芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■アート オブ ブルガリ■130年にわたるイタリアの美の至宝

<<   作成日時 : 2015/11/07 23:41   >>

トラックバック 0 / コメント 8



現在、上野の東京国立博物館・表慶館で開催されている
■アート オブ ブルガリ■展へ。

1世紀以上の歴史を持つブルガリ
そのブルガリの宝飾品の数々は
刺激的なアートそのもの。

精緻な職人の技術に支えられた
ブルガリの本質に触れた展覧会。

ブルガリ展 外観


■アート オブ ブルガリ■130年にわたるイタリアの美の至宝

ポスター

2015年9月8日(火)〜11月29日(日)

9:30〜17:00(入館は閉館の30分前まで)

東京国立博物館 表慶館(上野公園)

休館日:11月9日(月)、16日(月)、24日(火)

03-5777-8600(ハローダイヤル)

「130年を越える歴史を持つ、イタリアが世界に誇るハイジュエリーブランド、ブルガリ。
今回の回顧展では、ローマの地に1884年に創業したブルガリの、創成期から今日に至るまでの貴重な作品の数々をご堪能いただけます。
1世紀以上にわたり、イタリア派ジュエリーデザインを代表する美意識の高い展示作品の数々は、他の追随を許さず比類なきスタイルとして確立されました。古代ギリシャやローマ文化の美術・建造物に加え、極東アジアや日本にインスピレーションを得た作品は、時代ごとに様々な要素を含み、創造性をうかがうことができます。アンディ・ウォーホルに『僕にとって、ブルガリの店に行くのは最高のコンテンポラリーアート展に行くようなもの』と言わしめるほど革新的なものでした。
創業者ファミリーが手がけた銀の装飾品(1884年)から、アールデコ様式(1920年代)、映画俳優が身に着けたジュエリーなど、現代に至る変遷をたどります。」

展示構成
★エリザベス・テイラー ルーム
エリザベス・テイラーが、 映画「クレオパトラ」で着用した衣装や
後に結婚した俳優リチャード・バートンから贈られたジュエリーの数々の展示。

bvlgari 1


クレオパトラ


★日本に着想を得たジュエリー

bvlgari 4
「富士山」ブローチ 1971年
ゴールド、プラチナ、マザー オブ パール、エナメル、ダイヤモンド


★独自性あるモチーフ
セルペンティコレクション(イタリア語で蛇の意)
西洋や東洋の文化を超えて人々を魅了してきたモチーフをアイコンにしたコレクション

bvlgari 3


bvlgari 10


bvlgari 9


★40周年のブルガリ・ブルガリ
「ブルガリ・ローマ」ウォッチ 1975年
ゴールド、レザー/麻ストラップ

bvlgari 5


bvlgari 7


bvlgar 6


bvlgari 8



ブルガリの煌めく宝飾品を見たあと
東京国立博物館内庭園の一般解放の日
秋晴れの庭園散歩を・・・

庭園2


庭園3


庭園1


庭園4


併設されているホテルオークラの
レストランで遅い昼食

レストラン


爽やかな秋を満喫した一日



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます。
どうも野暮な美を理解できない人間なので
綺麗だな〜〜とは思うのですが貴金属、宝石に生涯縁の無い
私は博物館内庭園の方に足が向きそうです(笑)。
あいべん
2015/11/08 05:59
あいべんさん、こんにちは!
祖母や母から贈られたり譲られた宝飾品以外、私もあまり宝石類を付けないので、今回のブルガリの宝飾品はもっぱら美術品として眺めました〜♪
イブニングドレスを着る機会の多い人たちには、ため息の出るような素晴らしいものばかりで、西洋文化のエネルギーも感じました。
いつもは閉鎖されている庭園の解放日なので、秋の日差しのなかお散歩も楽しみました〜☆
komichi
2015/11/08 10:13
ずいぶん前、エリザベステーラーの全盛期の映画「クレオパトラ」見ましたが、テーラーの美しさに負けないくらい装身具も豪華で美しいですね。ツタンカーメン展での見た遺物を思い出しました。
おっちょこタカナ
URL
2015/11/08 14:06
おっちょこタカナさん、こんばんは!
エリザベス・テーラーはブルガリが特に好きで、プライベートでも映画「クレオパトラ」でもたくさんの装身具を身につけていますね〜☆
ツタンカーメン展の展示物からの影響もデザインに反映されているかもしれませんね〜☆
komichi
2015/11/08 21:48
アートオブブルガリの緻密で豪華な美しさ。まさに最高峰の職人技と素材が合わさってできた芸術ですね。
「富士山」ブローチ にもうびっくりです。
東京国立博物館内庭園の一般解放、いつか行こう行こうと思っていながら、まだ行けていません。
ミクミティ
2015/11/08 21:53
ミクミティさん、こんばんは!
ブルガリの宝飾品のクオリティーの高さに感動しました!ここまで凄い宝飾品に出逢うと、中途半端な宝石が欲しいとは思わなくなって、かえっていいかもしれません〜(笑)。
いまちょうど庭園解放が行われています。モミジの見ごろはもう少し後のようでした〜☆
komichi
2015/11/08 22:43
こんにちは!
ブルガリですか!
全く縁のない宝飾ですが、美しさも品の良さも超、高級感ですね。
Komichiさんのおっしゃるように、中途半端な宝石はねぇ。
等と言ってますが、私、ステンレスのネックレスをつけるような服装しか持っていません!(笑)
木の葉
2015/11/11 16:16
木の葉さん、こんばんは!
宝石の重さで首がくたびれそうなほどの重量感も凄くて…
圧倒されたブルガリです〜。
彫りの深い顔立ちの方に似合いそうな宝飾品が多く、あっさり顔の日本人にはブローチや帯留めにしたら似合いそうでした。
私は時々つける、シャネルのネックレスやチョーカーで充分です〜(笑)。
komichi
2015/11/11 22:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■アート オブ ブルガリ■130年にわたるイタリアの美の至宝 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる