芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■ボリショイ・バビロン■華麗なるバレエの舞台裏

<<   作成日時 : 2015/10/05 17:24   >>

トラックバック 0 / コメント 8



2013年、ボリショイ・バレエ団
芸術監督襲撃事件から2年
世界三大バレエ団の舞台裏を描いた
ドキュメンタリー映画
■ボリショイ・バビロン■上映中の
渋谷・ル・シネマへ。

厳しい鍛錬の中、身体をバレエにささげる
ダンサーたちの苦悩や嫉妬、そして喜び

ロシア政府にとっても大事なシンボル
ボリショイ・バレエ団
事件後、総裁就任したウラジーミル・ウーリンが
改革をけんめいに進めて行く過程も印象的

そのなかに在っても情熱をもって踊り続ける
ダンサーの姿が眩しい。

ボリショイ・バビロン (2)


■ボリショイ・バビロン■華麗なるバレエの舞台裏


原題 :BOLSHOI BABYLON
製作年:2015年
製作国:イギリス

監督   :ニック・リード
共同監督:マーク・フランチェッティ

★公式サイト
http://bolshoi-babylon.jp/


ボリショイ・バビロン3
[c] 2015 RED VELVET FILMS LTD. ALL RIGHTS RESERVED



ボリショイ・バビロン (1)
[c] 2015 RED VELVET FILMS LTD. ALL RIGHTS RESERVED



250人のダンサーと3000人のスタッフが
創り上げているバレエとオペラは
年、400回以上も公演されているロシアの至宝

そのボリショイバレエ団の大スキャンダルを
ドキュメンタリー映画にすることで
さらなる改革に向かおうとする
ボリショイ・バレエ団の意志を感じた映画。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ボリショイバレエ団、て美しいですね。ロシアという国は近くて遠い国だと感じている一人です。稚内からサハリンへ行く航路があったりするのですが、もっと民間レベルで交流がなければ、政治的進展などありようがないのに、日本人は米国や欧州ばかりに目を向けているのでしょうか?
おっちょこタカナ
URL
2015/10/06 00:06
おはようございます。

ふと・。
私の好きなヴィクトリア・ムローヴァが浮かんで来ました。
あれだけの才能が有りながらロシアでは女性であるが故に
チャンスも与えられないで冷遇され続けた彼女が演奏旅行中に
亡命した事を・・。
余り関係無い様ですが矢張り共産圏は嫌ですね。
あいべん
2015/10/06 06:59
おはようございます!
私の中ではバレエといえばボリショイバレイ団なんです。
残念ながら見る機会があったのかな?と。
その裏側をドキュメンタリー映画に、はとても興味があります。
なんの世界でも、一流と言われるにはそれ相当の裏側の事情があるのだと思います。
また言います! Komichiさんが紹介下さる映画、またまた観たいものが増えました。。。映画館に足を運ばねば見れないですよね。。。
消化不良な気分〜(笑)
木の葉
2015/10/07 08:15
おっちょこタカナさん、こんばんは!
ボリショイバレエ団はロシアを代表する
世界的なバレエ団ですね〜♪
ほんとうにロシアは近くて遠い国ですね〜。
武器を持つ争いよりも文化で交わる理解の方が
実りある未来を想像できそうです。。
komichi
2015/10/07 22:43
あいべんさん、こんばんは!
ヴィクトリア・ムローヴァの演奏をあまりよく知らない私でも名前は知っています。彼女の弾くバイオリンに意志の強さを感じるのは、私だけでしょうか〜。
国を捨てて亡命するとは・・・日本人には自分事として考えたことも無い人がほとんどでしょうけど、ロシアの女性音楽家には生きにくい場所だったのでしょうね〜☆
komichi
2015/10/07 23:03
木の葉さん、こんばんは!
ボリショイバレエ団は日本にもよく来ていて、美しく格調の高いバレエが素晴らしい世界屈指のバレエ団ですね〜♪
このバレエ団の2年前に起こったバレエ団の芸術監督の顔に硫酸をかけられるというスキャンダルが日本でも話題になりました。
その事実をドキュメンタリーで描いた映画で、バレエ団の内部抗争や政府との癒着やキャスティングの不満など…一気に噴き出た裏側。
それでも懸命に踊り続けるダンサーたちの情熱に打たれました〜♪
komichi
2015/10/07 23:12
以前、日生劇場で芝居のゲネプロを
見せてもらった事があるんですが、
演出家のダメ出しや、舞台袖で何度もセリフを
繰り返し練習する俳優さんの姿が
見られて、本番の舞台以上に印象に残りました。
ボリショイバレエ団の舞台裏、
ストーリーも気になるところですが、
舞台袖や裏側からの映像が面白そうですね。
yasuhiko
2015/10/10 11:45
yasuhikoさん、こんにちは!
芝居のゲネプロを見る機会はめったにないので、とても印象的だったことでしょうね〜♪ダンサーも俳優も心から好きで努力を惜しまない姿に感動しますね〜☆
私も舞台の内側にいたことともあったので、このドキュメンタリーに体を乗り出すような気持ちで鑑賞しました。
komichi
2015/10/10 13:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■ボリショイ・バビロン■華麗なるバレエの舞台裏 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる