敵な方に出会え良かったですね。。♪
ハーモニー
2015/06/23 07:54
ハーモニーさん、こんにちは!
藤野在住の三宅さんには、ときどきお会いすると
私でも登れる山のことや、キノコを教えていただいています〜♪
文章も写真も語りも素晴らしいので、この展覧会から新しい広がりが出来たら・・・と、勝手に思っています〜。
komichi
2015/06/23 16:45
わぁ〜凄い、行かれたんですね!
写真で実際見ると心にも残りそう。
テレビとかでもこういうものもお知らせとか放送されると良いのに。
娯楽的なものばかりでなくね。NHKのお仕事みたいな?それっておかしいと思いますけど。。。
木の葉
2015/06/23 17:06
木の葉さん、こんばんは!
初日のギャラリートークに行ってきました!
三宅さんのことはよく知っているつもりでしたが、こういうやましごとを取材していたんだ〜と、圧倒される想いで眺めました。
彼のトークはへんに飾らず、ユーモアを織り交ぜたたのしいもので、会場にいた人たちの心に山への温かな気持ちを抱かせるものでした。
いままで山には様々な仕事があったことも素晴らしいことで、これからも大事にしたいと思いますけど、ほとんど引き継ぐ人のないしごとも多く残念です。
komichi
2015/06/23 21:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■三宅 岳 写真展「やま・しごと」■展から・・・ 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる