芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■シトウレイ・ファッションフォト エキシビション■表参道ヒルズ

<<   作成日時 : 2016/01/31 23:08   >>

トラックバック 0 / コメント 10



いつも眺めているSTYLE from TOKYOサイト
そのストリートファッションフォトグラファー
シトウレイさんの表参道エリアで撮影した
ファッションピープルたちの写真展が
開催されている表参道ヒルズへ。

シトウレイさんの写真とともにその人との関係や
感覚を的確にとらえた文章もステキ。

ファッションが好きでたまらない人に・・・

title-b_02-1_R1

■シトウレイ・ファッションフォト エキシビション■

〜表参道と私。今までの10 年とこれからの10 年〜

2016 年1月13 日(水)〜2月29日(月)☆一部3月中旬まで

表参道ヒルズ館内各所

日本を代表するストリートスタイルフォトグラファー、シトウレイの、国内初となる大規模写真展を開催します。
本企画にあわせて撮り下ろしをした表参道に縁のある各界で活躍中の著名人17名の作品と、これまでにシトウレイが撮影したアーカイブ作品を合わせて、合計約150点の作品を展示。
表参道エリアで撮影したファッションフォトとテキストからは、そのときそこにいた人々のリアルな姿を感じとることができます。表参道の変わるものと変わらないものを、ストリートから感じてきたシトウレイだからこそ紡げるファッションのストーリーをお楽しみください。


シトウレイ15


シトウレイ9



シトウレイ10



DSCF8431-hills-other_R


シトウレイ16



シトウレイ12



シトウレイ11



シトウレイ7



シトウレイ17



シトウレイ14




シトウレイ19



822_image2
★プロフィール
http://reishito.com/?p=1262 
シトウレイ / STYLE from TOKYO photographer
日本を代表するストリートスタイルフォトグラファー。ファッションウェブマガジン「STYLE from TOKYO(reishito.com)」を軸に雑誌、新聞など、幅広いメディアで活躍し、世界各地でスナップ写真を撮り続けている。ファッションに対する幅広い知見から企業のアドバイザー、ファッションセミナーなど幅広いジャンルで活躍している。



今回の会場となっている表参道ヒルズから・・・

表参道ヒルズ1


表参道ヒルズ2






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
昨日は晴れ今日はもう曇りで・・春先だから安定しない?。
なぜか昔を思わす写真(^^)。
フアッション生涯私には無縁(笑)スーツと作業着だけの世界で
過したからかな(笑)。
あいべん
2016/02/01 05:39
おはようございます!
こちらはまた雨模様です。。。

ファションも色々!
ファツション誌とは違う感じが面白い。その時の場所とも良い感じに。
個人それぞれが楽しむ拘りが好きです。みな同じようなは、どうなんだろう?と思う。肩パットの入った時代の髪型も化粧もみな同じようで。
と言うと自分たちが若い頃、6,70年代も変だったのでしょう(笑)
ただ思うのはお洒落な街での写真など多分一枚もないような?そこが残念〜(笑)
木の葉
2016/02/01 08:21
あいべんさん、こんばんは!
いま、ファッションピープルの間では60年代のファッションがヴィンテージとして好まれています〜♪
こちらも今朝は氷雨が降り始めましたが、すぐに止んでいます。
明日からお天気も回復しそうな気配です〜☆
komichi
2016/02/01 22:33
木の葉さん、こんばんは!
こちらも今朝は氷雨でしたが、その後すぐに止んで雪にはなりませんでした〜。
原宿から表参道のストリートは昔からファッションが好きな人たちが集まってくる場所で、私もいつもその界隈で仕事をしていました。
シトウレイさんは、ご自身もファッションを心から愛して、その人らしい強烈な個性を持つファッションピープルを被写体に日々写真を撮っている方です。
今、60〜70年代のファションが注目を浴びていて、ヴィンテージファッションとして売られています。その人だからできるファッションを楽しみたいなぁ〜と思っています〜☆
komichi
2016/02/01 22:42
ストリートファッションってホントに自由なんだとつくづく思います。
この頃 規制の中で目一杯遊ぶという方が自由を感じられると考えてるのですが、日本人がホントに落ち着くファッションってなんなんでしょう?
写真から見るに 自由な装いでありながら、根底にしっかり "ココまで"ッと云う決め事をそれぞれが持っているも感じました。
案外心配することないのかもです。
おーちゃん
2016/02/02 22:16
おーちゃんさん、こんばんは!
東京のストリートファッションはヨーロッパのデザイナーも見学に来るほどユニークなファッションが多くなっています。ぎりぎり危ういところ寸前のバランス感覚のいい人のファッションは見ていても楽しいです〜♪
仕事でもファッションでもある程度の規制の中で工夫をして遊ぶことも醍醐味ですね〜☆
komichi
2016/02/03 22:32
うーん、さすがkomichiさんですね。
多少でもファツションに関わったのに、ストリートファションにはさほど理解も関心もなく。
雑誌の現地取材のストリートファション(とは言わないかな?)を感心持ってみるくらいです。
「ある程度の規制の中で工夫をして遊ぶことも醍醐味」
そうだと思っていたのにそうじゃなくなってるような気がします。
確かに確かに、工夫して遊ぶ、ですね。
うらら
2016/02/04 12:10
うららさん、こんばんは!
今はストリートファションが元気で、プロのデザイナーがそこからヒントをもらってそこからヒントをもらってデザインすることも多いようです〜。
原宿はとくにユニークでいつ行っても新しい発見があります〜♪
以前はかっこいい若い子を見かけると「ステキ」と声をかけることもありました〜(笑)。ファッションに人生をかけている若い人を見ていると思わずエールを送りたくなります〜☆
komichi
2016/02/05 00:45
さすが表参道。なるほどカメラを
向けたくなるような方が多く、
ファッションが街並みと調和してる気がします。
我が街で、このような方たちと出会う事は、
滅多にないような気がします。
コスプレの人は偶に見かけますが…。
yasuhiko
2016/02/06 15:26
yasuhikoさん、こんばんは!
かつて、表参道の角にレオンというカフェがあって、そこから通る人たちのファッションを眺めたり仕事の打ち合わせをしていました。
その頃から表参道はファッション関係の人も多く華やかでした。
今もシトウレイさんのようにファッション好きなフォトグラファーが撮るストリートファッションは生き生きとしていて、共感を感じます!
komichi
2016/02/06 23:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
■シトウレイ・ファッションフォト エキシビション■表参道ヒルズ 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる