芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■再興第100回 院展■東京都美術館(上野公園)

<<   作成日時 : 2015/09/05 23:46   >>

トラックバック 0 / コメント 6



今回、奨励賞を受賞された日本画家・牧野環さんより
うれしいお知らせを受け、現在■再興第100回 院展■開催中の
上野・東京都美術館へ。

公募作品入選作、同人作品、そして受賞作品
さらに今回は表紙絵も展示され見応え十分

大作が300点ほど展示される様は壮観
風景、人物など・・・主題もさまざま
絵を描く情熱に圧倒される展覧会

100回秋の院展ポスター修正2

■再興第100回 院展■東京都美術館

2015年9月1日(火)〜9月16日(水)
〈9月7日(月)は休館日〉

午前9時30分〜午後4時30分

東京都美術館(上野公園)
ロビー階第1展示室〜第4展示室

主催:公益財団法人 日本美術院

★公式サイト
http://nihonbijutsuin.or.jp/index.html


雲上朝暘(うんじょうちょうよう)
《雲上朝暘(うんじょうちょうよう)》同人 下田義寛



海霧
《海霧》同人 清水達三



雪代の滝
《雪代の滝》同人 大野逸男



鉄線
《鉄線》文部科学大臣賞 同人 斎藤満栄



歩み続ける
《歩み続ける》同人 伊藤髟耳



明日も積む
こちらは、奨励賞を受賞した牧野環さんの「明日も積む」制作過程の画像
院展に展示された完成作品はさらに精緻な表現で
私には、いまを生きる群像が感じられ
機械の発する音までが聞こえたよう


★牧野環さんの過去のエントリーはこちらから↓
http://komichi-blog.at.webry.info/theme/df46a81d65.html






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
京都市美術館の院展の秀作はだいぶ以前に見に行きましたっけ。
どこかで見た梅原龍三郎の桜島の力作なども思い出しました。
ブリジストン美術館ではマネ・モネ、ルノアール、ス−ラ、クールベなども・・・懐かしい。私の自作で唯一額縁に納まっているのは白神山地にある「暗門の滝」の水彩画です。
おっちょこタカナ
URL
2015/09/06 01:04
お早う御座います。
相変わらず精力的に行動されて居ますね。
最近殆ど足を運ばなくなってしまった私の頭には
反省・・の二文字が浮かんで来ます(^^)。
あいべん
2015/09/06 06:07
おっちょこタカナさん、こんにちは!
日本画の公募展、わたくしはこの院展くらいしか出かけたことがありませんけど、やはり油彩の展覧会とは雰囲気が違っていて、興味深いです〜☆
現在、新築のため長期休館中のブリヂストン美術館には印象派の絵画が多数所蔵されていていいですね〜。
ご自身の水彩画を掛けていらっしゃるのですか〜!
komichi
2015/09/06 12:52
あいべんさん、こんにちは!
相変わらず、都内もうろうろしています〜(笑)。
その間に、孫とディズニーランドにも行ったり…
相変わらず落ち着きません。。
あいべんさんの旅の写真が素晴らしいですね〜!
人の映っている写真が特に好きです〜☆
komichi
2015/09/06 12:56
院展は、再興第100回なのですか。まさに歴史ある日本画の祭典といった感じでしょうか。それぞれの絵も大きいと聞いています。
実は、パンフレットや図録などは見る機会があるのですが、実際に出かけたことはないのです。
現在でも、脈々と日本画の美とエネルギーを踏襲した新作が描かれているのですね。一度行かなくてはと思います。
ミクミティ
2015/09/07 21:37
ミクミティさん、こんばんは!
院展のような歴史のある公募展に行くと想うことは、絵を描くことを一生のこととして大作で応募していく人の熱気のようなものが会場にあって、ちょっと圧倒されます〜。
日本画独特の色調も感じられ、油彩の展覧会とは一味違ったものとなっています。
komichi
2015/09/07 22:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■再興第100回 院展■東京都美術館(上野公園) 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる